Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

顔のハリがないのですが、取り戻せますか?

スポンサーリンク

年齢を重ねると、悩みの種類も増えて来ます。

同窓会があるという連絡が来ると、少しでも見た目年齢を若く見えるように慌てていませんか?

同窓会があるということで、ヒアルロンをしわの部分に打ちに行ったという話はよく聞く話です。これもしわを浅くするという見た目年齢にかかわってきますね?

このように見た目年齢を左右するのが、一番に目に入るお肌の張り・たるみ・しみ・シワ等です。

今日は一番目に入りやすく、見た目年齢を大きく左右するお肌の張りについてお話します。

スポンサーリンク

お顔のハリがなくなってきた?

お肌のハリや弾力がしっかりしていると、年齢を重ねても若々しいお肌を保つ事が出来ます。

rapture_20151120211826
rapture_20151120211826

ハリがある肌と言うのは、肌の表面の皮膚を支える真皮層のエラスチンやコラーゲンが上図のようにバランスよく張り巡らされているのです

ところが25歳をピークに、エラスチンやコラーゲンは年齢とともに徐々に減ってきます。

すると、下の図のように土台が不安定になってきますので、肌の表面の皮膚を支えきれなくなって皮膚がたるんでくるのです。

rapture_20151120213201
rapture_20151120213201

お顔の皮膚は図のように、表皮層・真皮層・皮下組織からできています。

お顔の皮膚を支えるのが筋肉ですが、これが皮膚全体を支えているのです。もちろん体の筋肉と同じで使わないと衰えていきます。

スポンサーリンク

エラスチンやコラーゲンを補うようにしましょう。

線維芽細胞に働きかける。

繊維芽細胞がエラスチンやコラーゲンを作り出しています。

繊維芽細胞の働きを手助けし、年齢とともに少なくなった、エラスチンやコラーゲンを補うようにビタミンAやプラセンタなどを美容成分が配合されたスキンケアを取り入れて、繊維芽細胞に働きかけるようにしましょう。

毎日エイジング化粧品を使っているのですが、本当にしわやたるみに効果があるのかしら? と疑問に思う事ってありませんか? 私は、しわは少ないの.....

美容成分が配合されたスキンケアを利用しても、お肌に浸透していないと思った時は家庭用美顔器を使うのも良い方法です

スキンケアのお手入れと美顔器でのお手入れを併用したらきっと効果は倍増するでしょう。 法令線や、顔のたるみ、フェイスラインをすっきりさせる美顔委などいろんな種類があります。 自分の悩みに合う美顔器でお顔をすっきりさせましょう。

水分が不足し肌が乾燥すると、コラーゲンやエラスチンは壊れてしまいます。

毎日の保湿ケアは怠らないようすればお肌の乾燥も少なくなります。

そしてもう一つ大事なのは紫外線対策です。

紫外線は肌の奥まで入り込んでしまいます。

そしてエラスチンやコラーゲンを破壊してしまいます。外出する時は日傘や帽子・手袋などを利用して紫外線がお肌に当たらないようにしましょう。

エラスチンやコラーゲンを配合しているスキンケア製品もたくさんありますので上手に利用して、外側からの肌の張りを戻すお手入れをするようにしましょう。

注:エラスチン・・・保湿成分

真皮層で、コラーゲン同士を結びつける役目をしています。瑞々しくハリのある肌は、エラスチンがあるからこそ。

逆に、エラスチンが不足すると、肌は弾力を失ってしまい、シワやたるみの原因となります。

スポンサーリンク
[ad#co-1]

お顔の筋肉を鍛えましょう。

お顔の筋肉と云っても一体どこにあるのかしら?と不思議に思いませんか?

お顔の筋肉は皮膚の下にあるのです。先ほどの図で言えば皮下組織にあたる部分です。

コラーゲンやエラスチンを補うだけでは充分と言えなかったのは、この皮下組織の筋肉の問題なのです。

この筋肉がお顔全体の皮膚をしっかりと支えなくてはならないのです。

皮膚の筋肉を鍛えるには、フェイシャルフィットネスや表情筋のエクササイズと言ったことが重要になってきます。

顔の筋肉を鍛えるとコラーゲンの生成を促すことができます。

お顔の筋肉は血液を送り出すポンプの役目もしていますので、線維芽細胞に十分な栄養や酸素を送ることができるのです。

つまりお顔の筋肉を強くするとコラーゲンが丈夫に育っていき、弾力のある肌を取り戻すことが出来るのです。

フェイシャルフィットネス パオ

食事にも気を使いましょう。

フェイシャルフットネスや表情筋のエクササイズだけでは十分なコラーゲンやエラスチンの補給はできません。

コラーゲンを補うのには、食事やサプリメントのを活用しましょう。

コラーゲンが沢山含まれている食物

豚足 ・鶏皮 ・手羽先・ 牛すじ・ エビ ・フカヒレ ・すっぽん・ うなぎ ・なまこ

この中でも、豚足・手羽先・牛すじにはエラスチンの成分が含まれています。

スポンサーリンク
[ad#co-1]

ビタミンCを忘れずに取りましょう。

ビタミンCは真皮層にあるコラーゲンの生成を手伝っています。

ビタミンCは、毎日摂取する必要があります。というのも、ビタミンCは余計に取りすぎたら尿として出てしまいます。

ビタミンCは、ご存知のようにシミやシワの改善、透明感があるハリのある肌にしてくれることが特徴です。

ビタミンCを配合したスキンケアなどを利用してお肌にビタミンCを与えるようにしましょう。

ビタミンCは、空気に触れると壊れやすくなります。壊れたビタミンCは、角質層を通過することが出来ないので、お肌に浸透させることが出来ないのです。

「ビタミンC誘導体」を含んだスキンケアなら、お肌に浸透する前に壊れることが有りません。お肌に浸透してから、少しずつビタミンCに変わっていくため、きちんとビタミンCを届けてくれます。

ビタミンCを配合されたスキンケアを使用するときは「ビタミンC誘導体」が配合されている製品を選ぶようにしましょう。

イソフラボンも忘れないでね。

soybeans-520824_640
soybeans-520824_640

イソフラボンは大豆などに含まれる抗酸化作用がある物質です。

ポリフェノールの成分の一種です。

女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをするので、更年期の女性ホルモンの問題やそのことで起きるさまざまな症状の緩和や予防に効果があります。

また、細胞の新陳代謝にも良い結果をもたらしてくれます。

コラーゲンやヒアルロン酸の生成を助けてくれますのでお肌のハリを高めてくれます。

食事でとれないなら、サプリメントで補ってはいかがですか?

私の実家は今でもお味噌は手作りしています。

小さい頃からずっと見て育ってきたのですが、秋になると大豆を蒸して臼で潰していたのを思い出します。

大豆でお醤油も作っているってご存知ですよね?

お醤油で有名なキッコーマンが真剣に考えたサプリメントがあります。

それは、大豆イソフラボン”アグリコン”とぶどう種子ポリフェノールなど女性のからだにうれしい4つの成分が含まれています。

それは、毎日の元気という面白い名前のサプリメントです。

やっぱり飲むと飲まないでは違いますよ。

スポンサーリンク
[ad#co-1]

エイジング美容液で張りを取り戻しましょう。

より張りの実感が欲しいのならエイジング美容液をおすすめします。

直接お肌に塗って効果を実感できます。

おすすめの美容液はリソウリペアジェルです。

rapture_20160613104539
rapture_20160613104539
  • ビタミンCを独自技術で安定して配合
  • 肌への浸透力が高い
  • 水を一滴も使用していない
  • 100%植物由来成分

年齢を重ねた肌は安心・安全の美容成分を選ばないと

取り返しがつかないようになってしまいます。

その点リペアジェルは医学専門誌にも掲載され、安心して使える美容液です。

わたしがリペアジェルを使った感想は

ファンデーションがお気に入りです。 リソウコーポレーションのリペアジェルは、ずっと気になっている美容液でした。 何故かと言うと、リソウのリ.....

に載せています。

実は、一年ぶりに会った人に、

若くなったね?化粧品変えたの?と聞かれたんですよ。

やった~~!!使い続けなくっちゃ!!

【リペアジェル】トラアルセットはこちら

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Facebook いいね!
この記事をお届けした
肌年齢を若返らせる年齢肌対策ガイドの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
関連コンテンツ