血管年齢を若返らせると、シミも薄くなり見た目も若くなりました。

血管年齢若い TV番組

血管年齢を若返らせると見た目年齢も若くなり、血管年齢が高いとシミができやすい

 

血管年齢が高い人が通院して血管年齢を下げたら、いつの間にかシミも薄くなっていたのです。

血管年齢を若くするだけで、シミも薄くなり見た目も若くなるというからには、ぜひやってみたいと思いませんか?

よほど難しいことかと思っていたら、私たちの日常生活の上で改善していくことが可能で、食事・運動・睡眠に注意を払えばいいということでした。

 

この記事では、血管年齢を若くする方法を詳しくお話しします。

若く見えたい方や健康になりたい方は参考にしてください。

 

スポンサーリンク

血管年齢を若くする 食事での注意点

初めに食事の注意点をお話しします。

  1. クルミ(生の)(αリノレン酸が老廃物除去・動脈硬化を防ぐ)
  2. EPAが豊富なサバやアジを食べる
  3. 野菜を食べる

の3点です。

生のクルミをたべる。

クルミの持っている栄養成分には、

  • 悪玉コレステロール(LDLコレステロール)を減らす作用
  • 滋養強壮作用
  • 抗酸化作用
  • 神経沈静作用
  • 皮膚の代謝促進作用

このような効果があるからです。

 

分かりやすく言うと

  1. 血液サラサラ効果
  2. 血行を良くする効果
  3. 血圧を下げる効果
  4. 動脈硬化を予防改善
  5. 高血圧の予防改善
  6. 心筋梗塞の予防
  7. 糖尿病改善を補助する
  8. 肥満予防改善
  9. ダイエット などがありますが、

ここで注目するのは血液サラサラ効果と血行を良くする効果です。

 

くるみには悪玉コレステロールを減らすn3系脂肪酸のα-リノレン酸とn6系脂肪酸のリノール酸という必須脂肪酸を豊富に含んでいます。

 

n3系脂肪酸とn6系脂肪酸はその比率が大切ですが、くるみは理想とされる1:4(n3系脂肪酸:n6系脂肪酸)という配分になっています。そのため血栓ができにくく、血液がサラサラの状態になりやすくなります。

 

しかしここで取りすぎたらまた問題があります。血液サラサラの状態になるからと言ってもくるみは高カロリーですから、少しずつ生活の中取り入れるといいと思います。

 

生クルミ

青魚を食べる。

魚嫌いの人は「えごま油」を加熱せず、サラダやヨーグルトにかけると取りやすいです。

えごま油の効果

  • 血流改善、血栓予防効果
  • アレルギーを抑制する効果
  • 老化を予防する効果
  • うつ症状を軽減する効果  

などです。

 

 

野菜を食べる。

若返り法で果物は皮ごと食べる。ごぼうも皮ごと食べると言われてますが、ちょっと牛蒡を皮ごと食べるのは、抵抗がありますね。

 

ごぼう茶が流行ってますが、サポニンと言う若返り物質が入っていますので、悪玉コレステロールの分解作用や脂肪燃焼作用があります。

 

 その他にも

  1. 塩分や糖分、炭水化物を取りすぎないようにする。
  2. 野菜不足にならないようにする。
  3. 揚げ物中心の食生活は避ける。
  4. お肉よりお魚中心の食事に。
  5. バターや生クリーム、チーズなどの乳製品の摂取はほどほどに。

など食習慣が必要です。

 

 

血管年齢を若くする 運動での注意点

有酸素運動としておすすめなのがウォーキングです。

ウォーキングは全身の血液の流れをよくする効果が有りますので、血管年齢の若返りに有効です。

 

ウォーキング

より効果的なウォーキングの方法として、

  • 背筋を伸ばしてまっすぐに立つ
  • 普段より少し大股で歩く
  • 腕を大きく振る
  • ややきついと感じるくらいの速さで歩く

です。

 

会話が楽しめる程度の有酸素運動がおすすめです。

目標は1日30分を習慣づけるようにしましょう。

 

 

血管年齢を若くする 睡眠での注意点

血管は寝ているときに修復されるので、質の良い睡眠が大事になります。

成長ホルモンは睡眠直後3時間に分泌されます。

睡眠

 

 

年齢ペプチドで血管年齢を若く!

年齢ペプチドはカルピス社が保有する独自のもので、「高血圧 」を抑制する成分として発見されました。

この年齢ペプチドを摂取することで、加齢に伴う血管の老化の予防・改善で、年齢ペプチドを摂取することで血管年齢を若く保つことが出来るのです。

 

年齢ペプチドは「しなやかケア」という名前でカルピス社からサプリメントとして販売されています。

 

年齢ペプチドが含まれている食品の紹介をします。

血液サラサラには

  • 豆腐
  • 納豆
  • 青魚
  • 豚肉
  • トマト
  • 玉ねぎ

の食品を積極的に取るようにしましょう。

 

血管年齢については

どんな努力をしたら、肌年齢って若くなりますか?

を参考にしてください。

 

まとめ

ここまで、血管年齢を若く保つ方法についてお話ししてきました。

血管年齢を若く保つことで、シミやくすみを薄くして見た目も若くしましょう。

これこそ生活習慣の中でのエイジング効果ですね。

血管年齢を若くすると健康や若々しさも手に入ります。

 

 

 

 

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました