ヘアケアとオーラルケア美容家電を利用して顔のたるみをケアしませんか?

年齢をを重ねると顔のたるみは当たり前のように出て来ます。

でも、お手入れ次第ではたるみの具合を抑えることができます。

ほとんどの方が、アンチエイジング成分が入っているスキンケアでお手入れなさっていると思いますが、それに加え美顔器などを利用している人もたくさんいると思います。

しかし、その前に日常生活の美容家電を見直してみませんか?

スポンサーリンク

あなたのドライヤー頭皮ケアができますか?

顔のたるみやおでこのシワは頭皮がたるんでいると事が原因だと言われています。そこでドライヤーで頭皮ケアもしてみませんか?

ヤーマンのスカプルドライヤーは、乾かしながら頭皮ケアまで出来る新発想のスカルプ家電です。

髪を乾かしながら、法匪ケアができるなんて一石二鳥です。
美しい髪は、土台となる頭皮のケアから。

ドライヤーモードでは約60℃の温風と遠赤外線で、髪をやさしく、効率よく乾かします。
スカルプモードは、毎分約3,700回の振動で、頭皮をあたためながらもみほぐすという設計です。

長い髪って、根元の部分が乾きにくいのですが、このスカプルモードなら、根本にも優しい温風をあてるので、スカルプケアしながらいつの間にか根元が乾いているので、ドライヤーの時間も短縮できます。

また、首回りや耳周りなども温風でマッサージができます。

スカプルケアはしなくっても、洗髪したらドライヤーは必ずつかいます。

ドライヤーを使うことで、いつの間にかおでこのしわや顔のたるみも解消されるとなると、ドライヤーを買い換えようと思いませんか?

YA-MAN(ヤーマン) スカルプドライヤーパールホワイト 

スポンサーリンク

歯のお手入れをしていますか?

歯を磨かない人はいないと思いますが、歯並びなどで特に磨きにくい部分も有ると思います。そのようなときは歯磨きの後に歯間ブラシなどでケアをしている人も多いことでしょう。

歯を磨くだけでは、個人の磨き癖なども関係して汚れが落ちない部分も相当あるという話です。そのような箇所から歯槽膿漏へと繋がっていきます。その後歯の欠落などで顔のゆがみが出るようです。

私も歯科医から電動歯ブラシを進められても、歯槽膿漏は全く改善できないままです。歯茎のプラークが8ミリもあるので、もちろん歯ブラシだけではお手入れができません。

月に1回歯科医で歯垢やプラークの中まで掃除するお手入れをしてもらっていました。

今日ご紹介するのは水流で歯間の食べかすを洗い流し、歯間のケアができるというものです。

ジェットウォッシャードルツ EW-DJ71 パナソニック

歯磨きの代用にはできませんが、歯磨きで落ちない汚れが落ちたり、歯茎のプラークがキレイに洗浄できるという事で、おすすめです。

これで電動歯ブラシいらなくなりそうな気がします。

歯周病菌を血液の中に入り込まないようにしないと、後々認知症やガンや糖尿病の原因となります。

これから私が10歳も年を取れば、顔のたるみやシミなんてどうでもよくなって、健康が一番というようになります。

病気をせずに健康で過ごしていきたいものですから、そのためには1万くらいの投資は安いものです。

まとめ

顔のたるみやシミなどに気を取られて、毎日使っている家電を見直す機会がありませんね?

ドライヤーやオーラルケアについてはあたり前すぎて、壊れてからでいいやとしか考えません。

本日紹介した美容家電は毎日使うものです。つまり、毎日使うものにお金をかけるほうが面倒と感じる人や、スカルプケアなど、どうしたらいのかわからないという人でもきちんとケアできることがポイントです。

長く使うと、時間の短縮と費用対効果も優秀です。