メイクしているのにすっぴんおばさんに見えるのはどうしてですか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

メイクをしていても、すっぴんに見えることがあります。

肌が若々しく、美しい肌ならすっぴんに見えても一向にかまわないのですが、年齢を重ねた肌が、すっぴんに見えるということは、おばさんに見えるということです。

おばさんが化粧をしていないのは、全くの手抜きで余計に老けて見られることになります。

もともとメイクしていないのなら納得できます。しかし、きちんとメイクしているのにすっぴんに見えるのは一体どうしてでしょうか?

素肌っぽいメイクは、根強い人気です。

今日は、メイクをしているのにすっぴんに見える理由をお話しします。

スポンサーリンク

なぜすっぴんに見えるの?

ファンデーションを使っていますか?

BBクリームやCCクリームができ手から数年たちます。美の大国、韓国の女性が使っていたものですが、その手軽さと一つで複数の効果を持つために、日本でも爆発的なヒットとなりました。

年齢を重ねた肌は、部分的なくすみや、目の下のクマ、たるみの影など肌の上には、暗い色あいが沢山あります。

これらを隠すには、コントロールカラーやコンシーラーが必要です。

もしかしたら、あなたはコントロールカラーなどを使わずに、直接ファンデーションを肌につけていませんか?

ところが、このBBクリームやCCクリームは、肌がきれいな人はとってもきれいに仕上がります。

年齢を重ねて肌にいろいろな影やムラがある場合は、面倒でもコントロールカラーで色むらをなくすようにしましょう。

コントロールカラーを使うことでより美しい肌が出来上がります。

下地クリームを使っていますか?

年齢を重ねた肌は、色むらや影だけではなく、たるみ毛穴という問題も起こってきます。

開いた毛穴がたるんで涙型になってしまい、肌に凹凸ができてしまいます。

凹凸をなめらかにするのが下地クリームです。

もしかしたら、あなたは下地クリームなどを使わずに、直接ファンデーションを肌につけていませんか?

「私はBBクリームやCCクリームを使っています。」と言われるかもしれませんが、本当にベースメイクをきちんとする場合は、ファンデーションと下地クリームが別々になっているもののほうが、より効果的です。

すっぴんに見えないメイクは、

コントロールカラー(コンシーラー)+化粧下地クリーム+ファンデーションが一番お化粧しているように見えます。

スポンサーリンク

すっぴんに見えないメイク方法

眉毛はきちんとお手入れしていますか?

眉毛の毛が多い人も薄い人も眉毛の形は整えていますか?

眉毛の形を整えていないと手抜きしているとみられてしまいます。

眉毛が多いひところきちんと整えて美しい形にしましょう。眉毛が薄い人はパウダー状のアイブロウで優しくふんわり仕上がるようにしましょう。

マスカラをつけていますか?

若いころは、アイメイクは手を抜かなかったのですが、年齢を重ねるとファンデーションと口紅だけで終わらせている人があまりにも多いようです。

アイメイクをさぼるといかにも手を抜いているように見えます。

裏返すとアイメイクをしていればすっぴんには見えにくいということです。

ビューラーでまつげをカールさせてマスカラをつけるようにしましょう。まつげの本数が少ない人はビューラーでまつげが抜けることがあります。

まつげをカールさせるマスカラも販売されていますので、そのようなマスカラを使うようにしましょう。

50代に人気のマスカラ こうすれば若く見えるアイメイク
いつも不思議に思っていたのが、年齢を重ねると、アイメイクをしない人が増えてきますけど、どうしてなのでしょうか? ファンデーションを塗って、.....

卵殻膜マスカラでふっさふっさまつ毛に アルマード【チェルラー エレガントマスカラ】
まつ毛は長いほうが目がぱっちりして大きく見えます。 しかし、年齢を重ねるとまつエクはまつ毛だけが目立っていかにもという感じですし、つけまつ.....

頬紅は使っていますか?

アイメイクと同じで頬紅を使っていない方も多いようです。

年齢を重ねた肌はくすんで見えるので顔色を明るくするためにも頬紅は、使うほうが良いでしょう。

頬紅は、肌となじんでいないと、いかにもお化粧しましたという感じになりますので、地肌になじませるようにうっすらと仕上がるようにしましょう。

年齢肌を若々しく見せるチークの入れ方
年齢を重ねた肌はいつの間にかくすんでいます。 流行っているメイクをしても余計に老けて見えることがあるのは、肌のクスミも原因の一つとなってい.....

どんな口紅を使っていますか?

口紅はお化粧していると思わせるアイテムのひとつです。どうせ取れてしまうからと何にもしないのはNGです。

より自然にみられるように色味を抑えたメイクに口紅までつけないといよいよ、顔色が悪く不健康に見られてしまいます。

自分の肌に合う口紅なら自然としたメイク感を出すことができます。

合う口紅が分からないという方は、パーソナルカラー診断をしてみるのもいいですね。

まとめ

年齢を重ねた肌にはメイクは必須です。

若々しく見せるには、肌の艶やハリが大切です。肌を美しく見せるためにくすみやクマを隠す必要があります。

コントロールカラーや下地クリームでベースメイクをきちんと仕上げましょう。

メイクも手抜きすることなく自分に合う色味で口紅や頬紅をつけるようにしましょう。

また、マスカラやアイラインは忘れないようにつけましょう。目元の印象が全く違ってきます。このようにすればメイクしているのにすっぴんだといわれることはなくなるでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

おすすめ記事
メイクしているのにすっぴんおばさんに見えるのはどうしてですか?
この記事をお届けした
肌年齢を若返らせる年齢肌対策ガイドの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!