50代に人気のマスカラ こうすれば若く見えるアイメイク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

いつも不思議に思っていたのが、年齢を重ねると、アイメイクをしない人が増えてきますけど、どうしてなのでしょうか?

ファンデーションを塗って、口紅を引いただけという人もかなり多いようです。

面倒くさくなってしまうのでしょうか?

「目」で印象が変わると言っていいほど、アイメイクは女性にとって重要なポイントです。アイメイクによって、ナチュラルに見えたり、華やかに見えたりします。目が与える印象は大きいのです。

年齢を重ねたらアイメイクは必ずするようにしましょう。

ファンデーションを塗る前に化粧下地を使っている人も多いと思いますが、アイシャドウの下地にもアイシャドウベースがあります。

ご損じでしたか?意外と知らない人が多いのですよ。

このアイシャドウベースは、アイホール全体に薄く伸ばすのですが、このことが瞼の色素沈着を防いでくれるのです。

瞼はとても皮膚が薄く、毎日のアイメイクだけで、瞼の色素沈着が進んでしまいます。アイシャドウベースは、瞼の色素沈着を防ぐのと、アイシャドウの発色を良くしてくれます。

スポンサーリンク

若く見えるアイメイクのテクニック

明るい色のアイシャドウベースを使う。

年齢を重ねてくると瞼のたるみやくぼみで影ができてしまいます。そこに暗い色のアイシャドウを使うと余計に暗くくすんだ感じに見えてしまいます。

以前IKKOさんが伊藤咲子さんを10歳若く見えるメイクをした時も、瞼には明るい色のベースメイク(アイシャドウベース)で瞼のくぼみを目立たないようにしていました。

rapture_20160329055437

カネボウ ルナソルアイリッドベース

  • カール形状ロックで24Hカールキープ。
    クリアブラックの液だからトップコートとしても使える2WAYタイプ。
    まつげ補修成分配合(パンテノール・シルクプロテイン・ツバキ油)配合
  • お湯で落とせるフィルムタイプ。

マスカラを塗るときのポイント

マスカラを使うとき、マスカラがブラシにたくさんつくように容器の中を何回も上下させる人いませんか?

これはだめです。

液がつきすぎてだまになってしまいます。

容器の口でマスカラを調整することももちろんだめです。

ブラシがおかしくなったり、つけすぎたりする原因になります。

マスカラの根元をまつげの根元にしっかり当ててまつげの一本一本にきちんとマスカラをつけましょう。

目じりとしたまつげは、マスカラを立てて使うようにすると上手に塗ることができます。

50代人気のマスカラ

インテグレート マツイクガールズラッシュ(お色気ロング)

まつげへの付きやさばく機能に優れたセパレートブラシで、漆黒フィルム液をまつげの根もとから毛先までスーッときれいに均一コーティング! 1本1本が際立って、きれいに仕上がります。

どれもフィルムタイプでお湯でするっとおちます。

ウォータープルーフタイプは、落とすのにちょっと面倒ですからフィルムタイプがお勧めです。

マスカラをきちんと塗ることで、目元の印象が全く違って来ます。

瞼がしぼんで眼が小さく見えたり、瞼のくぼみや、くすみもアイメイクで上手にカバーして若々しい目元を作りましょう。

アイメイクの流れを動画で分かりやすく紹介します。

まとめ

いかがですか?

アイメイクするとしないではまったくちがいますね?

自分の意識を変えて、アイメイクをきちんとしましょうね。

 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

おすすめ記事
50代に人気のマスカラ こうすれば若く見えるアイメイク
この記事をお届けした
肌年齢を若返らせる年齢肌対策ガイドの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!