Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

50代に人気のマスカラ 今からでも若々しく見えるアイメイク方法

スポンサーリンク

アイメイクをきちんとすると、印象が違って来るってことはご存知ですね?

でも、年齢を重ねるとアイメイクをしない人が増えてきますけど、どうしてなのでしょうか?

ファンデーションを塗って、口紅だけという人もかなり多いようです。

面倒くさくなってしまうのでしょうか?

「目」で印象が変わると言っていいほど、アイメイクは女性にとって重要なポイントです。アイメイクによって、ナチュラルに見えたり、華やかに見えたりします。目が与える印象は大きいのです。

年齢を重ねたらアイメイクは必ずするようにしましょう。

スポンサーリンク

50代を若々しく見えるアイメイクの小技

技1 忘れてならないアイメイクのベース

ファンデーションを塗る前に化粧下地を使っている人も多いと思いますが、アイシャドウの下地にもアイシャドウベースがあります。

ご損じでしたか?意外と知らない人が多いのですよ。

このアイシャドウベースは、アイホール全体に薄く伸ばすのですが、このことが瞼の色素沈着を防いでくれるのです。

瞼はとても皮膚が薄く、毎日のアイメイクだけで、瞼の色素沈着が進んでしまいます。アイシャドウベースは、瞼の色素沈着を防ぐのと、アイシャドウの発色を良くしてくれます。

技2 明るい色のアイシャドウベースを使う。

年齢を重ねてくると瞼のたるみやくぼみで影ができてしまいます。そこに暗い色のアイシャドウを使うと余計に暗くくすんだ感じに見えてしまいます。

以前IKKOさんが伊藤咲子さんを10歳若く見えるメイクをした時も、瞼には明るい色のベースメイク(アイシャドウベース)で瞼のくぼみを目立たないようにしていました。

rapture_20160329055437
rapture_20160329055437

カネボウ ルナソルアイリッドベース

くすみをリセットして、アイシャドウの発色、もちをアップするまぶた用ベース。
定番色に加え、やや明るめの色が新たに仲間入り。
肌の色や、その日のメイクによって使い分けて。
美容液成分配合。

[CANMAKE] キャンメイクキャンメイク アイシャドウベース

まぶたのくすみをカバーして、アイシャドウの発色&モチUP!! ファーストタッチは潤い感のある、しっとりとした感触

  • まぶたに伸ばすと、サラサラのパウダーのような質感に変化
  • 目元のくすみをナチュラルにカバーして、上に重ねるアイシャドウの発色を鮮やかに! 
  • 上品で程良いパール感が目元を明るく見せ、アイシャドウのヨレを防ぎ、モチもUP

アイシャドウベースを瞼に塗ったときは、ファンデーションは瞼に塗りません。

アイシャドウべースを塗った上からファンデーションを塗ると、アイシャドウがよれやすくなってしまいます。

 

技3 アイシャドウの色

若いころからアイシャドウはブラウンと決めていて何年も同じメイクばかりしていませんか?

年令も重ねてくると、お肌もそれなりにくたびれてきます。

しわ・シミ・たるみなどは当たり前になってきているのにメイクは20代の頃のままということでは、老けて見えるのは仕方がありません。

若々しく見えるようにアイシャドウの色は淡いきれいなパステルカラーを選んでみてはいかがですか?

資生堂 インテグレート スイートトリックアイズ

淡くて細かく上品なパール感のあるパステルカラーは、50代からのぶたのシワやまぶたのたるみ、まぶたくぼみなども上手にカバーしてくれます。

涙袋をぷっくり見せるハイライトカラーとスイーツな色・質感のグラデーションで、どんな表情も甘く、可愛く見せるアイシャドウパレット。
まぶた全体にも、目のキワなどにも塗りやすい、先端が細い両端チップを内蔵しました。
あとからつけるアイカラーのくすみを防ぎ、発色や持ちを高めます。

技4 眉の形は短く太く

目元を若く見せるポイントはきちんとメイクをすることが大切です。

メイクをしなかったり、手抜きをしていると目元がぼけてしまいそれが当たり前になってしまいます。常にメイクすることを心がけるようにしましょう。

rapture_20160202070155
rapture_20160202070155

技5 アイラインも忘れずに

まつげとまつげの間を埋めるようにアイラインを入れていきます。

使いやすいのはペンシルタイプのアイライナーです。

ペンシルタイプ

ズバリ基本は、まつ毛の根本を「塗りつぶす」こと。一気にラインを書こうとしないで、少しずつ、根本を埋めるようにラインをひいていきましょう。

まず、目尻から目の中央までラインを引きます。「一気に描かないで、まつ毛の根元を埋めるように小刻みに描いて行くのがポイントです。

目頭から、同じように少しずつまつ毛の根元を埋めながらラインを描いていきます。初めに目じりから目の中央に引いたラインと真ん中でドッキングさせれば、初心者の人もきれいに描けます。

アイラインは必ず入れるようにしましょう。目元が生き生きとしてきます!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Facebook いいね!
この記事をお届けした
肌年齢を若返らせる年齢肌対策ガイドの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
関連コンテンツ