艶肌メイク法はファンデーションブラシがポイントです。

我が家の隣はスーパーです。お隣のスーパーに買い物に行ったときに雑誌に目が留まりました。

雑誌の表紙に書かれていた「スーパー消しゴムブラシ」というのが目に入りました。

もしかしてこれは、濱田マサル氏の、売り切れ続出のあの消しゴムブラシが付録で付いているの?としっかり目を凝らしてみるとその通りでした。

早速買ってしまいました。

だって、艶肌を作るにはファンデーションブラシを使うと、もっと艶肌になるって聞いていたからです。

スポンサーリンク

艶肌って、つやつやしているだけなの?

数年前までは、リップもみずみずしく、つやつやしているのが流行っていました。

ところが今は、あまりつやつやするのは老けて見えると引き算メイクのピカ子さんがいつもいっています。グロスは古いのです。

ではお肌はどうなんでしょうか?

つやつやお肌ではなく、自然な感じの艶のあるメイクが好まれています。

年齢肌に艶肌がいい理由

  • 肌の血色がよく見えるて、健康的に見える。
  • 若々しく見える。
  • 化粧している感が少なく、ナチュラルに見える。
  • 肌が元気な印象を与える。
  • 肌に透明感がでる。

と、これだけいいところがあります。

一歩、間違うと、脂ぎった、てかてかおばちゃんになってしまいますから気を付けましょう。

艶肌ファンデにぴったりのファンデーションは?

ポイントは2つ、

  1. リキッドファンデーション
  2. 伸びがいいもの

を選びましょう。

リキッドファンデーションは、ぴったりお肌について厚塗り感がありません。

また、美容液成分が配合されているのもありますので、うるおい感を長時間実感できます。

また、伸びがいいものを選びましょう。

伸びがいいファンデーションは薄くぴったり肌についてムラになりにくいのです。

年齢を重ねると、ファンデーションの厚塗りは余計に老けて見えます。

リキッドファンデーションで伸びがよく、薄付きのものを選ぶと、お肌に自然と艶が出て

生き生きと若々しく見えるようになります。

スポンサーリンク
[ad#co-1]

 

お勧めのリキッドファンデーション

私がお勧めするのは自分で使ってみて「これはいい!」と感じたリペアリキッドファンデーションと薬用クリアエステヴェールです。

リペアリキッドファンデーション

rapture_20151218105224
rapture_20151218105224

100%天然成分で、年齢肌にも負担をかけずに、薄く伸びて艶も出ます。微粒子のミネラル分が肌の凹凸にぴったりとなじんで、きれいにしかも薄くついて、自然な仕上がり。

植物由来の美容成分が配合されているので、使い続けることで素肌までもきれいになります。

また、強いクレンジングを使わなくても乳液タイプのクレンジングで落とせるので肌への負担が少ないく、びっくりするほどするっと落ちてしまいます。

私がリペアリキッドファンデーションを使った感想を

年齢を重ねると、シミ・くすみ・シワやたるみが悩みの種となってきます。 ファンデーションで見た目年齢が5歳も違うとなると、これは一大事です.....

に書いています。ファンデーション選びの参考にしてください。

マキアレイベル 薬用クリアエステヴェール

rapture_20160316181015
rapture_20160316181015

美容成分が62%配合されているので、ほんの少しの量で伸びがすごくいい。

ムラやよれになりにくく、シミやくすみが目立たない。

プラセンタ成分が配合されているので、美白効果も期待できる。

色が5色あるので自分にぴったりの色が選べる。

リペアリキッドファンデーションのほうが薄くつきますが、しっかりシミやくすみを隠したい人にはクリアエステベールがお勧めです。

クリアエステベールを実際試した感想を

薬用クリアエステヴェール ずっと気になっていたファンデーションです。 薬用エステベールを使った人が簡単に綺麗になっているのをTVコマーシャ.....

に書いていますので参考にしてください。

ファンデーションブラシを使ってもっと艶肌に

リキッドファンデーションを手やスポンジでつけていませんか?

より艶肌に仕上げるにはリキッドファンデーション用ブラシを使うといいんですって!!

ブラシを使うことで、お肌を磨いたような艶が生まれます。

ファンデーションブラシを使って試してみました。

雑誌”バイラ”の付録のファンデーションブラシを使ってみました。

ファンデーションブラシの使い方もバイラに載っていました。

IMG_0233
IMG_0233

手の甲で試してみました。

左手の甲には指でつけ、右の手の甲にはファンデーションブラシを使ってみました。

下の写真は指をつかってファンデーションを塗ったもの

下の写真は、ファンデーションブラシを使ったものです。

どうですか?

比べると右手のほうが艶があると思いませんか?

ベースも何もつけてなくて、そのままリキッドファンデーションを塗りました。

やはり、ファンデーションブラシを使ったほうが艶がでるようですね。

実は自分の顔もファンデーションブラシを使って塗ってみました。

小鼻の周りや毛穴もしっかり目立たなくなります。ブラシが全然チクチクしないので本当に使いやすかったです。

また、塗りムラやブラシの筋が入ることなどもなく、自分が想像していたよりもずっと、きれいに塗ることができました。

実は私、このブラシを見たときは、ちっちゃ!と思ったのです。

だって、

このくらいの大きさです。

私は今まで、大きなブラシしか使ったことがなかったので、こんなに小さいので本当にきれいにリキッドファンデーションが肌につくのかと信じられない気持ちでいたのです。

ところがいざ使ってみると、小さいから細かいところ、小鼻の周りや口の周り、目じりや瞼の上などにもきちんとファンデーションが塗れるのです。

さすが、プロの濱田マサルさんのプロデュースだけあると感心しました。

そのほかにも、エトヴォスのブラシも肌触りがすごく気持ちいいですよ。