初夏の年齢肌のお手入れ方法 シミやくすみを増やさないお手入れ

美白・シミ

季節が冬から春へと、春から初夏へと変化するたびに私たちの肌も変化しています。

季節の変化に肌は適応していきます。

しかし、私たちは肌が季節に順応するために、肌に合ったお手入れでお肌を助けてあげなければなりません。

そうすることが年齢を重ねた肌でもいつまででも美しくいられる秘訣です。

例えば、冬の木枯らしが吹き荒れる時期は乾燥対策として保湿に重点を置いたお手入れを、春になると、春の日差しで肌の毛穴が目立つので、毛穴を引き締めるお手入れを、初夏になると紫外線が強くなってくるので紫外線対策のお手入れが必要です。

今日は、年齢肌の初夏のお手入れについてお話しします。

 

スポンサーリンク

年齢肌の特徴

年齢と共に肌の衰えは気になり始めます。

年齢を重ねると、若いころと違って肌がくすみやすくなったりシミやしわが目立ち始めます。肌表面の皮膚を支える繊維層のコラーゲンやエラスチンが少なくなりたるみが大きく感じられます。

また、全体的な印象が老けたように感じ、慌ててアンチエイジング対策を行う人もいるようです。

このような年齢肌特有のくすみやたるみに早くから悩まされる人もいれば、いつまでも若々しい肌を保っている人もいます。

若々しい素肌を保っている人は毎日のお手入れを欠かさず行い、日々の生活にも気をつけています。

適切なお手入れができれば老化を遅らせることが可能ですので、今足りないものは何なのか、行わなければならないケアは何なのかを考えてお手入れをしていくことが大切です。

自分で何が足りないかわからない方は、自分の悩みを解消する方法を試していきましょう。

年齢肌に必要なお手入れ

しわ、シミ、たるみは年齢肌につきものです。

しかし、しわやたるみは保湿を十分に行うことで、肌のハリがよみがえってきます。

アンチエイジング対策で重要なのは保湿ケアです。

夏場は特に強い紫外線を浴びてしまって肌が乾燥しやすくなりますので注意が必要です。冬場のお手入れとしてももちろんですが、初夏のお手入れとしても忘れてはいけない部分です。

年齢と共に肌が水分を抱え込んでおく力が低下し、弾力が無くなってしぼんだような状態になります。

この乾燥がシワや毛穴の開き、たるみなどにも影響を与えますので、トラブルの元と考えることができます。

また、肌細胞の生まれ変わりであるターンオーバーも鈍ってしまいますので、古い細胞が長期間留まることになります。

保湿ケアを行えば肌を保護することができますので、老化対策になるだけでなく外的刺激からも守れるようになります。

50代のエイジング化粧品 しわ・シミ・たるみ別ランキング 
しわ・シミ・たるみに効果的なエイジング化粧品を悩み別に紹介。今使っている化粧品にプラスする場合は美容液を選びましょう。エイジング化粧品はトライアルセットがありますので、肌に合うか試しましょう。

 

目元・口元を徹底的にケアする

保湿ケアを重点的に行いたい箇所は、目の周りや口元です。

これらの部分は皮膚が薄くて乾燥しやすいので、きちんとお手入れを行わないと年齢が現れやすくなります。

保湿を徹底して行うと乾燥を防ぎながら、同時にしわやくすみの予防にもつながりますので、見た目年齢にも大きな差が出ます。

日々のリスクとしては、紫外線やストレスも問題になるのですが、これらを受けた時に発生する活性酸素の働きによって肌中のコラーゲンが破壊されて、ハリや弾力が失われます。

真皮内の線維芽細胞がコラーゲンやヒアルロン酸を順調に産生することができなくなります。

線維芽細胞に働きかけるコラーゲンはⅢ型コラーゲンです。別名「ベビーコラーゲン」と言われ赤ちゃんの時に一番多いコラーゲンです。

 

赤ちゃんの肌がモッチモッチしているのがおわかりいただけますね?

そのⅢ型コラーゲンを含んでいるのが自然界の中でただ一つ卵殻膜なのです。

卵殻膜は真皮層の弾力繊維層のヒト繊維芽細胞が活性化・増殖して、発現量が増加したという研究結果が出ています。

 

たるみが気になるならばⅢ型コラーゲンの生成をサポートする卵殻膜が配合されているサプリメントを利用するといいでしょう。

 

しわは気になりませんが、たるみをどうにかしたいです。
しわやたるみに効果的というのが繊維芽細胞の弾力繊維層のコラーゲンを活性化させる卵殻膜配合のサプリメントです。自然界の中で卵隔膜だけにその力があります。5年後10年後も美しい肌でいるために卵殻膜配合サプリメントを取りましょう。

 

ビタミン類は活性酸素を除去する働きを持ちますので、積極的に取り入れたいところです。

化粧品で抗酸化の働きを得たい時にはビタミンC誘導体がおすすめであり、この成分は色素沈着やシミも改善してくれます。

化粧品や食べ物で対策を行いながら、同時に生活面も改善していく必要があります。

サプリメントで補うのでなく、バランスのとれた食事とストレスをためないこと、十分な睡眠をとることが大切です。

肌の老化につながるような睡眠不足や運動不足を回避し、細胞の新陳代謝を促進させていくようにします。

 

まとめ

年齢肌に大切なことは保湿の徹底と紫外線対策です。

小じわくらいなら保湿を徹底することで、肌がふっくらとなりますので、小じわはまったく気にならないようになります。

冬の間は肌が乾燥してしまうので、乾燥対策として皆さん保湿に重点を置かれるのですが、少し暖かくなる春先や初夏などは、肌の乾燥を感じることは冬に比べると少なく成って来ます。

となると、冬に比べて保湿が少しおろそかになることがあります。

ところが初夏からたくさん降り注ぐ紫外線は冬の木枯らしと同じように肌を乾燥させてしまいます。また、紫外線は肌の上で活性酸素を生み出します。

乾燥と紫外線は肌の大敵なのです。

さっぱりとしているのに、しっとりしている初夏にぴったりの化粧水で徹底的な保湿と、日焼け止めを使うことを忘れないでください。

 

この2つを守るだけで、お肌の変化を感じられえることでしょう。

肌は裏切りません。頑張りましょう。

たるみが気になる方は、Ⅲ型コラーゲンの生成をサポートする卵殻膜を取りましょう。

卵殻膜の美容液チェルラーブリリオ 肌のハリが・・・!!使ってよかった。
卵殻膜の美容液を使ってみたら、なんとなく肌のハリが戻ったような気がします。卵殻膜ってもともとヒアルロン酸やコラーゲンを含んでいて、自然界では人間の肌に一番近い構成です。洗顔後に使うだけでいいのでとってもらくちんです。

 

日焼け止めを忘れずに塗ることでシミやくすみは防ぐことができます。できてしまったシミにはハイドロキノンが効果的です。

医療機関でハイドロキノンを求めて医師の監督下で使用しましょう。かならず効果が表れます。

ハイドロキノンを皮膚科で処方してもらう場合いくらかかる?保険診療はできるの?
シミを薄くしたいのは女性の願望です。シミにはハイドロキノンという美白成分が効果的ですが、医師の管理下で使用しましょう。使用方法を間違えるとかえってシミが濃くなります。今日はハイドロキノンを皮膚科処方してもらうときの値段と保険診療が適用になる

 

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました