なぜ、年齢肌の洗顔は42度がいいのか、知ってますか?

私は今までずっと、洗顔はぬるま湯で!!

宗教のようにとなえていました。

だって、「お湯で洗顔するとしわくちゃになるよ!」といわれていましたから・・・。

以前使っていたアシュランも、手洗い会というものがあって、そこで洗顔の方法を教えてもらいました。

体温と同じくらいか、ちょっと低めのぬるま湯を使用して顔を洗うようにとしつこく言われました。

ところが、42度洗顔で、紫外線から肌を守りシミやしわを撃退するという事がわかったのです。

スポンサーリンク

今の私
そんなの嘘でしょう?もっとはやくいってよ~~!!
若いころの私
いまからでも遅くないでしょう!がんばるわよ!!
今の私
そうね。がっかりしてても同じだもんね。42度の洗顔がいい理由など、わかるようにするから。

スポンサーリンク

洗顔に42度って本当にいいの?

洗顔しているイラスト
洗顔しているイラスト

わたしの実家は、今でも畑で野菜などを作っています。

野菜の旬ともなれば毎日毎日同じ野菜ばかりで、もう食べたくないと感じることも多かったのです。

そのころから母に「萎びた野菜をパリッと元気にさせるにはお湯で洗うといい。」と教えられて来ました。

嘘かと思ったんですが、冷蔵庫にしまう前にお湯をくぐらせておくと本当に日持ちが違います。

野菜が高い時期などは今でも助かっています。

だから洗顔の温度が42度が最適と言われた時はなんとなく納得できました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

洗顔の温度が高いと肌のためにいいの?

私たちは体が疲れているときなど、熱いお風呂にいると調子が良くなるとか、ぐっすり眠れるなどという事を経験しています。

また、蒸しタオルを使うと化粧ノリが良くなったり、毛穴の汚れが取れたりという事も体験しています。

このように肌に与える軽い刺激(ストレス)が肌や体にとってもいい影響を及ぼすのです。

いい影響の原因は、ヒートショックプロテイン(HSP)というたんぱく質です。

HSPとは、細胞が熱などのストレスを受けると細胞内でつくられるタンパク質の一種。細胞をストレスに強くし、ダメージから守る働きがあるそうで、紫外線による皮膚のダメージやシミに働くことを発見しました。HSP70は、変性したたんぱく質を再生し、HSP47は、コラーゲンを正しい形に戻します。

HSPは、もともと私たちの体の中にあるたんぱく質で、刺激(ストレス)を受けると、体内で増加して、体を守るようになります。

という事は、刺激(ストレス)を与えるとHSPは活性化するという事になります。

入浴でも、「熱めのお風呂に5分ほど入っていれば、顔を含めて全身への効果が期待できる」と言われています。

日常生活でHSPを増やすには?

いつもかつも、42度のお湯で洗顔していたら、しわやシミがなくなるかというとそういうわけではありません。

ポイントは刺激(ストレス)を与えることなので、平常温+5度が適当な温度です。

洗顔が42度がいいならば、平常は37度で洗顔をしておくという事が必要となります。

この5度の温度変化が適当で、皮膚なら5分ほどでHSP増加の効果を期待できるのです。

まとめ

実験では、42度に5分浸した後にHSPは6時間後をピークに通常の1.5~5倍程度に増え、約24時間後に元に戻るという事です。

という事は、日常的に42度で洗顔していたら肌は慣れてしまいます。

平常は37度程度のぬるま湯で洗顔して、HSPを増加させるために週に1回から2回ほど刺激を与えるとされる+度の42度で洗顔すると効果的でしょう。

お湯が44度以上になると火傷の心配があります。

くれぐれも注意してくださいね。あくまでも、自己責任でお願いします。

野菜も50度で洗うとパリッとしますから、試してくださいね。

関連コンテンツ



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

この記事をお届けした
肌年齢を若返らせる年齢肌対策ガイドの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!