Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

シミの元メラニンをできないようにする美白成分 アルブチン

美白・シミ

これから太陽の紫外線が気になる季節となります。

もう若くないので、「できるだけシミは増やしたくない。」し、「出来ているシミは薄くしていきたい。」とほとんどの方が思っているはずです。

もちろん私も同じことを思っています。

それならば、紫外線からお肌を守る紫外線対策が必要です。

日焼け止めをぬったり、日傘を使ったりしますが、紫外線対策のスキンケアは、どんな美容成分が入っている製品を選べばいいのかご存知でしょうか?

 

”アルブチン”という美容成分は、紫外線を浴びてもシミの元のメラニンをできないようにしてくれます。

今日は”アルブチン”のお話をします。

 

スポンサーリンク

アルブチンって?

アルブチン

1994年当時ハイドロキノンの使用が認められていなかったため、ハイドロキノンとブドウ糖を結びつけてできた物質です。ハイドロキノンが厚生労働省に認可されたのは2001年です。

化学的な構造はハイドロキノンにかなり似ています。

アルブチンは、αアルブチン(合成アルブチン)とβアルブチン(天然アルブチン)にわけられます。

βアルブチン(天然アルブチン)は1989年に厚生労働省が美白成分として承認し、コケモモや梨、ウワウルシなどの植物に含まれている天然型フェノール性配糖体です。

αアルブチン(合成アルブチン)は、1994年に江崎グリコによって開発された厚生労働省認可成分です。

 

 

 

アルブチンの美白作用

シミやそばかすの原因となるメラニン色素は、紫外線を浴びることによって起こります。

メラニンを含む細胞は通常、ターンオーバーにより剥がれ落ちます。しかし、年齢を重ねると肌のターンオーバーの周期が長くなり、剥がれ落ちずそのままシミとなってしまいます。

メラノサイトの働き

紫外線を浴びると、

肌は①のように基底細胞のメラノサイト細胞が刺激を受けチロシナーゼ活性酸素を生み出します。

すると、②のようにチロシンが細胞内に入りメラニン色素を作り出します。このメラニン色素が肌を黒くすることで、紫外線から肌を守ろうとします。

ターンオーバーが正常な肌は③のようにメラニン色素を含んだ細胞が皮膚から剥がれ落ちるのですが、ターンオーバーが正常でない肌は、メラニン色素を含んだ細胞が、剥がれ落ちずに肌の奥で蓄積されてしまいます。

 

メラニン色素を合成する成分はチロシナーゼという酵素です。

アルブチンの美白作用は、シミやくすみのもとになるメラニンが活性化する際に起こる酵素チロシナーゼを抑えるというものです。

 

アルブチンの種類

  • α-アルブチン
  • β-アルブチン

の2種類があります。

αアルブチンは、βアルブチンよりも後に、江崎グリコとスイスの企業が共同開発しました。一般に使用されているのはβ-アルブチンである。

α-アルブチン

江崎グリコが開発している独自開発の配糖化酵素により、ハイドロキノンにブドウ糖をα結合で転移させたアルブチンのことです。

αアルブチンは、水やアルコールによく溶ける性質が強く、肌への親和性も高いのが特徴です。最近の研究では、αアルブチンはβアルブチンの約10倍の美白効果があるということが分かりました。

最新の美白化粧品には、特に効果と安全性が高いといわれるα-アルブチンが利用されている事が多いです。

βアルブチン

ウワウルシ・コケモモ・ナシなどの葉に含まれている天然の抽出物でハイドロキノン配合体です。αアルブチンは肌の刺激が強いですが、βアルブチンは肌に優しいといわれています。

 

アルブチン入りの化粧品を購入する場合は成分表を見て、β-アルブチン(表示名:β-アルブチン又はアルブチン)か、α-アルブチン(表示名:α-アルブチン)を見て購入するようにしましょう。

また、ターンオーバーを促す製品と一緒に使うとより効果を実感出来ます。

アルブチン配合のスキンケア

富士フィルム アスタリフト

ジェリー アクアリスタ

ジェリー アクアリスタ

 

  • 極小20ナノメートル、「ヒト型ナノセラミド」を高浸透・高濃度配合。
  • ダブルの赤いチカラ アスタキサンチン×ナノリコピン
  • ぷるんと弾む、赤いジェリー
  • 洗顔後、真っ先にセラミドを届ける先行美容液

富士フィルム アスタリフトジェリーにはトライアルセットがあります。

アスタリフト トライアルセット

 

  • 1,000円(送料無料)
  • 10日間分
  • ジェリー アクアリスタ ミニボトル 5g×1個
  • ジェリー アクアリスタ パウチ 0.5g×10包

ジェリーアクアリスタ10日間分お試しはこちら

アスタリフトホワイト 

富士フイルム独自の技術で美白有効成分をナノ化してスキンケアに配合。シミの原因であるメラニンの骨にきちんと届き、シミを分解していく。カプテシンVがシミの骨を分解。

 

アスタリフトホワイト

 

ホワイトローション(美白化粧水)医薬部外品

ホワイトローション(美白化粧水)

150㎖ 4,104円 レフィル150㎖ 3,672円

美白成分:アルブチン

潤い成分:ナノAMA:アスタキサンチン:3種のコラーゲン:海藻エキス

エッセンス インフィルト(美白美容液) 医薬部外品

エッセンス インフィルト(美白美容液)

30㎖ 7,560円 レフィル 30㎖ 7,020円

美白成分:ビタミンC誘導体

潤い成分:ナノAMA:アスタキサンチン:ナノオリザノール:3種のコラーゲン:酵母エキス:マロニエエキス

クリーム(美白クリーム)医薬部外品

クリーム(美白クリーム)

30g 5,400円 レフィル 30g 4,968円

美白成分:アルブチン

潤い成分:ナノAMA:アスタキサンチン:3種のコラーゲン:アンズ果汁

 

アスタリフトホワイトにはトライアルセットがあります。

アスタリフトホワイトトライアルセット

美白成分としてビタミンC誘導体とアルブチンを配合。シミの骨にアプローチして、牛乳までも透明にしてしまいます。

  • 先行美容液 0.5g✕10包
  • 美白化粧水 20㎖
  • 美白美容液 5㎖
  • 美白クリーム5g

 

アスタリフトホワイト 美白トライアルキット

 

アンプルール ラグジュアリーホワイト

美白成分として定評のあるハイドロキノン誘導体配合の、数少ない美白化粧品。安定型ハイドロキノンで、他の美白成分の約100倍の美白効果。

アンプルール ラグジュアリーホワイト

 

ラグジュアリーホワイトローションAO Ⅱ(化粧水)

ラグジュアリーホワイトローションAO Ⅱ120㎖ 5,400円(税込み)

美白成分:安定型ハイドロキノン

ラグジュアリーホワイト エマルジョンジェルEX(美容乳液ゲル)

ラグジュアリーホワイト エマルジョンジェルEX120g  8,964円(税込み) 50g  4,644円(税込み)

美白成分:アルブチン
保湿成分:セサリフト:リッチモイストヴェール:セラミドカプセル型ヒアルロン酸:シアバター:スクワラン

ラグジュアリーホワイト コンセントレートHQ110 夜専用集中美容液

ラグジュアリーホワイト コンセントレートHQ110 11g  10,800円(税込み)

美白成分:安定型ハイドロキノン

薬用アクティブフォーミュラ 薬用美白美容液 医薬部外品

薬用アクティブフォーミュラ 薬用美白美容液40㎖ 8,640円(税込み)

美白成分:アルブチン
保湿成分:水溶性・油溶性2種のビタミンC誘導体:クレアチニン:カムカムエキス

アンプルールにはトライアルセットがあります。

アンプルール トライアルセット

 

  • 高濃度スポット美容液 3g
  • 高浸透ホワイトローション20㎖
  • 薬用美白美容液 8㎖
  • 美容液ゲル 10g

肌のバリア機能を高める、α-リポ酸&クインテシンで、メラニンの生成を予防。
お顔全体の美白と、気になるシミをピンポイントでケアするスポットケア「点と面の美白」が実現。

上記の製品がすべて入ったトライアルセットが1,890円

 

まとめ

紫外線対策には、体の中から行うものと体の外から行うものがあります。

体の中から行う紫外線対策として、食べ物などでビタミンCを取ることです。

もちろん食物から摂るのが大変だと思う方はサプリメントを利用してもいいでしょう。

今年から飲む日焼け止めが国産のものが販売されています。

今までは海外のもので不安を感じていた方も、国産の日焼け止めということで安心して利用できるのではないでしょうか?

飲む日焼け止めについては、

飲む日焼け止めって本当に効果があるの?副作用は?
5月に入ると紫外線の量も大量になり、外に出るときは日焼け止めが手放せなくなります。 ジェルタイプのものなど肌に負担がかからないものなどが増えてきましたが、日焼け止めで大変なのは、 数時間ごとに塗り直しをしないといけないこと。 ...

を参考にしてください。

 

体の外から行う紫外線対策が、今日お話しした”アルブチン”など厚生労働省が認めている美白成分が配合されているスキンケアを使うことです。

また、日傘や帽子・ショールなどで紫外線を遮ることは効果がありますので、外出するときは忘れないようにしましょう。