20代30代の女性のプチ更年期障害ってどんな症状ですか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
スポンサーリンク

更年期というのはほぼ40代後半から50代の女性に現れる閉経前後の5年から10年間のことを言います。

ところが、今は20代から30代の女性にも同じような症状があらわれているということです。

若い女性に現れるこのような症状をプチ更年期と呼んでいます。

医学的にいうと、更年期障害とは、卵巣の機能が働くなくなって起こる障害のことを言います。どんな障害が出ても、卵巣が働いているときは更年期障害ではありません。

更年期障害っていったいなんなの?

310579
310579

更年期障害の原因は、女性ホルモンの一つエストロゲンが減少し、ホルモンバランスが乱れることが原因とされています

女性の体には、2つの女性ホルモン「卵胞ホルモン(エストロゲン)」と「黄体ホルモン(プロゲステロン)」があります。

エストロゲンとプロゲステロンは脳からの指令で分泌する時期と量が決まっています。この指令を出しているのが脳下垂体や視床下部と呼ばれる脳の中の一部です。

閉経が近くなると女性ホルモン(エストロゲン)の分泌が減ってしまいます。

ところが脳はエストロゲンの分泌を促そうと、指令を出します。ところがエストロゲンは減少しているので、分泌を増やすことができません。

すると脳がまた指令を出します。

脳からの指令のホルモンのバランスが崩れることで、自律神経のバランスも一緒に崩れてしまいます

この時に起こる症状が更年期障害といわれています。

 

プチ更年期が起こるわけ

20代30代の女性といえば、出産にちょうどいい時期です。ということは卵巣の機能が安定しているということです。

それなのにどうして50代の女性が体験するような更年期の症状を経験するのでしょうか?

卵巣の機能は安定なのに更年期みたいな症状というのが、プチ更年期の状態です

それは、更年期障害っていったいなんなの?でもお話ししましたが、ホルモンをコントロールしている部分がうまく働いていないからです。

更年期は、加齢とともに少なくなってきた女性ホルモンを無理に分泌させようとして、体が混乱することが原因でした。

20代や30代でも、月経不順や更年期特有のホットフラッシュ(ほてりやのぼせ)に似た症状が起こることはあります。

しかし閉経前後でなければ、「月経不順の原因は卵巣の老化ではなく過労やストレス」「ホットフラッシュと思っていたけれど、自律神経の乱れや冷えのぼせ」など、別の理由があると考えられます。

更年期でなくても、ダイエットやストレス、過労、不規則な生活、煙草などによって生理不順となり、ホルモンのバランスが壊れてしまいます。

自律神経のバランスが崩れると、卵胞刺激ホルモンの分泌が低下して、エストロゲンが減少するので更年期障害の時と同じような状態となります

更年期障害のような不快な症状が現れるのが、月経予定日の10日~1週間前なら、PMS(月経前症候群)の疑いがあります。

月経前にさまざまな心身の不調が現れ、月経が始まるとすっかりおさまってしまうのが特徴です。

PMS(月経前症候群)については、下記の記事も参考にしてください。

プレフェミンはPMSの初めての薬です。というのぼりを見つけたのですが、 PMSって一体何のこと? わからなかったので、調べてみました。 .....

プチ更年期の症状って、どんな症状が出るの?

更年期の生理不順と20代30代の生理不順でも全然違います。

詳しく見ていきましょう。

生理不順

更年期の原因は、加齢による卵巣機能の低下です。

卵巣ホルモンの分泌量が減少し、無排卵性月経や月経不順になり、やがて閉経に至ります。

したがって、更年期症状に似た不調があったとしても、20~30代の女性の場合は、その原因は別のところにあると考えるのが自然です。

生理不順以外にも、

イライラ、情緒不安定、めまい、火照り、のぼせ、動悸息切れ、汗もかきやすい、不眠になるなどと言われています

これらを精神的なものと身体的なものに分けてみましょう。

精神的なもの

  • イライラ
  • 情緒不安定

身体的なもの

  • めまい
  • ほてり
  • のぼせ
  • 動悸・息切れ
  • 汗をかきやすい
  • 不眠

PMSの症状は、身体的なものと精神的なものに分けられます。

自分で感情をコントロールできないような精神状態になる人も少なくありませんが、そのような時はPMSを和らげる薬も販売されていますので、使ってみるのもいいかもしれません。

でも、本当にPMSかを見分けるセルフチェックの方法を紹介します。

本当にPMS?セルフチェックの方法

女性ならばほとんどの方が自分の生理周期をカレンダーなどにメモしていることと思います。

生理が始まった日と終わった日だけでなく、不調になった日にちやその症状を一緒に書きこんでおきましょう。

それと先程分類した精神的なものと身体的な症状も書きこんでおきましょう。

このようなメモを2~3ヶ月続けていると、自分自身のパターンが見えてきます。

不調が続くのが、生理前の数日に限られていたり高温期に集中していれば、PMSと考えて間違いないでしょう。

体の不調が生理周期と関係なく現れていたらPMSではないと判断してもよろしいでしょう。

花王ロリエのサイトから基礎体温表をダウンロードできます。

⇒ 基礎体温表ダウンロード

プチ更年期を疑う前に過労ではありませんか?

ホルモンの分泌をコントロールしているのは、自律神経を司る視床下部です。

強いストレスや疲労等を受けると卵巣ホルモンのバランスが乱れてしまいます。そのために生理不順が起こるのです。

リラックスしてストレスを溜めないでと言うのは簡単ですが、生活の中では難しいかもしれません。

何も考えずに音楽を聴くとか、ぬるめのお風呂にゆっくりつかるとか自分でリラックスできる方法を探すようにしましょう。

プチ更年期の改善に体を温めていますか?

ホットフラッシュやのぼせが起こると、暑いのでついつい冷したくなります。

冷えのぼせと言う事をご存知でしょうか?

これは顔が熱くなるのに手足が冷えていると言うのが特徴です。

血行が悪い人や冷え性の人などストレスや生活習慣が原因で自律神経のバランスが崩れている人に多いようです。

体温が高ければ、基礎代謝も上がり体のためにはいいことばかりだと言われています。

体の内部を温めるために漢方薬を利用するなどもひとつの方法です。

プチ更年期でどんな症状なの? まとめ

今まで経験したようなことが体に起こると、ついに病気と結びつけたくなります。

女性の場合は、ホルモンのバランスやストレスなどで自律神経がうまく働かないことがあります。

そのような時に自分は更年期が早く来たと思いがちですが、PMSの症状を疑ってください。

更年期障害は40代後半から50代に始まるものです。

20代30代ではそのような事はありませんので、PMS(月経前症候群)の症状と照らし合わせてみましょう。

そのためには、自分の生理周期や症状等をこまめにメモしておきましょう。

人に見られたら恥ずかしいと感じる人は、スマホのメモでもいいですね。

PMS(月経前症候群)を和らげるサプリメントもありますので、症状が重い人はサプリメントの力を借りてもいいでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Facebook いいね!
この記事をお届けした
肌年齢を若返らせる年齢肌対策ガイドの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
関連コンテンツ



error: Content is protected !!