肌の老化 何歳から始まるのでしょうか?

スポンサーリンク

若い頃は何も気にせずに毎日を過ごしていますが、年齢を重ねてつい肌の老化が気になってくると若いころを振り帰り、後悔ばかりしています。

例えば、化粧をしたまま寝たのがいけなかったのかしら?

友達とわいわい朝まで飲んでいた日など・・・。ほとんど眠らずに仕事に行ったりしていたころなど・・・。

やはり、気になりだすのが25歳を過ぎた頃からでしょうか?

それでもまだ、気にしてちょっとお手入れすると肌はうるうるピカピカになってくれたものです。

人間は生まれた瞬間から老化と戦っています。赤ちゃんはとてもきれいな柔らかい肌をしていますので、老化とは関係ないと見た目には見えますが、一日一日と老化しているのは事実です。

今日はお肌の老化についてお話しします。

スポンサーリンク

肌の老化って一体何歳から始まるのでしょうか?

では、年齢を重ねた肌で老化を気にする人はどのような対策をすればいいのでしょうか?

いまさらと思われるかもしれませんが、肌はお手入れすればそれだけ答えてくれるものです。

肌の老化とは?

言わずと知れたシミ・しわ・くすみ・たるみです。

肌老化の原因

  • コラーゲンの減少
  • 活性酸素の増加
  • ターンオーバーの乱れ

美しい肌を手に入れるには?

簡単にいえば、肌の老化の原因を取り除けばいいのです。

コラーゲンを増加させる。

それではと言ってコラーゲンドリンクを飲んでもすぐにはコラーゲンは増加しません。

体内に入ってたコラーゲンはそのまま吸収されずに「アミノ酸」に分解されます。その後、あなたの身体の一番必要な場所へといきます。

それが骨の部分だとすると、そこに一番に供給されて、皮膚の部分へ吸収されるのは後回しになるのです。アミノ酸には、500種類ほどあります。このうち、 私たちの生命を維持するために必要な栄養素であるたんぱく質を構成しているのは、わずか20種類です。

私達が摂取したたんぱく質は20種類のアミノ酸に分解されます。その後体内で再び、たんぱく質が合成されるのです。体を構成しているたんぱく質は、日々、合成と分解を繰り返しています。

このため、毎日アミノ酸の摂取が必要となります。

体内に充分な「アミノ酸」があるとコラーゲンの生成が早い段階で行われますが、もし、あなたの体内に「アミノ酸」が不足しているとコラーゲンドリンクをいくら摂取したとしても体内のたんぱく質を作るために使われるのです。

では、一体どうすればいいのでしょうか?

コラーゲンを作る線維芽細胞を活性化させる成分を化粧品から補うことをおすすめします。

年齢を重ねると顔のたるみが気になってしまいます。 今までにいろいろな顔のたるみを取る方法を紹介して来ました。 もともと、顔のたるみやしわ.....

コラーゲンを増やすのに有効な成分

  • ビタミンC誘導体・・・皮膚に吸収されやすく、化粧水や美容液に配合されている。
  • ナイアシン・・・ビタミンB3 ともいう。水溶性ビタミンのビタミンB複合体の一つ。
  • レチノール・・・ビタミンAの一種で角質層を剥離させ皮膚の基底層に働きかけてコラーゲンの増殖をはかる作用がある。

活性酸素を抑制するには?

紫外線対策が重要です。若い頃は日に焼けた小麦色の肌がピチピチした肌に映えますが、若い時だけのことです。

きちんと日焼け後の肌のお手入れをしておかないと大変なことになります。それは、日焼けをしたらすぐ冷やすことです。

肌が落ち着いてから美白ケアをしましょう。

何よりもまずは日に焼けないように注意することが大事です。こまめに日焼けどめを塗りなおしましょう。紫外線は活性酸素を増加させますので、くれぐれも注意が必要です。

 

ターンオーバーの乱れを早くするには?

ピーリングを行うことです。

ピーリングは、肌表面に残ってしまっている古い角質を剥がすことで、加齢によって遅くなっていくターンオーバーを早める効果があります。古い角質を人工的に剥がしてしまうことで、新しい細胞ができる準備が整い、コラーゲンも作られやすくなります

年齢を重ねた方はピーリングは肌に刺激を与えるからダメだと思っている方も多いようですが、古い角質がそのまま残っているとくすみの原因となります。ターンオーバーもそのせいで遅れることがありますので、ピーリングには積極的に取り組むことをおすすめします。

年齢肌の方は肌への負担が少ない洗い流すタイプのピーリング材を選ぶといいでしょう。

年齢を重ねた肌は、当たり前のようにシミやくすみがあります。 若いころは日に焼けてもすぐに元通りになっていたのがいつの間にか、顔のあちらこち.....

ピーリングはちょっと待って欲しい人。

・乾燥肌、敏感肌の人
・日焼けをして赤くなっている人
・生理前、生理中、妊娠中、出産直後
・かぶれやかゆみ、ニキビなど、炎症系の肌トラブルがある人

上記以外にも

  • 紫外線
  • ストレス
  • スキンケア不足、間違ったスキンケア
  • 睡眠不足
  • 血行不良

なども影響を与えますので、心穏やかに、小さなことにくよくよせずにおいしいものを調度良く食べ、よく眠り、言いたいことは言ってストレスをためにように心がけましょう。

あまり言い過ぎるといけないこともありますので、ほどほどに・・・。

 

まとめ

女性は子育てが終わったと思ったら、今度は親の介護の問題が出て来ます。

少しでも気分のゆとりが出たときに自分をしっかり見直しましょう。

お肌の老化に関してのお手入れ方法など、美容成分なども、より老化の肌に対して効果が発揮できる美容成分を選ぶようにしましょう。

年齢を重ねると、悩みの種類も増えて来ます。 同窓会があるという連絡が来ると、少しでも見た目年齢を若く見えるように慌てていませんか? 同窓.....

スポンサーリンク
レク大
レク大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Facebook いいね!
この記事をお届けした
肌年齢を若返らせる年齢肌対策ガイドの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
関連コンテンツ



スポンサーリンク
レク大
error: Content is protected !!