50歳です。 頬のたるみと毛穴が気になり、美容整形に行ったのですが・・・。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
スポンサーリンク

年齢を重ねてくると、どうしても加齢による老化現象が気になってきます。

やはり手っ取り早いのが美容整形外科でヒアルロン酸注入とかレーザー治療です。

安易に美容整形に走るのは考えものです。

即効性が期待できる反面やはり顔面を手術となるとちょっと尻込みします。美容整形外科の失敗した体験談などもネットではたくさん出ていますので心配になってしまいます。

だからみんな、スキンケアで肌の改善が出来ないだろうかと思い日々努力しているのだと思います。

例えば、ヒアルロン酸注入などは簡単に済みますし費用もそれほど高額ではないので試してみる価値はあると思いますが、ブルドックみたいな頬のたるみだったらヒアルロン酸よりも、糸を使って引き上げるようにします。

しかし、糸を使ってのリフトになると金額も相当高くなってしまいます。施術後数年はきれいな状態を保っているでしょうが、10年後も同じ状態という保証はありません。

基本的なたるみ対策を継続しましょう。

たるみの原因

肌の弾力の低下

  1. 加齢
  2. 生活習慣
  3. 紫外線
  4. 乾燥

顔の筋肉の衰え

顔には「表情筋」と「深層筋」と呼ばれる2種類の筋肉があります。表情筋は皮膚のすぐ下に、深層筋は骨についている筋肉で、表情筋の下で表情筋を支えています。

表情筋が衰えると、その上にある脂肪や皮膚を支えられなくなり、深層筋が衰えると、表情筋が支えられなくなります。

姿勢・猫背

まさか姿勢が顔のたるみの原因と考える人は少ないと思いますが、顔の筋肉は頭や首とつながっています。悪い姿勢を長時間続けると顔の筋肉が引っ張られたるみの原因となります。

パソコンやスマホ・長時間のデスクワークなどが考えられます。

顔のたるみの解消方法

美容整形と比べて即効性はありませんが、何よりも安全です。生活習慣の見直しなどもありますので、体調が良くなったり健康面で恩恵を受ける事はたくさんあると思います。

  • 紫外線対策
  • 良い睡眠
  • 保湿対策
  • 正しい姿勢
  • バランスの良い食事
  • お顔の筋肉を鍛える
  • 頭皮マッサージ・フェイスマッサージ

お顔のたるみだけではなく、美しい肌を保つにはバランスの良い食事や、適度な運動などが大切です。そして、紫外線対策を行い頭皮マッサージ等を行うことでたるみを改善していくことができます。

頬のたるみ解消

デスクワークのときには正しい姿勢を保つ。

デスクワークの時は、次々に前のめりの姿勢になってしまいがちです。

デスクワーク=猫背 と言うようなイメージです。

デスクワークの時は腰にタオルやクッションを挟み正しい姿勢が取れるように工夫しましょう。肩甲骨を動かし、血流が良くなるように軽いストレッチをしましょう。

姿勢を真っ直ぐにして、両肘を背中の真ん中で合わせるようなイメージで、肩甲骨を寄せて行きます。次に腕を前に伸ばして肩甲骨をゆっくりと開いていきます。ストレッチですのでゆっくりと動かしていくことがコツです。

「まいうー体操」で頬のたるみを解消

あごの下には顎舌骨筋という筋肉があります。この筋肉が使われずにいると、下を支える力が弱くなり、あごの下のたるみに繋がります。下に引かれる力が強くなると、頬も同じように下へひっぱられ、たるんでいくのです。

これを解消するためには、石ちゃんが言う「まいうー」が頬の筋肉を引き締めるのです。顎舌骨筋を鍛えて、たるみを改善します。

  • なるべく大きな口を開け、10秒間「まー」という。
  • 次に10秒間、口をできるだけ横に引いて「いー」という。
  • 最後に10秒間、「うー」という。

大きな声を出して「まー・いー・うー」と言うと、ストレス解消にもなります。

例えばこの「まいう体操」をするのが深夜などと言う場合は、声を出さずに口の格好だけでもokです。

この2つの体操はいつでも簡単にできますので、生活の中に取り入れて下さい。

たるみ解消のエクササイズをやるすぎると肝斑や表情ジワの原因になりますので、ほどほどにしてください。

スキンケアでたるみを予防

私たちの肌の真皮層には繊維芽細胞が存在します。

の繊維芽細胞と言うのは、コラーゲンやエラスチン・ヒアルロン酸を作り出すところです。コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸が十分に行き渡ってることで肌の弾力が生まれてくるのです。スキンケア各社は、皮膚の真皮層まで浸透させることが目的で、それぞれ浸透力を競ってきました。

浸透力では、ビーグレンのQusome

「QuSomeリフト」は、

たるみやほうれい線が気になる肌のために開発したマッサージ美容液。独自の複合成分「QuSome®フェイスリフトコンプレックス」が、重力と加齢に負けない引き上がった肌へ導きます。年齢によるゆるみも引き締めて引き揚げて理想のラインが蘇るマッサージ美容液。

「QuSomeリフト」 60g 7,560円

たるみケアトライアルセット

植物の幹細胞を配合したアンプルール

「ラグジュアリー・デ・エイジ リジュリューションα プラス」

は、美肌成分にEGFプラス3種のGFペプチドを配合。肌を土台から力強く再構築するパワーをリニューアル。

若々しさの根源に迫るアプローチで、毛穴やフェイスラインのゆるみが気になる肌を土台から再構築する美容液

32ml  11,000円 アルガンツリーの芽由来

美容液が10ml入っていて 2,100円(税込み)

アンプルールといえば、ドクターズコスメで有名です。 高瀬聡子ドクターがアンチエイジングクリニックを中目黒に開院して、研究開発したコスメです.....

まとめ

美容整形はもしも時のことを考えたら怖いです。

やはり、スキンケアや生活習慣を見直していくこれが1番の方法だと思います。

いろんなことを試してみて、それでも効果が無かったらその時に美容整形を考えてもいいのではないですか?

 

error: Content is protected !!