オーガニック化粧水で年齢肌に合う成分で安全なものを教えて!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
スポンサーリンク
オーガニック

オーガニック化粧品と聞くだけで、安心安全と思うのは間違いです。このことは今までに何回も申し上げてきています。

日本にもオーガニック先進国の欧州の認証マークが相次いで取り入れられていますが、オーガニック=安心・安全ではありません。

食品の生産地偽装の問題や、廃棄食品を激安価格で販売していたなど、私たちでは全く知るすべがないこともたくさんあります。

しかし、スキンケアは、たくさん配合されている順に成分表に記載されていますので、ある程度は自分で成分名が分かりようになっておきたいですね。

日本にはオーガニックコスメの基準がない

これからお話しすることをしっかり聞いておいてくださいね。

信じられない実態が明らかになります。

1種類でもオーガニック成分が入れば「オーガニックコスメ」!!

日本では、化粧品に配合された数十種類もの成分のうち、1種類だけオーガニック成分を使っているだけで「オーガニックコスメ」と名乗れてしまうのです。

化学物質が大量に入っていても「オーガニックコスメ」

防腐剤にパラベンなど表示指定成分をどんなに使っていても、1種類の植物原料がオーガニックであれば、オーガニックコスメといっても嘘ではありません。

それだけに、実際のオーガニックレベルは、各社さまざまというのが実情です…。

という事は今までにお話ししてきたとおりです。

それならば本当のオーガニックを見分けるには?

  1. 買うときには、全成分のチェックを行う!!
  2. 信頼のおけるメーカーの製品を買う。
  3. オーガニック認証をしっかり取得しているものを選ぶ。

「エコサート」「BDIH」「コスメBIO」「ネイトゥルー」などです。

しかしオーガニック認証を取得しているものとなると海外のオーガニックコスメばっかりになってしまいます。海外の製品だと輸入品になるのでお値段が高く継続して使い続けることが難しいという問題も出てくると思います。

国産の信頼できるオーガニックコスメ

国産オーガニックコスメ 琉白(RUHAKU) 

rapture_20161105195749
rapture_20161105195749

【エコサート】取得ブランド

琉白は、太陽の恵みをいっぱいに浴び有機農法で育った沖縄の天然素材(月桃やシークワーサー)からうまれた国産オーガニックコスメ|無添加化粧品です。

HANAオーガニック

rapture_20160620101552
rapture_20160620101552

「本当の私はきっともっと美しい。」
というコンセプトのもと、最高峰とよばれるブルガリア産のダマスクローズを使用

オラクル化粧品

rapture_20160620103703
rapture_20160620103703

平子理沙さんなど芸能人にも愛用者が多く、また北海道に自社農場を持つほどのこだわりをもつオラクル化粧品石油由来成分や合成界面活性剤を使用せず、植物の力を引き出して作られています。

オラクルのトライアルセットが期間限定で¥1000になっていたので、早速注文しました。 オラクル化粧品は口コミの評判もすごく良く、その上.....

アルファピニ28

rapture_20161105195412
rapture_20161105195412

オーガニック・スキンケア【素肌レシピ】

rapture_20160620112258
rapture_20160620112258

食品由来原料でつくられた本格オーガニック・スキンケア。みずみずしいハリ感、イキイキした肌へ。

おススメポイントは、これほど成分にこだわっているのにとってもリーズナブルな価格という点です。

オーガニック・スキンケア【素肌レシピ】

antianti organics (アンティアンティ オーガニック)

アメリカのオーガニック認証【USDA】取得 

「食品基準」のオーガニック認証取得

USDA認定のオーガニックコスメ 「心とカラダに美味しい”フレッシュオーガニック”」
ハンドメイドでつくりたての新鮮な化粧品をお届けします。

この成分は注意が必要

合成防腐剤

パラペン・フェノキシエタノール・EDTA(エデト酸)・パラオキシ安息香酸Na等の表記がされていま

す。

合成界面活性剤

乳化剤としてクリームや乳液などに幅広く使用されています。

POERPOEPLASAESASの5つには注意が必要です。

ステアリン酸~、ラウリル~、PEG~等の表記がされています。

石油系の合成界面活性剤は、肌に残留しやすく、肌のバリアを壊して薄くさせ、肌荒れや乾燥を引き起こします。

鉱物油、合成の油

ミネラルオイル、パラフィン、ベンジンアルコール等の表記がされています。

石油から作られた油は、皮膚呼吸を止める働きがあり、肌のくすみ、トラブルを引き起こす原因になります。

ミネラルオイルと聞くとまったく自然のオイルでは?と勘違いするかもしれません。

ミネラルオイル=流動パラフィンのことで、流動パラフィンは石油原油を蒸留し、固形パラフィンを除去して精製したものです。

合成色素

メイクアップ用のコスメに使われています。

「赤色~号」「青色~号」「黄色~号」の表記がされているのは合成のタール色素です。
タール色素の中には、発ガン性や奇形を引き起こす疑いのものがあります。

特に唇に使用する場合は注意したほうが良いでしょう。

年齢肌の方が使う化粧水には上に書いたような、合成防腐剤・合成界面活性剤・鉱物油、合成の油・合成色素などの成分が入っていない製品を選ぶのがいいでしょう。

スポンサーリンク

まとめ

オーガニック化粧品は植物などを原料としていますので、食部のの香りなどがそのまま生かされています。ダマスクスローズなどが有名ですね。

香りに癒されながら美しい肌になるようにお手入れを続けましょう。

オーガニック化粧品については以下のページでもお話しています。

近所のスーパーでも農家と契約して直接野菜がとどけられているようですが、私も実家から野菜は送ってもらっています。 味が全く違います。 .....
今使っている化粧品に満足していますか? 使い慣れているから、そのまま継続して使っているというかたも少なくないのではないかと思います。 .....

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Facebook いいね!
この記事をお届けした
肌年齢を若返らせる年齢肌対策ガイドの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
関連コンテンツ



error: Content is protected !!