初秋の肌のお手入れ 基本

アンチエイジング化粧品
スポンサーリンク

初秋に感じる肌トラブル

今年の夏は台風の影響であっという間に涼しくなり、そのまま秋に突入してしまいました。

いつもの夏に比べると、過ごしやすかったのは事実です。

といっても、 気温が35度から36度あった時期には、紫外線をたっぷり浴びていることも事実です。

夏の終わりから秋の初めにかけて肌の調子が悪くなったと感じる方も多いと思います。

  • お肌がカサカサする。
  • お化粧のノリが悪い。
  • なんとなくかゆく感じる。
  • 小じわやくすみが増えてきた。
  • 吹き出物が出てきた。

初夏の頃は感じなかったことが、秋の初めになると感じるのは、

夏の間にお肌が受けているダメージが原因だと考えられます。

先ほども言いましたように、夏の間は

  1. 強い紫外線の影響
  2. エアコンによる冷えや乾燥の影響
  3. 暑すぎることによる、過剰な汗や皮脂の分泌の影響

などで、初夏の頃にはなかった肌トラブルが生まれてきます。

上の3つは、肌のターンオーバーのサイクルを遅くしてしまうので、夏の間に受けた肌への影響は秋になってお肌に現れてくるのです。

 

気候の変化で肌トラブルが生まれます。

夏と秋の気候の変化というとまず第一に考えられることが気温の低下です。

気温が下がることに伴い、汗や皮脂の分泌量が減りますし、空気も乾燥してきます。

肌は乾燥しやすい状態になり皮脂の分泌量が減っているので、肌のバリア機能が低下してきます。しかしながら、紫外線は相変わらず降り注いでいます。

このような状態になると、お肌にいろいろなトラブルが現れるようになります。

いろいろなトラブルを解消する方法をとって行かずに、このままの状態で冬を迎えてしまうと、より強い乾燥の時期を迎えてしまいます。

つまり、これ以上の肌トラブルになる可能性が出てくることです。今のうちから、夏の肌ダメージをきちんとお手入れするようにしましょう。

スポンサーリンク

まず基本は保湿です。

肌の基本は洗顔と保湿と言われます。

きちんと汚れを落とした肌の上に、保湿成分が強い化粧水をたっぷりと与えてあげ肌の保水能力を上げるようにしましょう。セラミドが配合されている化粧品を選ぶようにしましょう。

保水能力が上がってくるとじっとりと潤った肌になり、きめが細かく見た目が美しくなります。

肌のバリア機能もしっかりと働き、外からの刺激をシャットアウトしてくれます。

“セラミド”をお肌に直接補充?![ヒフミド]の実力をチェック!  

初秋のお手入れのポイント

先ほども申しましたように、気温が低くなり乾燥が気になる時期になります。

日頃のお手入れでは、洗顔→化粧水の後には、足りなくなった油分も補うようにしましょう。

洗顔で肌表面の汚れを落とす。

肌表面の汚れをきちんと落とすようにします。

肌表面の汚れや古い角質も落としてしまい、肌のターンオーバーを正常なサイクルに戻します。

古い角質が肌の上に残っていると、肌はゴワゴワした状態になり、くすみが感じられるようになります。
この時に洗浄成分の強いクレンジングや洗顔を使うと、肌に大切な皮脂まで取ってしまいますので、クレンジングや洗顔を選ぶときには注意が必要です。

洗顔だけで落としきれない汚れに関しては、古い角質を取り除いてくれるピーリングがお勧めです。

水分補給

化粧水でしっかりと水分補給をします。

この時、化粧水を手のひらで温めて、ハンドプレスをするのがポイントです。

肌に水分が足りないと感じた時は、何回か繰り返しましょう。

繰り返しているうちに、頬の肌が手のひらに吸い付くようになります。

このような状態になったら、肌は水分で満たされているというサインです。

今までに何回もお話ししていますが、保湿を考えるならセラミド配合の化粧水を選んで下さい。

天然型セラミド2だから浸透力が違う!

皮脂膜の油分を補う

たっぷりの水分を肌に与えても、その後に蓋をしてあげないと水分は肌から蒸発してしまいます。そこで、乳液やクリームなどの油分で化粧水が蒸発しないように上からベールを作ります。

健康な肌の持ち主でしたら、皮脂は自然と分泌しすぐに元の状態になりますが、夏のダメージを受けている肌は、天然のバリアを作る機能も衰えているのです。

潤が足りないと感じた時は。

普段使っている乳液やクリームでは肌の潤いを保てないと感じた時は、ワセリンを塗ってみてください。ワセリンにも種類があり、私は白色ワセリンをおすすめします。

白色ワセリンは手足のひび・あかぎれ、皮膚の荒れなどに効果がある医薬品です。

価格もすごくお手頃ですので、オススメの1つです。

 

それともう一つお勧めなのは、美容液を2回塗ることです。

夏の間は皮脂の分布も盛んになりますので、美容液を使っている方は見ないのではないかと思います。しかし秋口からは美容液もお手入れのステップの1つに組み込んでいきましょう。

お手持ちの美容液でいいので、

化粧水→美容液→美容液→乳液→クリームと言うように美容液をいちど肌にしっかりなじませます。時間を5分ほど置いてその後また美容液を重ねて塗ります。

この時も、手のひらを温めて美容液をしっかりお肌に吸収させるようにしましょう。

この一手間で翌日の肌の感触が全然違ってきます。

まとめ

夏の肌トラブルは早めにお手入れをする。

保湿を第一に考えること。

油分が足りないときは、外から補ってあげるようにする。

 

皮膚に存在するものと同じ構造の“天然型セラミド2”を配合

 

 

 

 

 

error: Content is protected !!