しみとそばかす違いは何ですか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
スポンサーリンク

シミ そばかす 聞きなれている言葉ですが、どこが違うのでしょうか?

見た目は同じような感じです。

私は小学校の時の同級生にそばかすが多い子がいました。

その子はすごく色々の女の子でしたのでソバカスが目立っていました。大人になるとファンデーションで隠れてしまいその時は全然目立たないようになっていました。

20歳前に出来るのをソバカス、それ以降はシミと言うのよと聞いたことを覚えていますが、

それは全くのデタラメだったようですね。

その頃のイメージとしすれば、年をとればシミもそばかすも増えてくるというような感覚だったのでしょうか?

シミの原因とは?

シミの原因はニキビの跡や虫刺されの後など炎症によって起きるものや紫外線のダメージ・年齢によるものなど後天的なものが原因です。

老化現象・・・・・老人性色素斑

皮膚の炎症が原因・・・・・炎症性色素沈着

ホルモンバランスの乱れが原因・・・・肝斑

などがシミに分類されます。

ソバカスの原因

ソバカスの原因が主なものは遺伝です。

ソバカスの正式名称は雀卵斑(じゃくらんはん)と言いいます。

そばかすの斑点の大きさは、シミよりも小さく頬や鼻の周りに出るのがほとんどです。

そばかすは紫外線を浴びると濃くなる性質があり、年齢とともに薄くなっていくこともあります。またそばかすは顔以外の部分にも出てることもあります。

スポンサーリンク

シミ・そばかすの対策

シミは紫外線を浴びることが原因でできますが、そばかすも紫外線を浴びることで濃くなります。

そばかすは遺伝性のものですから、シミと違い子供の頃からあるものです。自分のお手入れでのそばかすを薄くする言う事は難しいのですが、今以上に濃くならないようにすることが大切です。ですから対策としては紫外線対策をすることです。

紫外線を必要以上に浴びないようにすること。

紫外線対策としては、紫外線が強くなる5月だけからではなく、年中対策が必要です。

自宅にいるときでも紫外線はガラスを通過しますので、日焼け止めを塗っておくことが大切です。いまは、化粧下地と日焼け止めが一緒になったものや、 BBクリームやCCクリームなどがありますので、自分に合ったものを見つけるように心がけましょう。

お肌に刺激を与えないこと。

シミの原因となるメラニンは、刺激によって増加することがあります。メラニンはもともと肌を守るために作り出される物質ですが、お肌の刺激を受けると肌を守ろうとする本能が働いてメラニンが作り出せれます。

必要以上なメラニンを作りださせないために、肌への刺激は避けるようにします。

日常のお肌のお手入れの時にも注意が必要です。洗顔の時は泡でクッションを作って指が直接お顔の皮膚に触れないようにしましょう。またマッサージの時はクリームをたくさん使いお肌の刺激を少なく優しく行うようにしましょう。

ビタミンCを気をつけて摂ること。

ビタミンC には、メラニンの定着を防ぐ効果があります。昔から言われてるお肌にはビタミンCということです。またビタミンC以外にもビタミンEは新陳代謝を促し、肌のターンオーバーを活発化してくれます。

またビタミンAには活性酸素を除去して、肌の老化を防ぐ効果もあります。

ビタミンはシミやそばかすだけでなく、美しい肌を保つ大きな栄養素です。

普段の食生活では取ることが難しい方は、サプリメントなどでとると良いでしょう。

まとめ

シミやそばかすは毎日継続してお手入れすることで、薄くなっていきます。

諦めずに継続していくことが大事ですが、美白作用のある化粧品を使ったり、美白効果のある食べ物なども取ったりすることも非常に大切なことです。

 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Facebook いいね!
この記事をお届けした
肌年齢を若返らせる年齢肌対策ガイドの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
関連コンテンツ



error: Content is protected !!