50歳代、ファンデーション探しに苦労してます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

年齢を重ねれば重ねるほど、はだの悩みは増えていきます。

乾燥、目尻のシワ・ほうれい線・シミ・くすみなど・・・。

シワ・シミ・くすみを一気に解決してくれるものは、カバー力のあるファンデーションです。

薄くついて、しっかりシミやシワくすみまで隠してくれるファンデーションってあるのでしょうか?

スポンサーリンク

ファンデーション次第で、年齢が5歳位若く見えることもあります。

若い頃はパウダーファンデーションを好んで使っていましたが、年齢を重ねてくると、

パウダーがシワの間に入り、そこだけファンデーションが固まって、

おでこに一本深いヨコジワが現れたようで、余計に目立ってしまいます。

これでは、わざわざ、老けて見られるようにしているようなものです。

いつも思う事ですが、ファンデーションやメイクをいくら頑張ってもシワやたるみが出ている年齢肌には限度があります。

基礎がおとろえてきているのに、上からどんなに飾り立ててもダメだということです。

やはり年齢を重ねた人が美しいと感じるのは、上辺を飾るのではなく歳相応の美しさだと思います。

富司純子さんや阿川佐和子さんなどのように年齢を重ねてもお肌がしっとりと美しく見えるようになりたいものです。

マイナス5歳肌 若見えファンデーション 詳しくはこちらから

スポンサーリンク

65歳が凄い素肌美人です。

わたしの知り合いで65歳の先輩がいますが、本当に驚くほど肌がきれいなのです。

会社で一緒に働いていた時は、ファンデーションの厚塗りで、昼休みと仕事終了時には拭き取り化粧水でファンデーションを落として下地から化粧直しをしていた人です。

お世辞にもきれいな肌とはいえない人だったのです。

ところが、30年ぶりに会ってみると驚きました。色白で、肌のキメは細くって、ファンデーションは塗ってないという話でした。素肌で、これだけきれいな肌の人がいるのかと思ったほどです。

ずっと、アシュランを使っているそうです。
わたしもアシュランを使って見ましたが、わたしにはまったく効果がありませんでした。

効果が現れる人と、そうでない人がいるようです。「使い方が悪いから。」とか、「使う量が少なすぎる。」とか言われていたのですが、わたしにはアシュランが合わなかったのだろうと思っています。

アシュランは、2~3時間おきにあぶらとり紙で顔の油を取って、化粧水を吹きかけ肌になじませた後、ファンデーションに似たスキンカバーという製品を使うようになっています。

スキンカバーは、すごくツヤツヤで、薄く付くのですが、カバー力がありません。

一日に何回も塗り直しをしないといけませんでしたので、化粧品の減り方が普通ではなかったのです。

何回もあぶらとり紙で皮脂をとっていると、はじめはあぶらとり紙も1枚ですんでいたのが、そのうちに2枚3枚と枚数が増えていきました。

不思議に思って聞いてみると「アシュランは皮膚呼吸を妨げないから、今までより以上に肌から皮脂が出てくるようになる。毛穴を塞いでいないので皮脂が活発にでてくるようになったのはすごくいいことよ。」とその時は納得出来るようなことをいわれたのです。

今思うと、まったくそうではなくあぶらとり紙を使いすぎて肌の皮脂を取り過ぎていたので、肌が慌てて乾燥を防ぐために、皮脂を過剰に分泌するようになったのです

このようにまったく違う知識を教えられ、それを信じて使い続けていたらどうなっていたことかと思うとぞっとします。

わたしが、アシュランを使わないようにしたのは、効果が感じられなかったのと、化粧品の成分についての説明がなかったことが原因です。

先輩の肌が綺麗だからといっても、内容成分をきちんと説明してもらえないものは、安心して使えないと思いました。

あくまでもアシュランは、ネットワークビジネスですから私の上の人が説明してくれないといけないのです。きちんと説明しているグループもあるようですが、私は説明を受けませんでした。

間違いの情報を植え付けられ、そのまま使い続けていたら、乾燥肌になってしまったのではないかと思うとあの時やめたのが本当に良かったとおもっています。

ファンデーションの4つのタイプをご存知ですか?

 ケーキタイプファンデーション 

85

  • コンパクトケースに入っているファンデーション
  • 水あり・水なしで使えるファンデーションもこのタイプ。

 リキッドファンデーション

2007-02-11 08.12.58

  • 油性成分が液状になっているタイプのファンデーション 
  • 伸びがよくフット感があるのが特徴。 薄
  • くついて自然な感じに仕上がる。
  • 乳液のような軽い感じからクリームのように重たい感じまである。

クリームファンデーション

2007-02-11 08.12.33

  • リキッドファンデーションよりも油性がつよくカバー力も高くなる。
  • 保湿力が高くしっとりとした仕上がりが特徴。
  • 乾燥肌の方向けや冬用のファンデーションとしての商品が多い。

ルースファンデーション 

13

  • 粉がそのまま容器の中に入っているファンデーション。
  • ミネラルファンデーションに多いタイプ。
  • つけた感じが非常に軽く、素肌を活かした仕上がりになる。
  • 一年中使えるが、カバー力が弱く崩れやすい。

では、50代はどんなファンデーションを選べばいいのでしょうか?

カバー力があって自然の成分で出来ているファンデーションを探していたら、 「リペアリキッドファンデーション」というのを見つけました。

口コミでも評判がよく、早速トライアルセットを注文しました。

これはどういうファンデーションかと言うと、すごく薄くついて皮膚呼吸を妨げないのです。

その上にシミやくすみをカバーしてくれます。
そして大発見をしたのが、シワの間にファンデーションが入り込まないんです。
コレには驚きました。

何故かと言うと、クリームファンデーションでもパウダーファンデーションでも、水を使う夏用のケーキファンデーションでもおでこのシワの間にファンデーションが入り込んでいたのです。

本当にこのリペアリキッドファンデーションは、薄づきなのにシミやくすみをしっかりカバーしてくれてツヤ肌に仕上げてくれる優れものです。

成分は天然成分100%です。
化粧品は成分にこだわってえらんでください。直接お肌につけますので、石油系物質や界面活性剤が入ってるものを選ぶと、数年先にお肌に”つけ”として現れてきます。

年齢を重ねた肌では、そのような間違いは許されません。

あくまでも自分自身でしっかり化粧品の成分を見て商品を選ぶようにしてください。

このリペアリキッドファンデーションはわたしが使って大変良かったファンデーションの1つです。

もしあなたもファンデーション選びで悩んでいるのなら、トライアルセットで試してみてはいかがですか?

リペアファンデーショントライアルセットの内容を見てみる

リペアファンデーションリペアファンデーション

リキッドファンデーションについては、

リペアリキッドファンデーション使ってみました。
年齢を重ねると、シミ・くすみ・シワやたるみが悩みの種となってきます。 ファンデーションで見た目年齢が5歳も違うとなると、これは一大事で.....

年齢肌にツヤの出るファンデーションを教えて下さい。
年齢を重ねてくると女性は肌の美しさがすごく気になります。 メイクとかではなく、しわたるみシミとかが老けて見える原因だからです。 年齢.....

でも解説していますので、参考にしてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

おすすめ記事
50歳代、ファンデーション探しに苦労してます。
この記事をお届けした
肌年齢を若返らせる年齢肌対策ガイドの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!