90歳の母親が見た目年齢マイナス20歳!! 驚きの若さの秘密 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

私の両親は父が91歳、母は90歳です。

父は要介護5で入院中ですが、母は見た目年齢70歳なのです。

自分の母親のことだから、あまり言いたくないんですが、とにかく若いんです。

見た目も若いのですが、体力がすごい。

  • 朝1時間散歩をしています。
  • 畑仕事をしています。
  • 運転をしています。
  • 松寿仙を飲んでいます。
  • 毎日化粧をしています。

実は、4月に母が手首を骨折したと電話がありました。それも骨折してから2日後に別の用事で電話がありました。

来なくていいといわれたのですが、手首を骨折したら料理も作れないし、洗濯もできないだろうと思っていたら、片手でできることをしていたらしく不自由はないというのです。

昔の人は辛抱強いといいますが、とにかく感心します。

今までいろいろ心配をかけてきていますから、母の骨折が良くなるまで自宅と実家を行き来するようにしました。

私と年齢差は30歳以上はあるのに、どうしてこんなに若いのか,母の日常生活から若さの秘密を見つけてみます。

スポンサーリンク

母の日常生活

早朝5時半より近所の仲のいい人と1時間の散歩をしています。

おしゃべりしながら散歩を楽しんでいるようです。

6時半に帰宅したら、夏はすぐに畑仕事を始めます。

その間に私が朝食の準備をして、8時に朝食。その後すぐに畑仕事に戻ります。

畑仕事でやらなくてはいけないことがあるときは、7時に朝食後すぐに仕事をはじめ、休憩を取りながら目途が付くまで続けます。

14時から、整形外科で骨折の診察、その後父の入院している病院へ、約1時間病院で過ごし帰宅。

暑い時、寒い時などは自宅で過ごしますが、ほとんどの時間畑で何かしています。18時くらいまでは、畑にいることが多いです。

19時に晩御飯

20時から21時の間に入浴

22時から23時に就寝

このような日常生活です。

この中でのポイントが、1時間の散歩と畑仕事ではないかと思います。

1時間の散歩=ウォーキング

年齢が高くなると、いつの間にか太ってしまってなかなかダイエットできませんね。

でも、ウォーキングは手軽に始められて効果が高いといわれています。

20分過ぎから体脂肪が燃え始めるといわれていますが、母は、早朝から化粧をして服装にも気を使いながら出かけています。

このようなことが若くいる秘訣なのでしょうか?

仲のいい人たちと一緒だから、愚痴などをこぼすことも出来、ストレス発散の場にもなっているようです。

スポンサーリンク

畑仕事

私も、畑仕事を手伝ってきたのですが、本当に体を使います。

5月は、

  • 夏豆の収穫と片付け
  • 玉ねぎ・紫玉ねぎの収穫、いんげんの収穫とネットの片づけ。
  • 里芋の植え付け
  • サツマイモの植え付け
  • ナス、ピーマン、かぼちゃ、オクラ、里芋への水やり

などを手伝ってきました。

最近の豪雨からは考えられないほど、5月は雨が降らず毎日1時間の水やりをしていました。

ホースを20メートルほど、引っ張るのは相当な力がいります。

草取り一つにしても、手や腕の力が必要です。また、体のバランスをとるのにいろんな部位の筋肉が使われます。

このようなことを母はいつも一人でやっていたのです。

わざわざ運動しなくっても、筋肉が鍛えられ体力がつくのは納得できます。

これ以外にも、ゴミ捨ては100メートルくらい歩かないといけません。

草も燃えるゴミに出しているという事で、45リットルのごみ袋を3つくらいが草、家庭ごみが1袋ですが、これらをひとつづつ抱えて出すのは4往復しないといけません。

一度に済ますように一輪車で運んでいます。

このように日常生活のあるとあらゆる場面で、筋肉を鍛えることが自然とできるようになっているのです。

運転もしています。

母は、来年免許を返納するといっていますが、いざ車がなくなると、想像以上に不便だろうと思います。

買い物に行くのも、いくら近くっても30分は歩かないといけなかったり、荷物がかさばると持てなかったりします。

特に、父の病院に毎日通うとなると、下着の替えなどがありますので、車がないと大変な思いをするはずです。

母が免許を取ったきっかけは、父が勝手に自動車学校に申し込んだからです。会社まで送迎をさせようと考えたらしいのです。

そのころは、軽免許だったそうです。

視力や聴力などが正常じゃないと運転できません。

このようなことから必然的に機能を維持することで、年齢からすると若く見えるというのが正しい表現だと思います。

松寿仙を飲んでいます。

この松寿仙は、年齢が高い人たちは飲んでいる人が多いようです。

松寿仙は、自然の原料であるクマザサ葉・赤松葉・朝鮮人参から抽出した有効成分で作られた医薬品で、血液浄化・血流改善・自然治癒力を高める効果が認可されています。

いつくらいから飲んでいるのかはわかりませんが長年愛飲していることは確かです。

 

ファンデ―ションを塗って、まゆを描いて、頬紅をつけています。

身だしなみというのでしょうか?

私が90歳の時、毎日化粧をするだろうかと考えると、つくづく母はすごいなと思いました。

そして、きちんと化粧水、美容液も使っているんです。

母のドレッサーの中は通販の化粧品やサプリが多いのにはびっくりしました。

それだけ意識が高いというのか、申し込むのが好きだというのかはわかりませんが・・・。

まとめ

年齢重ねてくると、太りやすく痩せにくい体質になってしまいます。

ダイエットの雑誌などを見ると、わざわざダイエットのためにジムに通ったりしても効果が期待できないと言われています。

一時しのぎにしかならないということです。

では、長く継続できるダイエットというのはどんなダイエットかというと、日常生活の中に組み込むことです。

それもダイエットが目的ではなく継続していたらダイエットになったという様な感じです。

母のように、近所の人と散歩をするなどは、一人ではすぐに止めたくなっても約束していたらいかないわけにいかないというように継続できるようにすることが大切です。

毎日拭き掃除をしていたらそれがダイエットになった。というように掃除を継続してダイエットにつながるのが一番望ましいという事でした。

今日は、私の母の若見えの秘密として日常生活を見てみました。

以前から言われているように、適度な運動・バランスのとれた食生活・ストレスをためないことを自然と実践しているのが分かりました。

私も母のように上手に年を重ねたいと、つくづく感じています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

おすすめ記事
90歳の母親が見た目年齢マイナス20歳!! 驚きの若さの秘密 
この記事をお届けした
肌年齢を若返らせる年齢肌対策ガイドの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!