実年齢より老けて見えるのですが・・・。

アンチエイジング対策

誰もが平等に年齢は重ねていくのですが、見て目がとっても若く見える人と老けて見える人がいます。

女性なら誰でも若く見えたいと思っているはずですが、思い通りにならないのがたくさんあります。

今日は、老けて見られる原因をお話しします。

スポンサーリンク

老けて見られるのにはが原因があります。

7つの原因をお話します。

1.肌がたるんでいる。

シミやシワよりもこのたるみのほうがより老けて見られます。

さっと出来るたるみ対策は、口の角

口の角を上げるトレーニングをしましょう。

口元にしっかり美容液などを塗りましょう。

いつも明るく笑っているとベストですね。

2.肌の艶・くすみ

原因は乾燥と紫外線です。

乾燥にはしっかり化粧水で水分を与えます。

 

洗顔後すぐ化粧水を与えます。

ハンドプレスして肌に充分浸透させるようにしましょう。

スプレーに小分けして、一日何回も肌に吹きかける人がいますが、化粧水を吹きかけたままでは、水分が蒸発してかえって乾燥してしまいます。

オーガニック化粧水で年齢肌に合う成分で安全なものを教えて!!
オーガニック化粧品と聞くだけで、安心安全と思うのは間違いです。このことは今までに何回も申し上げてきています。日本にもオーガニック先進国の欧州の認証マークが相次いで取り入れられていますが、オーガニック=安心・安全ではありません。

朝晩のお手入れを大事にしましょう。

 

紫外線対策は冬でも日焼けどめを塗ることを忘れないようにしましょう。。

 

 

3.ファンデーションの厚塗り

艶のない肌を隠そうとかシミやシワを隠そうと思うとついついファンデーション厚塗りになります。

余計に老けて見えます。

ファンデーションよりも下地にこだわりを持ってくださいね。

50歳代、ファンデーション探しに苦労してます。美肌に見せるファンデーションの選び方
50歳代の肌の悩みを美しく若々しく見せるにはファンデーションの選び方が大きなポイント。ベースメイクやファンデーションの選び方のコツをお話しします。50歳代の肌に厚塗りにならず、薄く付きシミやくすみまで隠すファンデーションを紹介します。

4.唇に色がない、薄すぎる。

唇の血行が悪い人が老けて見られます。100均でもリップパックがありますが、はちみつを唇に塗ってラップで覆ってください。

コレで何回か続けると潤いが出てきます。

口紅をぬるときは、横に塗らずに縦に塗っていきます。

縦皺の中に口紅を入れてあげないと、シワの上に口紅が浮いて余計に老けた印象を与えてしまいます。

老けて見える口元のたるみ対策。
口元にたるみがあると、年齢が5歳以上は老けて見られます。顔のたるみがない人に、口元のたるみは見られませんが、顔のたるみがある人には口元のたるみも現れています。口元のたるみには顔のたるみを解消しましょう。リンパの流れをよくして老廃物を流して顔のたるみを解消しましょう。

5.頬がこけている。

年齢を取って頬がこけると貧相な感じを与えます。

頬のコケは老化現象です。ダイエットで無理をしない。ストレスを溜めない。

睡眠時間を十分取る。などを試してみましょう。

 

 

6.髪に潤いはありますか?

もしかしたらダメージヘアーじゃありませんか?

年齢がいくとそれだけで老けて見られますが、髪の毛先がパサパサだったら?

実年齢より老けて見られることは間違いありません。

以前美容師さんから椿油でパックしてみてと言われたのですが、

・お風呂に入る前に髪の毛と頭皮に椿油をたっぷりつけてマッサージ

・タオルで髪を包んで湯船に浸かります。

・きちんと流していつもの様にシャンプー・トリートメント

・タオルドライのあと毛先に椿油を塗って乾かします。

 

コレでつやつやヘアーを取り戻しましょう。

髪の紫外線対策していますか?気が付いたときは遅すぎるかも・・・。
強烈な紫外線で髪の毛は悲鳴をあげています。お肌に関しては冬でも紫外線対策をしている人は増えていますが、髪の毛に対してはどうでしょうか?強烈な紫外線を浴びても直ぐに髪の毛に影響がでないために、紫外線対策は何もしていない人がほとんどです。すぐにできる髪の紫外線対策をお話しします。
 

 

まとめ

老けて見える原因を取り除き、肌に潤いを持たせ、髪の毛も艶が出るようにお手入れしましょう。

すぐには効果は出ませんが、続けていくうちにきっと若々しく見えるようになります。

頑張りましょう。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました