夏の乾燥肌の理由をご存知ですか?こうすれば大丈夫!!

一年中「紫外線対策を万全にしましょう。」と言われています。それほど紫外線はお肌にダメージを与えているのですが、特に夏は紫外線対策はとっても重要です。

しかし、夏の間紫外線対策を万全にやっていても、夏の終わりには肌の乾燥を感じてしまうことってありませんか?

となると、夏の肌の乾燥の原因は紫外線だけではないということになります。

でも、夏の肌って汗をかいていつも肌は湿っています。とても乾燥するとは考えられません。

また、エアコンの中に入ると、汗がひんやりとしてとっても気持ちがいいということがあります。

このような生活習慣が夏の肌乾燥の原因と言われています。

今日は、まさかと思う夏の肌の乾燥の原因と生活習慣をちょっと見直す対策をお話しします。

夏の肌の乾燥の原因は?

  • エアコン
  • 高い気温
  • 間違った洗顔方法
  • 冷たいものの摂りすぎ
  • インナードライ肌

エアコン

日本の夏はカラっとしていなくって湿気が多い夏です。

湿気で肌がべたべたするので、エアコンもドライを入れている人が多いのではないでしょうか?

ドライにすると空気中の水分を取りますので、エアコンの室外機から水が流れるのは当然のことです。

しかし、冷房にしても空気中の水分が取られていることをご存知でしたか?

つまり、空気中の水分が取られている=乾燥しているということになります。

エアコンはドライにしても冷房にしても空気中の水分が取られているということを覚えておいてください。

ということで、毎日毎日エアコンの中にいると、お肌の水分が取られて乾燥してしまいます。

また、最近では猛暑日が続いていることから、少しでも涼しいところにいたいと思うのは当たり前です。すると、設定温度をついつい低くするというようになってしまいます。

すると、体までも冷えてしまうようになります。

体が冷えると、血行不良になってしまいます。すると、血液で体の末端まで栄養が行き渡るようになっているのが、いきわたらないようになってしまいます。

肌の機能が衰え、水分保持能力が衰えたりします。

日常生活の対策は、設定温度を下げすぎないこと、必要以上にエアコンの中にいないようにしましょう。

肌のお手入れの注意点は、冬と同じように化粧水を十分に肌へ入れ込みましょう。夏場はべたつくのが嫌だという方は、さらっとした化粧水を使うといいですね。掌が頬にくっつくまで保湿しましょう。

また、日焼け止めは必ず使うようにしましょう。一度汗をかいたら流れてしまいますので、その都度塗りなおすようにしましょう。

オフィスなどでは、2~3時間おきに塗りなおすといいでしょう。

高い気温と近赤外線

夏は日差しが強いので、紫外線対策をしていないと日焼けしてしまいます。日焼けすると肌がヒリヒリして、乾燥してしまいます。

日焼けの原因は紫外線ですが、日光には紫外線以外にも赤外線があります。

目に見えないくらい波長の短いものが紫外線、目に見えないくらい波長の長いのが赤外線と呼ばれています。

赤外線はほとんど問題にされていませんが、実際は紫外線よりも肌の奥まで到達しています。

上のイラストでわかるように、紫外線の割合よりも赤外線の割合のほうが圧倒的に多いのです。

赤外線が体に当たると熱を持つようになります。

私は一時期、洗濯物を干すときに日光に当たるだけで、足や腕がとても熱くなっていました。そこで、ハイソックスと帽子、長そでの上着を着て洗濯物を干していました。

日常生活ではこのように肌に当たる部分を少なくするということが一番の対処法です。

肌のお手入れでの対策は、抗酸化作用のあるスキンケアを使うようにしましょう。

また、赤外線の中でも近赤外線に注意が必要です。

近赤外線を防ぐ日焼け止めなども販売されていますので、利用するといいですね。

また、毎日気温が30度を超して、35度に近い日々が続くとなると、肌の水分を奪ってしまいます。

体の中から水分補給を忘れないようにしましょう。

間違った洗顔方法

夏の間は、紫外線やエアコンが原因で乾燥を引き起こすとお話ししました。

すると、肌は乾燥を防ぐために慌てて、皮脂を余計に分泌するようになります。すると、私たちは皮脂を洗い流すために、一生懸命洗顔するようになります。

肌は乾燥を防ぐために皮脂を分泌しているのですが、私たちは皮脂を洗い流します。すると余計に、皮脂が分泌されるようになってしまいます。

この悪循環になってしまいます。

指の摩擦で肌を傷つけたり、皮脂を余計に洗い流すことで肌のバリヤ機能を損なってしまい余計に乾燥が進んでしまいます。

夏は、どうしても皮脂の分泌が盛んになります。 だから、テカテカしないように皮脂を取る洗顔料で洗っていたら、余計にテカテカしてしまいます。いったいどうすればいいのかわからないという人がたくさんいます。今日はテカテカ解消の方法をお話しします。

乾燥肌で悩んでいるなら、洗顔をかえてみることと、正しい洗顔の方法で洗顔することで、乾燥肌は解決します。 角質層を育む洗顔石けんを使ってみませんか?いつの間にかあれ?と思うことになります。

冷たいもののとりすぎ

ここ2~3年のように毎日っ猛暑日のように高い気温の日々が続くと、どうしても冷たい飲み物や食べ物が欲しくなります。

しかし、冷たいものばっかり取っていると、夏バテすると小さいころ母から言われていました。

内臓が冷えてしまい、血行も悪くなります。その結果、肌の乾燥を引き起こすようになります

インナードライ肌

読んで字のごとく、内側が乾燥しているという肌のことです。

お肌の表面は皮脂の分泌が盛んで、テカテカしているのにお肌の内部は乾燥している肌のことです。

インナードライ肌だときずかずに、ごしごし洗顔して余計に乾燥が激しくなったということもあります。

自分の肌がインナードライ肌かを確かめることから始めてみましょう。

最近よく耳にする言葉で「インナードライ」というのがあります。 直訳すると、「中が乾いている。」という事です。 でも本当はインナードライ肌っ.....

日常生活での対策はエアコンを利用するのは適度にしましょう。

スキンケアでの対策は、すでに傷ついている皮脂膜を疑似的に作ってくれるスキンケアを使いましょう。

敏感肌や乾燥肌に人気のディセンシアのアヤナス。季節の変わり目のゆらぎ肌にも効果的を発揮するということ。 いろいろな口コミを見てもアヤナスは本.....

まとめ

夏の肌が乾燥するなんて、若い方は信じられないかもしれません。しかし、年齢を重ねた肌になると一日中エアコンの中にいると、肌の乾燥を感じることがあります。

こんな時はきちんとした保湿を行わないと、秋になったときに後悔するようになるからです。

夏の乾燥肌対策としては、

  • 紫外線や赤外線対策を行うこと。
  • 冷たいものを摂りすぎない。
  • エアコンの利用は適度に。
  • 正しい洗顔を行う。

を守っていきましょう。

秋口になってカサカサの肌にならないように、夏の保湿対策を徹底しましょうね。

関連コンテンツ



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

この記事をお届けした
肌年齢を若返らせる年齢肌対策ガイドの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!