年齢肌です。きちんと洗顔しているのに肌がざらついています。 どうすればいいですか?

肌がざらざらしていると、ファンデーションも厚ぼったくついてしまい、化粧水なども肌に浸透しずらくなってしまいます。

コンクリートのようなお肌のことです。

肌に透明感がなくなり、くすんでしまい余計に老けて見られるようになります。

朝と夜きちんと洗顔しているのに、肌がざらざらしてしまうという悩みをお持ちではありませんか?

今日は肌がざらざらする原因と対策についてお話しします。

スポンサーリンク

肌がざらざらする原因

  1. ターンオーバーが遅い。
  2. 肌の乾燥

ターンオーバーが遅い。

私たちが耳にするターンオーバーの周期は28日というのが定説になっていますが、年齢とともにターンオーバーの周期も長くなります。

28日という周期は20代の女性のお話で、50代の後半にもなると75日から100日かかるようです。

加齢だけでなく、生活習慣や偏食などにより古い角質がいつまでも肌の上にとどまっている状態となります。この古い角質が原因で、肌がざらざらします。

ターンオーバーが乱れていると肌のバリヤ機能も正常に働きません。

ターンオーバーが、より短い期間で行われると、肌の生まれ変わりが早いので、古い角質が剥がれ落ち、つるつるとしたキメの整った肌になるというわけです。

注意:年齢肌の方はターンオーバーの周期を50日くらいに短くなるようにしましょう。

肌の乾燥

加齢や洗顔のし過ぎ、強すぎるクレンジングをつかったりすると、私たちの肌は乾燥します。

肌の乾燥の原因は、肌の水分量が低下することです。

肌の水分量が少なくなると角質層が乾いてきます。すると肌深部を守っている皮脂膜のバリヤ機能が低下してしまい、どんどんお肌の水分は蒸発していきます。

水分がなくなった角質層はより固くゴワゴワになり、カサカサ、ざらざらの肌になってしまいます。

バリヤ機能のおとろえで、より乾燥肌になるスパイラル図
バリヤ機能のおとろえで、より乾燥肌になるスパイラル図

図のほうが分かりやすいと思います。図のような乾燥のスパイラルに入り込むと、乾燥対策が大変になってきます。

初期の乾燥状態の時に対策を取っておかないと、敏感肌になってしまいます。

年齢を重ねた肌の敏感肌はとってもつらいものがあります。

今からでも遅くない乾燥対策をお話ししますので、乾燥が気になる方はメモに取ってくださいね。

肌のざらざら・カサカサ対策は?

生活習慣の見直しと乾燥対策をすれば、肌のざらざら・カサカサは改善します。

生活習慣の見直し

  • ストレス
  • 睡眠不足
  • 食生活

を見直していきましょう。

ストレス

ストレスに関しては、誰もが少なからずストレスは抱えていますが、ストレスに向き合わず、ストレス発散させる方法を考えましょう。

女性の場合は、姑の事や子供のこと、旦那のことなど、たくさんストレスはありますが「運動をする」「ボランティアに参加する」など上手にストレス発散をしていきましょう。

特に、気をつけてほしいのが紫外線です。

紫外線は乾燥の大敵といわれていますが、紫外線が原因でターンオーバーの周期がより長くなることがあります。夏場だけでなく冬でも紫外線対策をきちんと行いましょう。

睡眠不足

なにかと忙しい私たちは、ちょっとしたことで睡眠不足になりがちです。ストレスで眠れないなどという事もあります。しかし、お肌のためには、夜12時までには就寝するようにしましょう。少なくとも6時間以上の睡眠時間を取ることが大切です。

食生活

脂分の多い食事は避けるようにしましょう。新鮮な野菜や果物などのビタミン類を取りましょう。肉や魚、乳製品などをまんべんなくとるように心がけましょう。

乾燥対策

乾燥の原因は、洗顔の仕方やスキンケア製品の選び方にも関係があります。

正しい洗顔の方法

  • 洗顔料をよく泡立てること。
  • ぬるま湯で洗顔すること。
  • 力を入れずに洗顔する。
洗顔料をよく泡立てるように。

泡立てが苦手な人は、泡立てネットを使ってみましょう。キメの細かい弾力のある泡を作りましょう。この弾力のある泡が顔と指の間でクッションの役目を果たしてくれます。力を入れなくても弾力のある泡が汚れと余分な皮脂をつかみ取ってくれます。

洗顔にはぬるま湯が最適。

ぬるま湯といっても体温より少し低めの温度です。お湯で洗顔すると皮脂を落としすぎる原因となります。また洗顔の温度が低すぎると毛穴の汚れを落とすことができなくなります。

力を入れずに洗顔する。

洗顔の時指に力を入れて洗顔すると肌が傷つきます。洗顔料でしっとり弾力のある泡を作りましょう。

優しい洗顔料は洗顔料は、 敏感肌も使用できる洗顔石けんがお勧めです。

いつも使っている化粧水がしみることがありますが、一体どうしてでしょうか? それは、お肌を守る角質が薄くなっているからです。 角質が薄くなっている人の肌は乾燥が進み、肌の中はカサカサになっていることがあります。 肌の構造から、角質を育てる洗顔方法・洗顔料のお話をします。

スキンケア製品の選び方

セラミド配合のスキンケアを使ってみましょう。

セラミド配合といってもセラミドにも種類があって「ヒト型セラミド」が配合されているスキンケアが私たちの肌にはぴったりです。

ヒト型セラミド配合のスキンケア

ヒト型セラミドが配合されていて、肌に合うか試しやすいトライアルセットがあるものをご紹介します。

小林製薬 ヒフミド 

全製品にヒト型セラミド1・2・3を配合

小林製薬ヒフミドトライアルセット
小林製薬ヒフミドトライアルセット

肌に合うかをお試しやすい

  • クレンジングミルク10ml
  • ソープ  16g
  • エッセンスローション20ml 
  • エッセンスクリーム 4g
  • UVプロテクトベース 5g  

写真の5品にスパバッグまでついて、980円(税込み)

全製品にヒト型セラミドを配合しているのに驚きの価格です。

ヒフミドソープの泡立ちには感激してしまいました。

小林製薬ヒフミドトライアルセット

年齢を重ねてくるとお肌の乾燥に悩む女性はあなたの周りにも何人かいらっしゃると思います。 お肌の乾燥は、私たちの肌の天然保湿成分であるセラミド.....

を参考にしてください。

エトヴォスセラミディアル モイスチャ―ライン
エトヴォスセラミディアル モイスチャ―ラインお試しセット
エトヴォスセラミディアル モイスチャ―ラインお試しセット
  • ・クリアソープバー 10g  ・・・・防腐剤・キレート剤(エデト酸)不使用
  • ・モイスチャライジングローション 30ml
  • ☆モイスチャライジングセラム 10ml  
  • ☆モイスチャライジングクリーム 5ml

☆には、セラミド1・2・3・5・6Ⅱ配合

保湿力を重視した「ヒアルロン酸」「リピジュア®」「アミノ酸(天然保湿因子)」などを配合。つあっているうちに潤いのある肌へと生まれ変わります。

モイスチャーライントライアルキット

ディセンシア アヤナス 

全ての製品にセラミド2を配合 

ディセンシアアヤナス トライアルセット
ディセンシアアヤナス トライアルセット
  • アヤナスローション コンセントレート 20ml 
  • アヤナスエッセンス コンセントレート 10g 
  • アヤナスクリーム コンセントレート 9g   
  • アヤナス アイクリーム コンセントルート サンプル1回分 

敏感肌用のエイジングケアというコンセプトで作られたアヤナスですが、年齢肌なら普通肌でも乾燥肌でも使用できます。

1回の使用で、これは何か違うと実感できます。

アヤナス トライアルセット

乾燥肌で敏感肌にの方に大人気のアヤナス。 今まで敏感肌の人たちは、エイジングケアに取り組んでも肌がピリピリしたりかゆみが出たりなどの、肌トラ.....

を参考にしてください。

富士フィルム アスタリフト 

極小20ナノメートル、「ヒト型ナノセラミド」を高浸透・高濃度配合。

洗顔後、直ぐに美容液を使うことで、その後使用する美容成分を有効的に肌に浸透させます。

肌の乾燥で悩んでいる人にはぜひとも使ってほしいセットです。

富士フィルム アスタリフト しあわせジェリー体感キット
富士フィルム アスタリフト しあわせジェリー体感キット

10日分

  • ジェリー アクアリスタ ミニボトル 5g×1個
  • ジェリー アクアリスタ パウチ 0.5g×10包

ジェリーアクアリスタの特長

  1. 極小20ナノメートル、「ヒト型ナノセラミド」を高浸透・高濃度配合。
  2. ダブルの赤いチカラ アスタキサンチン×ナノリコピン
  3. ぷるんと弾む、赤いジェリー
  4. 洗顔後、真っ先にセラミドを届ける先行美容液

ナノ化しているので、肌の深部まで美容成分を浸透させることができます。先行美容液でごわごわした素肌にセラミドを届けてみませんか?

このしあわせジェリー体感キットを使い終わったころには肌の違いを実感できると思います。

まとめ

肌のざらつきは、加齢と肌の乾燥が原因です。

お肌が乾燥していると、ざらつきだけでなくゴワゴワ、カサカサの肌へと進んでいきます。

乾燥はすべての肌トラブルの原因となっています。

紹介したスキンケアはどれも「ヒト型セラミド」を配合しているスキンケアです。

ご自分に合ったものを取り入れてみましょう。

毎日のお手入れで、保湿成分が配合されているスキンケアを使いながら、食生活や運動などの生活習慣を見直すことも大事なポイントです。

肌は裏切りません。1年後、2年後の肌のために、毎日のお手入れをコツコツ続けていきましょう。