ハーブガーデン シャンプー&コンディショナー使ってみて驚きました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

年齢を重ねると気になるのがしわ、シミ、たるみです。

その中でもおでこのしわはとっても目立ちます。

おでこのしわの原因は頭皮のたるみだということはこのブログでも何回かお話ししています。

頭皮のたるみの解消には、頭皮マッサージなどが効果的だということもお話ししています。

年齢を重ねると肌に関する悩みだけでなく、髪に関する悩みも増えてきます。

白髪、艶がない、コシがない、髪の毛が細くなってきたなど、髪の悩みの代表的なものです。

また、毎日シャンプーしているのに”頭皮のにおいが気になる”という悩みも増えています。

40代50代は加齢臭を気にしないといけない年代です。女性でも加齢臭が漂います。

今日は年齢を重ねた髪の悩みや加齢臭を解消するシャンプー&コンディショナーの話をします。

簡単にシャンプーの種類を紹介します。

スポンサーリンク

シャンプーの種類

  1. アミノ酸系
  2. 石けん系
  3. 石油系

とあります。

石油系シャンプーの特徴

石油系界面活性剤を主な洗浄成分としたシャンプーです。市販されているシャンプーの大部分は石油系シャンプーです。

安価で泡立ちはいいのですが、刺激や洗浄力が強いために頭皮の乾燥を招き、頭皮が乾燥を防ぐために皮脂を過剰に分泌するようになります。

過剰に分泌される皮脂を落とすために強い洗浄力のあるシャンプーを使うようになり、頭皮はどんどん乾燥してしまいます。

まるでお肌の乾燥肌に陥るスンパイラルに入り込んでいるようです。

このまま同じような石油系シャンプーを使い続けると、皮脂の分泌が過剰になり、皮脂が雑菌の分解されてとても嫌なにおいを発することになります。

主な洗浄成分

ラウリル硫酸Na・ラウレス硫酸Na・ラウレス硫酸TEA

洗浄力や刺激が強いために、肌が強い方や地肌がオイリーな方におすすめのシャンプーです。

石鹸系シャンプーの特徴

やし油などから抽出した洗浄成分を主原料としたシャンプーです。

刺激が少なく洗浄力がありますが、石鹸の主成分がアルカリ性なので髪のキューティクルが損なわれたり、洗い上がりにきしみを感じることもあります。

主な洗浄成分

カリせっけん素地

洗浄力が高く刺激が少ないために、しっかり洗いたい方に向いているシャンプーです。

アミノ酸系シャンプーの特徴

石鹸シャンプーの欠点であるきしみやごわつきを改良するためにやし油などから抽出した成分にアミノ酸を加えた洗浄成分を原料としたシャンプーです。

マイルドな使用感で、生分解性に優れています。

主な洗浄成分

ラングロウイルサルコシンNa・ココオイルグルタミン酸Na

洗浄力がマイルドで刺激も少ないために、肌が弱い方やダメージヘアーの方、髪や頭皮をいたわりたい方に向いているシャンプーです。

髪の悩み

40代50代の髪の悩みといえば、

  • 白髪
  • 髪がパサつく
  • 髪に艶がない
  • 髪にコシがない
  • 頭皮の臭いが気になる
  • 髪が細い
  • 髪がぺたんとする

です。

白髪になるのをを防ぐのは難しいと思いますので、睡眠不足にならない事やきちんとした栄養をとることが大切なことになります。

髪がパサつく・髪に艶がない・髪にコシがない・髪がペタンとするという悩みに関しては、シャンプーコンディショナーを変えるだけでもずいぶん違ってきます。

私たちは顔につける基礎化粧品は色々と試したりしますが、シャンプー&コンディショナーのことはあまり気に留めていないと思います。

やはりシャンプーコンディショナーも、石油系界面活性剤やパラペンなど使っていない天然由来成分で作っているシャンプーを使った方が頭皮にも毛髪にも優しいのです。

髪は18種類のアミノ酸から構成されている”ヶラチン”と言うタンパク質を主成分としてできています。好きな人は私たちの体の皮膚も構成しています。

髪の毛やつめは皮膚が変化したものです。

私が今回使ったシャンプーとコンディショナーはアミノ酸シャンプーですので、髪や頭皮と同じ成分で洗っているということになります。

そのために、髪や頭皮の負担を減らし、必要な皮脂まで落としすぎないことで頭皮のバリヤ機能を育てていきます。頭皮の乾燥が少なくなるので、ハリや艶のある髪の毛と変化していきます。

私の髪の悩み

私はずっと、スーパーやドラッグストアなどで売っている、マシェリやラックス・パンテーンなど石油系のシャンプーを使ってきました。

特に髪の毛をサラサラにしておきたかったので、コンディショナーは10プッシュ位を髪の毛全体と頭皮にもべったりつけていました。

ところが、このブログを立ち上げて、肌に良くない成分のことを勉強しました。消費者が賢くなって自分の肌に害を及ぼさない成分を選ばないといけないと痛感してきました。

早速シャンプーを石鹸シャンプーに換えてみました。

シャンプーの特徴でもお話ししたように、石鹸シャンプーは洗い上がりがギシギシして、とても指が通りません。酢をリンスの代わりに使っていたのですが、以前のコンディショナーを毛先にだけつけるようにしたのです。

すると、頭皮にコンディショナーをつけなくなったので、皮膚呼吸できるようになったのか、頭皮から臭いがしてくるのが自分でも分かるようになりました。

コンディショナーを頭皮につけていたころよりも、皮脂の分泌が増えたので、頭皮が臭くなるのがとっても早くなった気がします。

また、ずっと石油系のシャンプーやコンディショナーを使ってきましたので、頭皮に皮脂の臭いがこびりついているような気がしています。何回洗っても臭いが取れないような気がしてなりません。

そこで、私は皮脂汚れをきちんと取り去り、年齢を重ねた頭皮にも安心して使えるシャンプーをいろいろ探してみました。

ハーブガーデン シャンプー使ってみました。

私がハーブガーデンのことを知ったきっかけは、半年ぶりにあった友達の髪がとっても艶があるようになっていたからでした。

私自身が「シャンプーしても頭皮の臭みが取れない」事で悩んでいることを話すと、彼女自身も、シャンプーで髪が臭いと感じていたので、ハーブガーデンのシャンプーを使ってみて、髪の臭みがなくなったと話してくれました。

早速ハーブガーデン シャンプーを調べてみると、

  • 100%天然由来成分で作られているということ
  • 頭皮のくさみにも効果があるということ

だったので、注文してみました。

使ってみた感想

いいです。

シャンプーを使い始めたときは泡が立たなかったけれど、3回目くらいからきちんと泡が立つようになりました。

なぜ泡が立たないかというと、石油系のシャンプー(シリコン配合のシャンプー)を使い慣れていたら、使い始めは泡が立ちにくいそうです。

石油系のシャンプーからオーガニックのシャンプーに換えたときには誰しも経験するようです。

とってもいい香りでシャンプーしながら香りで癒されました。森の奥深くにいるようなとってもすがすがしい香りに包まれてシャンプーが出来ました。

ハーブガーデン シャンプーを使う前はシャンプーした翌日に頭皮が臭くなっていたのが、今は全くそんなことがありません。

頭皮にダメージを与えない天然成分だけでできているために洗い流さないトリートメントとしても使えるそうです。私はもっぱら、髪を乾かした後洗い流さないトリートメントとして毛先にのみ使っています。

気になるのがお値段ですが、シャンプーもコンディショナーも300㎖で定価は4,000円です。

桜の森の公式ホームページから注文すると、シャンプーコンディショナーもそれぞれ2,000円で購入することができます。

1本で2ヶ月使用できるということなので、月に換算すると1,000円です。 1,000円なら、継続して使える金額だと思います。

使い始めて3週間ほどになりますが、頭皮の臭みもなっています。このまま続けていけば髪の毛もつやつやサラサラでコシのある髪になると期待しています。

オーガニックシャンプーの常識を変えた【ハーブガーデン】

まとめ

40代50代ともなると、加齢臭が出てきます。男性のみに加齢臭があるわけではなく女性にも加齢臭がありますので、頭皮の匂いだと思っていても、加齢臭と言う場合もあります。

周りの人に嫌な思いをさせないためにも、年齢を重ねてきた私たちはシャンプーやコンディショナーをきちんと見直す必要があります。

1日も早く、石油系のシャンプーやコンディショナーの使用をやめてオーガニック製品に変えてみませんか?

頭皮臭や加齢臭がなくなり、髪にも艶がコシが生まれます。

オーガニックシャンプーの常識を変えた【ハーブガーデン】