年代別肌の悩みランキング

スキンケア
スポンサーリンク

人は誰でも自分のお肌に悩みを持っていると思います。

いくら周りの人から綺麗な肌だと言われてる人でも、やはり綺麗な人は綺麗ななりに別の悩みがあるものです。

今日は年代別にどういった肌の悩みがあるのかを調べてみました。

年代別肌の悩み

20代

  1. 乾燥
  2. 毛穴
  3. ニキビ
  4. シミ
  5. クマ

20代の一番の悩みが乾燥というのには驚きました。

間違ったスキンケアや生活習慣の乱れなどが原因です。20代以降に出来るニキビを大人ニキビでと言い、乾燥が原因で起きますので注意が必要です。

芸能人使用コスメ ライスフォースにもニキビ・毛穴ケアセットがあります!
芸能人が使用しているコスメとして有名な「ライスフォース」ニキビができなくなっても乾燥が続いている方のためと、毛穴の悩みをなくすためにもっと保湿をしたいと考えている方のため用に「アクポレス」というブランドが発売されています。ア...

30代

  1. シミ
  2. 乾燥
  3. 毛穴
  4. ハリ
  5. しわ

30代になると年齢肌の悩みが出てきますね。シミが悩みの1位です。

シミの原因は紫外線ですので、20代の頃からきちんとした紫外線対策が必要です。

出来てしまったシミを消す方法、シミ消し医薬品と化粧品どっちが効果的?
出来てしまったシミを消したいのに、いつの間にか濃いシミになっていたという事がありませんか?シミを消したいと思って美白化粧品を使っているのに、薄く成るどころがかえってシミが濃くなってきたような気がしている。紫外線対策は徹底したのに...

40代

  1. シミ
  2. しわ
  3. たるみ
  4. くすみ
  5. 乾燥

40代になると肌のターンオーバーのサイクルが長くなってきています。ターンオーバーを正常に戻すようにしなくては行けません。

たるみとくすみも悩みの上位を占めるようになりました。

イビサクリームって美白成分が資生堂HAKUと同じ成分ですって?
イビサクリームがデリケートゾーン専用のクリームですと聞いたときは、ちょっとびっくりしました。というのも、「デリケートゾーン」なんてこんな恥ずかしいことを人前で大ぴらに言えるの?と感じたのです。でも、考えてみれば恥ずかしい部位...

50代

  1. しわ
  2. シミ
  3. たるみ
  4. くすみ
  5. 乾燥

50代になると悩みのトップはしわになります。

しわ・シミ・たるみの原因は紫外線による肌のコラーゲンの破壊です。

コラーゲンは歳とともに減少していきますので、サプリメントなどで上手に摂取しましょう。

しわ・たるみ化粧品 口コミランキング
しわやたるみは年齢を重ねた肌には、余計に老けて見える原因です。すぐにでも、しわやたるみを取り除きたいけれど、そういうわけにもいきません。今回は、たるみの原因である真皮層のコラーゲンの生成をサポートする製品をランキングで紹介します...

60代

  1. しわ
  2. シミ
  3. たるみ
  4. くすみ
  5. 乾燥

と言う順番になります。

しわ・シミ・たるみ・くすみ・乾燥は年齢肌の悩みのベスト5です。

若いころは、まさか自分がと思っていますが、お肌は若い頃からの積み重ねです。

紫外線対策は怠らないようにしっかりとしておきましょう。

20年後、30年後の肌が違います。

しわに効く美容液は?少しでもしわを薄くしたいのですが・・・。
年齢を重ねるとシワやシミ等気になる部分が増えてきます。しかし、同じ年齢でも凄く若く見える人と年齢よりも上に見られる人がいます。それはやはり肌の感じで決まると思います。お顔にしわやぽうれい線・しみなどが目立つとどうしても老けて見ら...

スポンサーリンク
[ad#co-1]

肌の悩みの原因は?

年代別に肌の悩みは違ってきます。

 

しかし共通して言えるのが、

  • 加齢
  • ストレス。
  • 生活が不規則である。
  • 紫外線対策不足。
  • 乱れた食生活。
  • お手入れ不足。
  • ホルモンの乱れ。
  • 季節の変化に肌が対応できない。
  • 肌に合わないスキンケア製品を使用している。

このようなことが原因で、年齢によるお肌の悩みが出てきます。

特に年齢を重ねると、肌の弾力の元となるコラーゲンやエラスチンが減少します。

肌の張りがなくなって皮膚がたるみ深い皺となります。

皮膚のたるみと言うのはコラーゲンやエラスティンを摂取したからと言ってすぐ効果が出るわけではありません。

日頃のお手入れや生活習慣を見直すことが大切になります。

みなさんコラーゲンのことは良く耳にしていらしゃると思いうますので、ここではエラスチンのことをお話します。

スポンサーリンク
[ad#co-1]

エラスチンについて

エラスチンは、コラーゲン同士を結び付ける働きを持つ繊維状のたんぱく質です。

エラスチンはコラーゲン、ヒアルロン酸とともに皮膚の真皮にある繊維芽細胞によってつくられます。

繊維芽細胞は新しい組織をつくるとともに古くなったものを分解し、ゆっくりと組織の新陳代謝を行います。

体内のエラスチンの量は25歳頃をピークに年齢とともにゆるやかに減少し、40歳代を過ぎると急激に減少スピードが速まります。

また、紫外線やストレス、喫煙などが原因で発生する活性酸素によってもエラスチンは減少します。

エラスチンが減少すると、肌の弾力が失われしわやたるみが生じたり、血管の老化が早まり動脈硬化や心筋梗塞、脳血栓などの重大な病気のリスクが高まります。

エラスチンは一度壊れてしまうとうまく再生するとは限らないため、日々のケアが大切です。    わかさの秘密より引用

エラスチンが多く含まれている食事

  • 牛すじ 
  • 手羽先 
  • 軟骨 
  • 煮魚 

コラーゲンのことも少し

コラーゲンについて

コラーゲンは、ヒアルロン酸やエラスチンとともに真皮にある線維芽細胞によってつくり出されます。

線維芽細胞は新しい組織をつくるとともに古くなったものを分解し、ゆっくりと組織の新陳代謝を行っています。

しかし、年齢とともに線維芽細胞の働きは衰え、真皮が古い組織で占められるようになると肌が老化していきます。

コラーゲンを摂取することによって体内のコラーゲン合成が活発になり、肌にハリや弾力を与え、しわやたるみを防ぐ効果があると期待されています。

わかさ生活より引用

 

コラーゲンが多く含まれている食事

  • 牛すじ 
  • 牛肩肉 
  • 豚レバー 
  • 豚小間肉 
  • 鶏軟骨 
  • 鶏手羽元 
  • 鶏もも肉 

いくらコラーゲンがたくさん含まれているからといって摂り過ぎたらいけません。

サプリ、飲むコラーゲンの即効性は?
誰もがそうですが、歳を重ねてくると健康に不安が出てきたり、若いころのように無理が効かなくなったと思うことがしばしばあります。しかし、体にそのような事が現れるのは、あなたに気付いてほしいと思って体がサインを出しているのではないでしょうか?...

スポンサーリンク
[ad#co-1]

まとめ

コラーゲンとエラスチンは、美肌のためにはなくてはならないものです。

もちろんサプリメントでも補うことはできますが、サプリメントを使用するときは

海洋性コラーゲンは動物性コラーゲンの7倍も体内への吸収が優れているといわれています。コラーゲンをサプリメントなどで摂取する場合は、海洋性コラーゲンが配合されているものを選ぶと良いでしょう。
1日のコラーゲンの摂取目安量は5~10gといわれ、毎日摂り続けることが大切です。

コラーゲンを合成する時に欠かせないビタミンCや鉄を一緒に摂ることで相乗効果が得られるといわれています。

最近は飲みやすいドリンクタイプもあります。すでにビタミンCなどが配合されているのもありますので、とても便利ですね。

 

アスタリフトドリンクコラーゲン10000

 

スッポン小町との違い ⇒答えは、すっぽんの「質」でした。

 

 

 

error: Content is protected !!