プロフィール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

「肌年齢を若返らせる年齢肌対策ガイド」に訪問していただきまして、ありがとうございます。

このブログを始めたのは、ゆっくり鏡を見たときに自分のしわやたるみに驚いた事がきっかけです。

”できるだけお金をかけずに、若く見えるにはどうすればいいのか?”をコンセプトにしています。

だから、トライアルセットなど、とってもお得に購入できるものを実際私が使ってみて、これはいいなと思うのを紹介しています。

若く見えるには、時間がかかります。

時間をかけながら、一緒にきれいになっていきましょうね。

自己紹介

ニックネーム:みるくぽっと

年齢:60歳がそこまで来ています。

家族:子供2人と3人家族

略歴:28歳で喫茶店を始め、 15年間営業していました。

   その間に結婚、暴力で離婚。

   離婚後、子供2人を育てるために新聞販売店の事務と営業の仕事をかけもち

   現在は、実家の母(90歳)の様子を見に行く傍らブログを書いています。

【ニックネームの由来】

専門学校を卒業してOLをしてたのですが、このままでは歯車のひとつだと思い、思いきって退社しました。

その後車の免許を取得し、さぁこれから何をしようかと思ったら、何もできない自分に気がつきました。

いろいろ考えたあげく喫茶店を始めました。その喫茶店の名前がミルクポットでした。

15年間営業していました。ですからかわいい子供です。

今でも愛着がありますので、喫茶店の名前をそのまま私のニックネームとして使っています。

【子供のこと】

20代後半で結婚し、子供も2人生まれました。

結婚していた時は、主人からの精神的、肉体的暴力で、子供に愛情をかける余裕がありませんでした。

離婚後は、とにかく生活するのが精一杯でした。

次男が生まれ、成長するにつれなんとなく変な子だと感じるようになりました。

食べ物を机の中で腐らせる、嘘をつく、かたずけない、学校からの連絡事項も言わない子供でした。精神科を受診しても「お子さんは診れません。」と断られるばかりでした。

案の定学校に入学したら、いじめの洗礼を受けたようです。本人はこのころから自分の考えを言わない子供になりました。

児童相談所に連れて行って検査をしたら、いずれよくなりますといわれ、時間ばかりが過ぎました。

発達障害とわかったのは、次男が20歳を過ぎていました。

現在は障碍者として雇用してくださる所にご縁をいただき、次男も楽しく仕事に励んでいます。まだまだ自立には遠いのですが、少しは肩の荷が下ろせるかな?というところまでたどり着きました。

【自分のこと】

楽しい思いも、嫌な思い、悲しい思いや悔しい思いなどたくさんしながら、あっという間に50歳を過ぎて、60までもう少しです。

しみじみと鏡を見るといつの間にか シワやシミ・たるみが・・・。

このままではいけないと思い少しでも若く見えるためにいろいろな情報を集めて、

年齢肌で悩んでいる人たちのために発信します。

歳とともに、綺麗になって、いまが一番幸せと言えるようになりましょう!!

スポンサーリンク
レク大
レク大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ



NO IMAGE
この記事をお届けした
肌年齢を若返らせる年齢肌対策ガイドの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
error: Content is protected !!