美白もできる年齢肌のオールインワン化粧品
選び方の3つのポイント

女性は、結婚・育児に終われ、落ち着いたかと思えばすぐに、親の介護が待っています。

ゆっくり時間をかけてお手入れの時間が取れないこともあります。

となると、「時短のスキンケア」はとっても魅力的なアイテムです。美白もできるオールインワンゲル化粧品が40代・50代女性で人気となっています。

美白もできるオールインワンゲル化粧品の選び方の3つのポイントをお話しします。

3つのポイントを知って、オールインワン化粧品で年齢肌の悩みを少しでも解消したらご主人や彼氏から「最近、化粧品変えたの?」と聞かれるかもしれません。

スポンサーリンク

美白オールインワンゲルの選び方 3つのポイント

  1. 美白成分は自分の肌に合うものかチェックする
  2. 保湿成分の種類と配合量
  3. 浸透力の高さ

美白成分は自分の肌に合うものかチェックする

私たちがよく耳にする美白成分は「ハイドロキノン」や「アルブチン」「ビタミンC」などがあります。

ハイドロキノン

出来たしまったシミとこれからできるであろうシミに効果的と言われているのが「ハイドロキノン」です。

しかし、強力な漂白作用で、刺激が強いと感じて肌が赤くなったり、かゆみが出る人もいます。医師の監督下で使用していると肌トラブルにも対応できますが、濃度が高いものを使用する場合は、注意が必要です。

アルブチン

ハイドロキノンの使用が認められていなかったときに、ハイドロキノンとブドウ糖を結び付けてできた物質です。

シミのもととなるメラニン色素の生成をブロックさせる働きをもち、1989年に医薬部外品の有効成分として承認されています。

ハイドロキノンに比べ、肌への刺激が少ないのが特徴です。

アルブチンについて詳しくは、

これから太陽の紫外線が気になる季節となります。 もう若くないので、「できるだけシミは増やしたくない。」し、「出来ているシミは薄くしていきたい.....

を参考にしてください。

ビタミンC

ビタミンCといえば、美白だけでなく、抗酸化力やコラーゲンを活性化させる作用・毛穴の引き締めたり・肌のキメを整える働きがあります。

でも、ビタミンCは とっても不安定な成分で、肌への浸透力が良くないのです。

このビタミンCを安定させたのが、ビタミンC誘導体です。

壊れにくく、肌に浸透しやすくなったので、ビタミンCの効果をそのまま肌に届けることができます。

ビタミンC誘導体について詳しくは、

桜の開花宣言が出て、桜前線がどんどん北上していきます。 北海道の桜が開花するのは5月下旬の頃でしょうか? そのころになると九州・沖縄の紫外.....

を参考にしてください。

保湿成分の種類と配合量

肌のシミやくすみがきになると、美白成分ばかり気になるようになります。

しかし、40代50代の肌は保湿成分も気にすべきです。肌が乾燥すると、余計にしわやシミが目立つようになります。

美白成分だけでは、きちんとした保湿はできませんので、保湿力が高い成分が配合されているかを見極める必要があります。

ヒト型セラミドは、一般的に保湿力が高いといわれていますが、ヒト型セラミドは油とは相性がいいのですが、水とは相性が悪く混ざりにくいのです。

そのため、水溶性のオールインワン化粧品の場合は、水溶性の植物セラミドやコラーゲンやヒアルロン酸等が配合されているもののほうが、より保湿効果が期待できます。

浸透力の高さ

美白オールインワンゲル化粧品は、ゲル状でぷるんぷるんとしていますので、肌へ浸透したかというのを確認しにくいのも事実です。

保水力の高い成分がナノ化・低分子化されているかを確かめて製品を選ぶようにしましょう。

といっても、どのようにして確かめていいかわかりませんよね?

簡単に見分けるには、使ったときに、ポロポロとカスがでるかを見てほしいです。

配合されている成分の分子量が大きいとこのようにポロポロとカスが出ることがあります。

3つの選び方ポイントに合格したオールインワン化粧品

パーフェクトワン薬用ホワイトニングジェル

パーフェクトワン薬用ホワイトニングジェルは、3,500万個の販売実績とリピート率が92.2%もある人気の美白オールインワンジェルです。

パーフェクトワン薬用ホワイトニングジェル
パーフェクトワン薬用ホワイトニングジェル

ひとつで6つの役割(1.化粧水2.乳液3.クリーム4.美容液5.パック6.化粧下地)をしてくれるので、時間がない子育て中のママ等にもとっても人気です。

その上コスパがいいので大助かり!!

ここからは、3つの選び基準に合格した理由をお話ししていきます。

シワやシミ、たるみで悩んいる人はしっかり読んでくださいね。

  • 自分がどんな悩みを持っているか?
  • その悩みを解消するためにはどんな美容成分を選べばいいのか?

この2つが分からないままに製品を選んで、お手入れをしても効果は期待できません。

どうせなら、悩みを解消する効果的な製品をえらびましょう。

初めにシミやくすみを解消する美白成分から見ていきましょう。

パーフェクトワン薬用ホワイトニングジェルに配合の美白成分

成分名を言われてもよくわからないのですが、

トラネキサム酸とアルブチンが配合されています。

トラネキサム酸は、紫外線ダメージによる肌あれを抑え、肌を正常な状態に整えてくれます。

アルブチンは、牛乳まで透明にするほどの力がある厚生労働省認可の美白成分です。肌に優しいのがポイントです。

保湿成分の種類と配合量は?

コラーゲンは誰でも一度は耳にしたことがあると思います。

コラーゲンが肌のハリ必要不可欠なことは誰でも知っていますよね?

7種のコラーゲンを新日本製薬の独自に組み合わせた「複合型リフティングコラーゲンEX」を医薬部外品に初めて配合しています。

複合型リフティングコラーゲンEX
複合型リフティングコラーゲンEX

この複合型コラーゲンが角質層の隅々まで浸透して肌の潤いを保ちます。

有効成分

水溶性コラーゲン液、水溶性コラーゲン液(3)、加水分解コラーゲン液(4)、サクシニルアテロコラーゲン液、コラーゲン・トリペプチド F、イソステアロイル加水分解コラーゲン液(2)、L-オキシプロリン、カンゾウフラボノイド、カンゾウ抽出液、油溶性シコンエキス‐1、ヒアルロン酸ナトリウム(2)、加水分解ヒアルロン酸

合成香料・合成着色料・パラペン無添加処方なので肌に優しく、一日中潤って乾燥しない、美白にも効果的なオールインワンをお探しの方にオススメです。

浸透力の高さ

7種類のコラーゲンがそれぞれ肌にとどまる位置が違うので、適材適所で効果を発揮して、肌全体の潤いを保って、角質層の隅々にまで浸透します。

角質層の隅々にまで浸透
角質層の隅々にまで浸透

シミの発生源まで届けるスムーズアプローチ処方を採用

角質層の潤いの通り道を広げ、そのままでは肌になじみにくい美白有効成分を肌の奥まで引き込み、シミの発生源まで届けます。

このように、パーフェクトワン薬用ホワイトニングジェルは、使う価値があるオールインワンジェル化粧品です。

実は、私はまだ一週間しか使っていないのに、

とにかく朝起きたときの肌の調子がすこぶるいいんです。

こんなに簡単で、それなのに一日中肌がプルプルしています。

このまま続けていったら、春になるころには頬のブルドッグのようなたるみも解消しているかしらとにんまりしています。

パーフェクトワン薬用ホワイトニングジェル

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

この記事をお届けした
肌年齢を若返らせる年齢肌対策ガイドの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
関連コンテンツ