肌年齢を止めるための 秘訣をおしえてください。

スキンケア
スポンサーリンク

肌年齢が若いと見た目年齢も若くなるということはTVなどで放送されているので、ご存知の方も多いと思います。

でも、いったいどうやって肌年齢を若くすればいいのか、ご存知ですか?

もう50代後半にもなると、美容成分配合のスキンケアだけでは、自分の肌の悩みが解消されそうにもありません。

美容成分配合スキンケアとプラスアルファの何かをしないといけないのではないかと感じていた時だったので、肌年齢を若くする方法を調べてみました。

年齢肌を止めるための秘策

年齢肌を止める秘策は一体どういうようなことがあるのでしょうか?

次の7つのことが分かりました。

  1. 外に出る時は、紫外線に気をつける。
  2. 家にいるときでも日焼け止めを塗る。
  3. 外出から帰ったらファンデーションはすぐ落とす。
  4. 季節ごとに特別ケアの化粧品を見直す。
  5. エアコンの下では保湿を第一に考える。
  6. 化粧品の成分は天然成分に固執する。
  7. 肌を甘やかさないと言う意味でも出来るだけ要らないものはつけない。

 

スポンサーリンク

美しい肌を保とうと思うと紫外線対策と乾燥対策が大きな対策方法です。

この2つの対策をきちんとできれば美しい肌が保たれると云っても過言でないと思います。

 

外に出る時は、紫外線に気をつける。

bb16ec7700852e03408be4a66b5343b3_s

2015年放送の林修の今でしょう口座で紫外線の新事実という放送がありました。

それは、

  • たるみやシワの原因は紫外線が80%の原因を占めている。
  • 薄毛の原因も紫外線である。
  • 紫外線に対して強い体を作ることがダイエットにつながる。
  • 黒子に紫外線が当たると皮膚がんになる可能性がある。
ということでした。
 
新たな紫外線対策が、林修の今でしょ講座で明らかになりました。
5月26日放送のテレビ朝日「林修の今でしょ講座」で最新研究で判明した紫外線の新事実と言うのがありました。紫外線の新事実というのが たるみやシワの原因は紫外線が80%の原因を占めている。 薄毛の原因も紫外線...

家にいるときでも日焼け止めを塗る。

efc1be03d14c72336a6b4e7da742f978_s

紫外線は、「UV-A」「UV-B」「UV-C」の3種類があります。「紫外線」として肌に影響するのが「UV-A」と「UV-B」です。

特にUV-Bは、薄い布などを通過するほど強い光で、お肌だけでなく、髪の毛や頭皮にもダメージを与えます。

このように自宅にいるときも紫外線対策として日焼け止めを塗っておく必要があるのです。

化粧しない時も日焼け止めを塗っておきましょう。
 
2016年より国産の飲む日焼け止めが販売されるようになりました。
飲み日焼け止めなら、塗りなおす必要もなく、耳や頭皮ないままで日焼け止めを塗れなかった部分にも効果があります。
 
春の紫外線には注意が必要です。春の紫外線対策を忘れずに!!
年齢肌になると、紫外線対策を忘れてはなりません。肌老化の大きな原因は紫外線だからです。とは言っても、 3月の肌寒い時期では紫外線対策と言っても実際には紫外線が降り注いでいるのかも疑問に感じるからです。だって、紫外線は目に見えない...

外出から帰ったらファンデーションはすぐ落とす。

ファンデーションは必要のない時は塗らないようにしましょう。

肌に余計なものを乗せると、皮膚呼吸を妨げ、毛穴詰まりのもとになります。毛穴の中に皮脂や汚れが止まったら、紫外線が当たると老化やくすみの原因となります。
外出から帰ったりしたらファンデーションはすぐ落とすようにしましょう。
 

エアコンの下では保湿を第一に考える。

air-conditioning-233953_640
 
エアコンの下では保湿を第一に考える。このエアコンの問題は冬場は特に乾燥対策に重点を置きましょう。。夏場もエアコンの中は乾燥してしまいますので、冬場と同じように乾燥対策で保湿に重点を置くことが大切です。
 
 
しかし、夏場は皮脂の分泌が盛んになりますが、乾燥肌が急増することがあります。
これはどういうことかというと、外は暑くてジメジメしてるのにお部屋の中に入ったらエアコンが効いていて肌寒くカラカラに乾燥してます。この室内と室外の温度差によって肌は驚いています。
 
 
肌は皮脂を多く分泌することで、乾燥から肌を守ろうとします。ですから夏場は、夏対策+冬対策ということが必要になるのです
ですから夏場は余計に、保湿対策が必要になってきます。
 
エアコンの乾燥対策 ドライでも冷房でも暖房でもお肌は乾燥します。
5月になると木々の新芽が出て、すがすがしい気候になります。ゴールデンウイーク中にあまりの暑さにエアコンを入れたという事ってありませんか?エアコンを入れたら汗をかいていたのがス~~ッと引いてとても気持ちがよくなりますね?今まで...

化粧品の成分の天然成分に固執する。

rapture_20160614214325
 
天然由来の成分を使用している化粧品を使うということは誰が考えても当たり前のことだと思います。食べ物と同じことで、インスタントラーメンやカップ等を食べてる人と比べてお野菜とか大豆とかを食べてる人はどちらの方が健康かと言うことも考えると、誰でもわかることだと思います。
 
オーガニック化粧水で年齢肌に合う成分で安全なものを教えて!!
オーガニック化粧品と聞くだけで、安心安全と思うのは間違いです。このことは今までに何回も申し上げてきています。日本にもオーガニック先進国の欧州の認証マークが相次いで取り入れられていますが、オーガニック=安心・安全ではありません。食品の...
 
 

マッサージやピーリングはなるべくしない。

私の若い頃にはマッサージをとにかく毎日してパックをするということが日常のお手入れでした。ところが現在はマッサージの方法が悪かったりするとたるみの原因となるということがわかってきました。そしてピーリング等を余計なことをするとこれもまたシミとかシワを増やす原因となることが分かってきました。

 

肌を甘やかさないと言う意味でも要らないものはつけない。

肌に関しては、自然と持っている力を利用してあまり余計なものをつけないと言う事が正しいのではないかと思います。
自分の肌の力を信じて、足りない分を補ってあげる程度にしましょう。
 
 

まとめ

肌年齢を若く保つ方法は天然成分の配合されたスキンケアを使い必要なものだけをシンプルに使う。

保湿と紫外線対策を忘れないようにする。

ことを守っていったら、肌年齢は若くなっていくことを楽しみにお手入れを続けましょう。

 
スキンケア乾燥・しわ対策肌年齢
スポンサーリンク
エイジングをフォローする
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
肌年齢を若返らせる年齢肌対策ガイド
error: Content is protected !!