20代30代の女性のプチ更年期障害ってどんな症状ですか?

更年期というのはほぼ40代後半から50代の女性に現れる閉経前後の5年から10年間のことを言います。

ところが、今は20代から30代の女性にも同じような症状があらわれているということです。

若い女性に現れるこのような症状をプチ更年期と呼んでいます。

医学的にいうと、更年期障害とは、卵巣の機能が働くなくなって起こる障害のことを言います。どんな障害が出ても、卵巣が働いているときは更年期障害ではありません。

スポンサーリンク

更年期障害っていったいなんなの?

310579
310579

更年期障害の原因は、女性ホルモンの一つエストロゲンが減少し、ホルモンバランスが乱れることが原因とされています

女性の体には、2つの女性ホルモン「卵胞ホルモン(エストロゲン)」と「黄体ホルモン(プロゲステロン)」があります。

エストロゲンとプロゲステロンは脳からの指令で分泌する時期と量が決まっています。この指令を出しているのが脳下垂体や視床下部と呼ばれる脳の中の一部です。

閉経が近くなると女性ホルモン(エストロゲン)の分泌が減ってしまいます。

ところが脳はエストロゲンの分泌を促そうと、指令を出します。ところがエストロゲンは減少しているので、分泌を増やすことができません。

すると脳がまた指令を出します。

脳からの指令のホルモンのバランスが崩れることで、自律神経のバランスも一緒に崩れてしまいます

この時に起こる症状が更年期障害といわれています。

スポンサーリンク
[ad#co-1]

プチ更年期が起こるわけ

20代30代の女性といえば、出産にちょうどいい時期です。ということは卵巣の機能が安定しているということです。

それなのにどうして50代の女性が体験するような更年期の症状を経験するのでしょうか?

卵巣の機能は安定なのに更年期みたいな症状というのが、プチ更年期の状態です

それは、更年期障害っていったいなんなの?でもお話ししましたが、ホルモンをコントロールしている部分がうまく働いていないからです。

更年期は、加齢とともに少なくなってきた女性ホルモンを無理に分泌させようとして、体が混乱することが原因でした。

更年期でなくても、ダイエットやストレス、過労、不規則な生活、煙草などによって生理不順となり、ホルモンのバランスが壊れてしまいます。

自律神経のバランスが崩れると、卵胞刺激ホルモンの分泌が低下して、エストロゲンが減少するので更年期障害の時と同じような状態となります

最近はコンビニでも医薬品を販売できるようになって、私たちは本当に助かっています。 ですから、コンビニには医薬品ののぼりやポスターなどが目につ.....

プチ更年期の症状って、どんな症状が出るの?

生理不順が続いていてそのほかにも、

  • イライラ
  • めまい
  • ほてり
  • のぼせ
  • 動悸・息切れ
  • 汗をかきやすい
  • 不眠
  • 情緒不安定

というような症状が続く場合は婦人科を受診することをお勧めします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

この記事をお届けした
肌年齢を若返らせる年齢肌対策ガイドの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
関連コンテンツ