春の紫外線には注意が必要です。春の紫外線対策を忘れずに!!

年齢肌になると、紫外線対策を忘れてはなりません。

肌老化の大きな原因は紫外線だからです。

とは言っても、 3月の肌寒い時期では紫外線対策と言っても実際には紫外線が降り注いでいるのかも疑問に感じるからです。

だって、紫外線は目に見えないからです。

しかし、 肌寒い3月でも実際に紫外線は私たちの肌に影響を与えているのです。

スポンサーリンク

春先の紫外線量を知っていますか?

紫外線の強さに時間をかけたものが紫外線量になります。

弱い紫外線でも長い時間 浴びた場合の紫外線量は、強い紫外線を短時間浴びた場合と同じになることもありますので注意が必要です。

紫外線の量と言うのはあまりにも漠然としていますので、世界共通の指標としてUVインデックスが用いられています。

UVインデックスとは、紫外線が人体に及ぼす影響の度合いをわかりやすく示すために、紫外線の強さを指標化したものをUVインデックスといい、UVインデックスは世界共通の指標です。UVインデックス数値が3.0からは紫外線対策が必要だとなっています。

つくばと那覇のUVインデックスを載せておきます。

つくば

rapture_20160318061328
rapture_20160318061328

那覇

rapture_20160318061315
rapture_20160318061315

 

このように数値で示されると驚いてしまいますよね。

実際に、春先の紫外線の量は紫外線対策が必要な数値となっています。

この時期は、曇り空で日差しが差さない日でもUVインデックスは、3を超えている日がほとんどです。紫外線は私たちの肌に確実に降り注いでいるのです。

まだ肌寒い3月から紫外線対策が必要だということがお分かりいただけたと思います。

そして、肌老化の1番の原因は紫外線だということを忘れないでください。

UVインデックスや紫外線の量については、

まだ三寒四温という言葉がぴったりな不安定な気候の時、突然肌がかゆくなったりすることがありせんか? また、春は入学・卒業・就職など人生の新しい.....

を参考にしてください。

紫外線はしわやたるみの原因です。

紫外線は、シミだけでなくしわやたるみの原因となっています。

法令線ををしわと思っている人が多いのですが、実はたるみなのです。

紫外線の種類

紫外線は下の図で紫色の部分のことです。また、紫外線は目に見えません。

rapture_20160318081202
rapture_20160318081202

紫外線には、3種類あります。紫外線は、波長が短いものから、

  1. UV-C
  2. UV-B
  3. UV-A

と分類されます。

UV-C 

地球の周りのオゾン層でさえぎられて、地上まで届かなかったのですが、近年のオゾン層破壊によってその危険性が心配されています。

UV-B

UVBはエネルギーが強く、肌表面の細胞を傷つけたり、赤いひりひりとした炎症を引き起こします。

肌が赤くなって水ぶくれをおこす、「日焼け」の原因がこのUV-B波です。日焼けによるシミ・そばかすを引き起こします。皮膚ガンやシミの原因になります。

UV-A

波長が長い紫外線A波(UV-A)は、肌の奥深くまで到達し、真皮層のコラーゲンヤエラスチンを破壊して、ハリの低下やしわを引き起こし,じわじわと肌に様々な影響を及ぼします。

例えば、コラーゲンを変性させ、これがしわなどの原因になっていくなど、長い時間をかけ、気付かない間に肌に悪影響を及ぼしていたのです。

しかも紫外線A波(UVーA)は、常時紫外線B波(UV-B)の20倍以上も地上に降り注いでいます。雲や窓ガラスを通り抜けやすいという性質を持っているので、曇りの日も日当たりの良い家の中でも対策が必要です。

怖いのが日常的に知らず知らずの間に受ける紫外線です。 紫外線対策をしているのに肌が黒く感じることなどがありませんか?

きちんと対策をしておかないと、 5年後10年後には取り返しのつかないことになります。

rapture_20160318081600
rapture_20160318081600

 

 

春の紫外線対策

efc1be03d14c72336a6b4e7da742f978_s
efc1be03d14c72336a6b4e7da742f978_s

日焼け止めをきちんと塗ることが一番簡単な紫外線対策です。

日焼け止めを選ぶ時は、「SPF」と「PA」の表示を確認します。

SPFは、紫外線B波(UV-B)による赤くなる日焼けの防止効果を数値で示していて、数字が高くなるほど効果も高くなります。現在の最高値は50+です。

PAは、紫外線A波(UV-A)の防御の効果を表す数値です。2013年より4段階の表示になりました。現在の最高値は++++です。

SPFとPAの詳しい説明は、

年齢を重ねてきたら、紫外線対策をしっかりしておかないとシミやくすみの原因と聞いて日焼け止めは必ず塗るようにしています。 ところが、「夏が終わ.....

を参考にしてください。

おすすめの日焼け止め

日常生活であれば、日焼け止めはSPF値30くらいで、 PAは、+ + +で充分でしょう。

私がお勧めする日焼け止めは、化粧下地と一緒になっている日焼け止めをおすすめします。

理由は、ノーメイクの日でも下地クリームは塗るからです。

しかし、日焼け止めを塗るのは紫外線が降り注いできていると意識する4月か5月からではないでしょうか?汗ばむ時期になってきたら日焼け止めを使う人が多いようです。

しかし、汗ばむ時期からの紫外線対策では遅すぎるのです。

ですから、 1年中使う下地クリームに日焼け止め成分が配合されているものをおすすめします。

富士フイルムUVクリアソリューション

rapture_20160318102735
rapture_20160318102735

UVクリア美容液 兼 化粧下地 30g \4,212(税込み)

紫外線カット成分D-UVガード配合。

「いつの間にか日焼け」(慢性的な日焼け)を防ぎながら、美容成分が日中の肌をケアします。すーっとのびて、さらっと軽やかなつけ心地。しっとりうるおった、透明感と輝きのある肌に整えます。

好評なのがキャップの先についている紫外線センサーです。

rapture_20160318110226
rapture_20160318110226

紫外線を感知するとキャップの先が紫色にかわります。

紫外線は私たちの目に見えないものですから、こんな紫外線センサーがあると、部屋の中にまで紫外線A波(UV-A)が入り込んでいるということが視覚的にわかり、「日焼け止め塗らなくっちゃ!」と思いますからすごくいいですね。

このように、紫外線に効果的であっても、肌に合うか合わないか言うのが1番大きな問題です。

そのためにはトライアル用やサンプルがあったら嬉しいのですが、残念なことに、 UVクリアソリューションのトライアル用というのがありません。

しかし、アスタリフトホワイトの美白トライアルセットに付いているのです。

rapture_20160318111045
rapture_20160318111045

紫外線対策は、日焼け止めだけで終わるものではありません。

日頃のスキンケアも、美白成分が入っているスキンケアを使うことをおすすめします。

アスタリフトホワイトトライアルセット

アスアタリフトホワイトの有効な美白成分は、アルブチンとビタミンC誘導体です。

アルブチン

アルブチンはハイドロキノンとブドウ糖が結合してできた物質で、刺激もなく安定した成分であることから多くの化粧品に配合されるようになりました。

ビタミンC誘導体

ビタミンCと言えばレモンと連想する人も多いでしょう。このビタミンCは美白などにの効果に優れた成分なのですが、壊れやすく不安定なため化粧品に配合しても効果が発揮されにくいと言う点がありました。

ビタミンC誘導体は、ビタミンCを人工的に改良して安定化させたものです。

富士フイルムのアスタリストホワイトがオススメな理由

富士フイルムの独自技術であるナノテクノロジーで、シミやくすみに効果的な有効成分をきちんと狙ったシミのある場所に届けます。

またローション、美白美容液、美白クリームは医薬部外品となっています。

日中は、目に見えない紫外線対策として、富士フイルムの独自の技術により開発した「D-UVガード」が配合された化粧下地でお肌を守り

また、夜はゆっくりと肌を休めるリラックスタイムとして、ナノテクノロジーが最大限発揮され、シミの下まで有効成分を届けるアスタリフトホワイトで春からの紫外線対策をしてみませんか?

秋の終わりには、お肌が違ってきます。

アスタリフトホワイトトライアルセット