乾燥肌にいい化粧品って、どんな基準で選べばいいの?

木枯らしが強く吹いてとっても寒い日が続いています。

冬になるとただでさえお肌が乾燥するのに、このような木枯らしが吹く時は特に乾燥に気をつけないといけません。

カサカサだけでなく、乾燥が進むとゴワゴワした肌になり、ついにはピリピリという状態になりかねません。

すぐにでも保湿が必要です。

でも、いつもと同じお手入れをしているのに、カサカサ、ゴワゴワになるのはどうしてなのでしょうか?

スポンサーリンク

乾燥肌って?

地面の乾燥
地面の乾燥

乾燥肌というのは、お肌の潤いの元である水分と脂分の元である皮脂が少なくなっている肌のことを言います。

リンゴをしばらく置いておくと萎びてきますよね?あれはリンゴの水分がすくなくなってしまったからです。お肌も同じように、水分や皮脂が少なくなると、お肌の張りがなくなったり、艶が失われ、しわが目立って来るようになります。

このようなとき、私たちはカサカサを感じます。

カサカサの状態をほおっておくと、このことが原因でいろいろな肌トラブルが起こります。

また、カサカサから、ゴワゴワというように肌が固くなってしまい、美容成分が肌に浸透しにくくなるというようになります。

皮脂の分泌が少なくなっているので、皮脂膜がうまくできずにその部分から刺激物が侵入したりすることもあります。これが乾燥肌が原因で敏感肌になっていく状態です。

ちょっとした乾燥でもしっかりとしたお手入れをして、一年中みずみずしい美しい肌を保っておきたいですね。

スポンサーリンク

何歳くらいから乾燥対策をすればいいですか?

乾燥肌イラスト
乾燥肌イラスト

私の友達には20代のころからアイクリームを使っていた人もいました。

それぞれのお肌の状態は違いますが、速い人で30代後半から、40代ともなるとほとんどの人が乾燥を感じているようです。

事実肌の潤いと皮脂量がどんどん減少するのが30代後半から40代です。

20代のようなみずみずしい肌を保つには、不足してきた肌の水分と皮脂を補っていく必要があります。

乾燥肌におすすめの美容成分

下の画像は、私たちの肌の断面図です。

健康な肌の角質層には、約20%~30% の水分が含まれます。この水分が20%以下になると 乾燥肌と言います。

冬場で湿度50%以下の乾燥した日には、急激に肌の水分が蒸発してしまいます。

肌断面図 細胞間脂質
肌断面図 細胞間脂質

肌の乾燥を防ぐには水分を与えてやるといいのですが、ただ水分を与えただけでは肌の水分を保つ力は向上しません。

水分を保つ力が下の図の細胞間脂質です。

上の図の丸で囲っている部分を拡大したものが下の画像です。

細胞間脂質 拡大
細胞間脂質 拡大

角質層の中の角質一つ一つをつないでいるのが細胞間脂質です。この細胞間脂質の中に含まれている保湿成分を補ってやることが肌の保水能力を高めることになるのです。

代表的な保水能力が高い保湿成分を紹介します。

セラミド

細胞間脂質の約40%を占めるセラミドは体内の水分を抱え込み、さらに体内の水分を蒸発させない役割があり、もともと私たちの肌にもある保湿成分です。

セラミドにもいろいろな種類がありますが、購入する場合などは、成分が表示されている部分(スキンケアなら箱)にセラミド1.2.3.6と数字が書いているものを選びましょう。

これは「ヒト型セラミド」と言われるものです。

下の画像は、ヒフミドのローションの成分表示です。赤で囲っている部分にセラミド1.2.3と表示してあります。

また、ピリピリ感のテストも実施済みです。敏感肌の人も安心してつかえますね。

ヒフミドローション成分表示
ヒフミドローション成分表示

年齢を重ねてくるとお肌の乾燥に悩む女性はあなたの周りにも何人かいらっしゃると思います。 お肌の乾燥は、私たちの肌の天然保湿成分であるセラミド.....

スフィンゴ脂質

セラミドは細胞間脂質の約40%を占めるとお話ししましたが、スフィンゴ脂質はセラミド以外の角質細胞間脂質のことを言います。

セラミドに近い成分ですが、保湿力はセラミド程ありません。

このほかにも、

  • リン脂質(レシチン等)
  • ステアリン酸コレステロール
  • アミノ酸(グリシン・アルギニン等)
  • ヒアルロン酸
  • コラーゲン   などがあります。

乾燥肌の負担となる成分が少ないもの

乾燥肌が進んでいる方は敏感肌になっていることが多いようです。そうなると使い慣れている化粧水などでも、刺激を感じることがあります。

肌の負担となる成分は、「アルコール」「合成香料」などがあります。自分に合うかどうかをサンプルやトライアルセットで試してから購入することをおすすめします。

先ほどのヒフミドはスティンギングテスト済ということですが、敏感肌の方がスキンケアを選ぶ一つの目安にできるかと思います

必ず、自分の肌に合うかどうかをサンプルやトライアルセットなどで試してくださいね。スティンギングテスト済と言ってもすべての肌の方に合うかどうかはわかりませんから。

乾燥肌にいい化粧品を選ぶ3つの基準

今回紹介するスキンケアは、

  1. セラミドなどの保湿成分が配合されているか?
  2. 年齢肌対策のスキンケアか?
  3. 乾燥が進んだ肌でも使えるか?

という3つの基準をもとに選んでみました。

ディセンシア アヤナス

ディセンシア アヤナス
ディセンシア アヤナス

ポーラ・オルビスグループが敏感肌でエイジングケアができるスキンケアを開発し、爆発的な人気のスキンケアです。

昨年リニューアルされ、より保湿力が高まっています。

製品すべてにセラミドナノスフィア(細胞間脂質保湿)が配合されています。

約10日分のトライアルセット

ディセンシア アヤナストライアルセット
ディセンシア アヤナストライアルセット

セット内容は、以下の3点セット(約10日分)です。1,480円(税込み)

  • アヤナス ローション コンセントレート   20㎖
  • アヤナス エッセンス コンセントレート   10㎖
  • アヤナス クリーム コンセントレート      9g
  • アヤナス アイクリーム コンセントレート 0.6g (約1~2回分)

アイクリームパウチに入っていてプレゼントです。

乾燥肌で敏感肌にの方に大人気のアヤナス。 今まで敏感肌の人たちは、エイジングケアに取り組んでも肌がピリピリしたりかゆみが出たりなどの、肌トラ.....

アスタリフト 

アスタリフト
アスタリフト

アスタリフトの特徴はなんといってもフィルムの製造技術からの応用です。

フィルムのベースとなる乳剤はゼラチン(コラーゲン)で出来ていて、その中に発色するための感光剤(銀塩)をどのように配合するか、いかに綺麗に発色させるか、劣化を防ぐか、などをそれこそナノレベルで研究開発していたからこその技術が日本初の「ナノ化」です。

アスタリフトの中心になる美容成分が「アスタキサンチン」で、海老やカニなどの甲羅、鯛の皮などに含まれる赤い色素で、高い抗酸化作用を持ち、紫外線や脂質過酸化反応から守る働きをしいています

約5日分のトライアルセット

アスタリフトトライアルセット
アスタリフトトライアルセット

トライアルセット内容は、4点セットで約5日分です。なんと驚きの1,000円(税別)

  • ☆ジェリー アクアリスタ0.5g×10包  
  • モイストローション18㎖
  • エッセンス デスティニー5㎖
  • クリーム5g

☆には、セラミド1、セラミド3、セラミド6II配合

真っ赤の化粧品が発売された時の衝撃は強烈なものでした。ナノ化というと今では当たり前ですが、当時は肌に美容成分を浸透させる画期的な技術でした。ナノ化の技術を開発したのが富士フィルムです。

その後ヒト型ナノセラミドを開発。

高い技術の力をあなたの肌で実感してください。

乾燥肌を改善する正しいスキンケア

いくら細胞間脂質の保湿成分を高めるスキンケアを使っていても正しいスキンケアをしていなければ、いつまでたっても乾燥肌は改善しません。

正しいスキンケアの方法をお話しします。

洗顔

洗顔している女性
洗顔している女性

乾燥肌の多くの方は、洗顔で皮脂を取りすぎの方が多いようです。特に、メイクを落とすためにオイルクレンジングを使っている人は、クレンジングを乳液タイプのクレンジングに変えてみましょう

洗顔料は皮脂を取り過ぎないものを選び、こすらない洗顔を心がけましょう。また寒いからといってお湯での洗顔はお肌の油分まで洗い流してしまいますし、入浴中にシャワーで洗い流すことは、水圧がお肌に負担をかけますからやめましょう。

年齢肌で乾燥肌の方も多いと思います。乾燥肌の方たちは、洗顔の時に注意が必要です。と言うのも、肌が乾燥する主な原因が洗顔にあります。洗顔のやり方1つで、健康な肌へとなることは可能なのです。乾燥肌の方に使ってみてほしい洗顔石鹸のご紹介もします。乾燥肌ってどんな肌?

化粧水

化粧水をコットンに含ませている
化粧水をコットンに含ませている

肌の保湿には化粧水ですが、化粧水のつけ方にも問題があります。

コットンに含ませお肌にパッティングする人がいますが、これはオススメできません。強いパッティングは、コットンの繊維でお肌を傷つけます。その傷んだ部分から刺激物が入り込み肌トラブルの原因となります。

化粧水の正しい付け方は、まず手のひらで化粧水を温めます。それを両手にとり、お顔を包むように優しくなじませます。保湿が足りないと感じる方は、同じ動作を2~3回繰り返しましょう。

十分に化粧水が行き渡ったお肌は、手のひらに頬がくっついてきます。

また、シートマスクを使う場合は、長時間肌の上に乗せないようにしましょう。長時間使うことで肌に浸透した化粧水の美容成分が、今度はシートマスクのほうに吸い取られるようになってしまい、帰ってお肌の乾燥を招きますのでおすすめしません。

その後のスキンケアは、美容液→乳液→クリームとなりますが、一つ一つのスキンケアの成分が肌に浸透したのを確かめてから次のスキンケア製品を使うようにしましょう。

オーガニック化粧品と聞くだけで、安心安全と思うのは間違いです。このことは今までに何回も申し上げてきています。 日本にもオーガニック先進国の欧.....

まとめ

冬場はお肌の乾燥が特に気になりますが、老化原因の一つです。少しの乾燥でもきちんとしたお手入れが必要になります。

特に50代を過ぎているなら、乾燥対策とエイジング対策は必須です。

細胞間脂質の保水力を上げる成分が配合されているスキンケア製品を選ぶようにしましょう。

スキンケアだけでなく食生活や睡眠などの生活習慣を見直すことも乾燥を防ぐための大切なポイントです。

細胞間脂質の保水能力を高める【アヤナストライアルセット】

関連コンテンツ



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

この記事をお届けした
肌年齢を若返らせる年齢肌対策ガイドの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!