活性酸素とフラーレンの関係 究極の老化対策

フラーレン アンチエイジング化粧品

最近はTVでも活性酸素の事が話題になっていますが、酸化(老化)を止めるのに効果的なのが活性酸素を除去する事です。

いつもお話していますが、活性酸素は呼吸するだけでも体の中に生まれています。

体は酸化(老化)していってるのです。抗酸化作用がある食品や抗酸化効果のある成分を配合した化粧品などを使用することで酸化(老化)を予防することが可能になるのです。

 

スポンサーリンク

活性酸素が増える原因

  • ストレス
  • 紫外線
  • 喫煙
  • 飲酒
  • 食品添加物
  • 大気汚染
  • 激しい運動

この原因の中でも紫外線は、お肌の大敵で、しわやしみ・たるみの原因になっています。

紫外線は老化の原因だけでなく活性酸素も生み出しているのです。

活性酸素は、すごく不安定な状況で、すぐに反応してしまいます。反応する相手が細胞なら、細胞を攻撃してしまいます。活性酸素からの攻撃で細胞は酸化(老化)してしまします。

では、ターゲットを細胞以外の「なにか」に向けることは出来るのでしょうか?

「なにか」に向けることができたら細胞は傷つかないで済むのです。

それが以前このブログでもお話したことがある「フラーレン」です。

 

スポンサーリンク

フラーレンとは?

炭素原子60個が球状に配置されたサッカーボール状の球状物質です。

抗酸化力はビタミンCの172倍といわれ、ほとんどの活性酸素を無害化するということです。

紫外線で発生する活性酸素に適応することで、老化防止(エイジングケア)のスキンケアに

配合されて、人気を集めています。

他の抗酸化成分とどう違うの?

抗酸化成分は、ビタミンC・アスタキサンチンなどがありますが、フラーレンは持続性と安定性が他の抗酸化成分と比べて優れています。

他の抗酸化成分は、自分自身が身代わりとなって酸化されるのが、この「フラーレン」は

活性酸素を吸着して酸化を防ぐのです。

吸着する活性酸素の数も多く、肌の表面をきちんとお掃除してくれるのです。効果は11時間持続しますので、一日2回の使用で約一日をカバーできます。

フラーレン配合スキンケア 選ぶ時のポイント

フラーレンには、脂溶性フラーレンと水溶性フラーレンの2種類あります。

私達の肌は、水と油がうまく混ざり合っています。水と油どちらも活性酸素を発生させるので、スキンケアで選ぶ場合は2種類のフラーレンが配合されたものを選ぶと安心ですね。

 

rapture_20151120072849

 

フラーレンと相性が良いのが、ビタミンCです。

ご存知でしょうが、ビタミンCは、そのまま化粧品に配合されてもすぐ酸化されてしまうので、他の分子と結合させて、ビタミンC誘導体という形にして化粧品に配合します。

ビタミンC誘導体は、肌に触れると結合していた分子が離れてしまいます。

つまり、肌にふれるとビタミンCに変わってしまうのです。

さっきもお話したようにフラーレンは肌の上の活性酸素を吸着して無害化するので、残されたビタミンCは、酸化されずにお肌に吸収されていくのです。

単にビタミンC誘導体として配合されているよりもフラーレンと一緒に配合されている方がビタミンCの効果が発揮できるのです。

 

特に相性が良いのはAPPS

通常のビタミンCより100倍浸透すると言われる「APPS」。

ビタミンCの肌への効果は、シミの改善・美白効果・しわ・ニキビなどがありますので、

酸化させずに肌の奥まで浸透させたいものです。

 

フラーレン配合スキンケア

フラーレン配合のスキンケアは皮膚科や美容皮膚科で購入できます。

ネットでは、

BEAUTY MALL(ビューティー モール)

BEAUTY MALL(ビューティー モール)は、内容成分をより濃厚にするために広告費やパッケージにお金をかけていませんので、シークレットコスメとなったのです。

フラーレンを規定値以上の高濃度に配合したラインナップ はおすすめです。

 

 

fullacera(フラセラ)

フラセラは「美容皮膚科 わかばクリニック(六本木)」

院長 工藤さやかが100%開発したドクターズコスメです。

サイトを覗くと院長先生の肌の美しさにびっくりします。

 

フラセラにはトライアルセットもあります。

【送料無料】フラセラプレミアムトライアル 1,890円

 

ビューティワークス

 

rapture_20151120082903

 

 

 

 

 

 

スペシャル特濃5点セット・タイムレジェンド3点ミニ+特濃ピュアリス2品お試しセット

 

フラーレンに関する記事は

年齢肌にはフラーレンがいいですね。 も参考にしてください。

 

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました