厚生労働省認可の美白有効成分一覧
あなたに合う美白成分は?

6月に入り、紫外線の量もより強くなってきました。

紫外線が強くなると気になるのがシミやすくみですね?

シミやくすみの原因は紫外線が80%も占めています。紫外線対策と、美白効果のある成分が配合されているスキンケアを正しく使うことが大事なことです。

シミやくすみを改善する効果のある美白成分にはどういったものがあるのでしょうか?

スポンサーリンク

厚生労働省認可 美白有効成分 一覧

  • アルブチン
  • エラグ酸
  • カモミラET
  • コウジ酸
  • トラネキサム酸
  • ビタミンC誘導体
  • プラセンタエキス
  • ルシノール
  • リノール酸
  • t-AMCHA(ティーアムチャ)
  • 4MSK

アルブチン

アルブチンはメラニン色素の生成自体を抑制するため、これからできるであろうシミの予防に向いています。

医薬部外品の美白有効成分として1989年に厚生労働省から認可され、多くの化粧品に用いられています。

アルブチンについては、

これから太陽の紫外線が気になる季節となります。 もう若くないので、「できるだけシミは増やしたくない。」し、「出来ているシミは薄くしていきたい.....

を参考にしてください

エラグ酸

メラニン色素生成に関わるチロシナーゼの働きを抑制ます。

医薬部外品の有効成分として1996年に厚生労働省に認可されています。

カモミラET

カミツレエキスは、キク科の植物カミツレ(英語:カモミール)の花から抽出されたエキスです。優れた美白効果と抗炎症作用があり、1999年に厚生労働省に認可されました。

カモミラETはカモミールを原料として花王が開発した美白成分です。

カモミラETが優れているのはシミを防止するだけでなく、すでに存在するシミを薄くするという効果があります。

 

コウジ酸

1988年に厚生労働省により美白成分として認可されたのです。

コウジ酸は、メラニンを作り出すチロジナーゼの活動を抑えることでメラニンの合成を抑える働きがあります。メラニン生成を促進する情報伝達物質の産生も抑えてくれます

トラネキサム酸

トラネキサム酸は、人工合成されたアミノ酸のことです。メラニンが作られる前からメラノサイトの活性化を抑制し、肝斑の発症を抑えると考えられています。つまり、シミができる前の段階からシミが作られるのを防いでいるのです。

ビタミンC誘導体

「ビタミンC誘導体」にはシミの元であるメラニンの生成を抑える働きと、できてしまったメラニンの色素沈着を改善する効果があります。

活性酸素を消し去り、酸化を防ぐ抗酸化作用のある成分です。メラニン色素生成を抑制し、シミを予防改善する効果があるビタミンC誘導体は、アンチエイジングケアに優れています。

ビタミンC誘導体について詳しくは、

桜の開花宣言が出て、桜前線がどんどん北上していきます。 北海道の桜が開花するのは5月下旬の頃でしょうか? そのころになると九州・沖縄の紫外.....

を参考にしてください。

プラセンタエキス

プラセンタエキスにはシミの発生を防ぐ効果があります。メラニン色素のもととなるチロシナーゼという酵素に直接働き、メラニンが作られるのを抑制する働きがあります

また、プラセンタエキスの大きな作用の1つが代謝の促進(ターンオーバーの活性化)です。

ターンオーバーを活性化すると、出来てしまったシミが蓄積している古い角質を一枚一枚剥がしていきます。それにより、シミが薄くなったりというように改善されます。

ルシノール

ハイドロキノンと似た分子構造を持ち、肌への浸透力と安全性が高いのが特徴です。ルシノールの働きは、メラニンを黒色化させるチロシナーゼの働きを抑制することです。メラニン色素の生成に関わるチロシナーゼの発生を阻害する効果は、アルブチンの約400倍とも言われています1998年に医薬部外品の有効成分として厚生労働省に認可されています。

リノール酸

リノール酸は肌への浸透性が高いため、すぐに真皮まで浸透してしまいます。これを改良して表皮(メラニンが生成される部分)に留まるようにしたのが、「リノール酸S」と言う成分です。

シミの元となる部分にアプローチするので、本格的な美白ケアが実現できます。

リノール酸は、医薬部外品の美白有効成分として2001年に厚生労働省に認可されています。

t-AMCHA(ティーアムチャ)

資生堂が研究開発して2002年、「美白成分」として厚生労働省から医薬部外品の認可を受けた成分です。

紫外線の刺激を受けた皮膚細胞がメラノサイト(色素形成細胞)へ出す伝達物質の「プロスタグランジン」を阻害することで、メラニンを作れないようにします。

4MSK(4-メトキシサリチル酸カリウム塩)

資生堂が開発した成分で、2003年に認可を受けています。

サリチル酸の誘導体で、シミの部分で発生するターンオーバーの乱れに着目して開発されました。シミの部分のターンオーバーの乱れを改善する働きがあります。メラニン色素を合成するチロシナーゼ(酸化酵素)の活性を抑制して、メラニン生成を阻止します。

 

医薬部外品の美白スキンケア

アルブチン・ビタミンC誘導体配合

アスタリフトホワイト 

アスタリフトホワイト 美白トライアルキット
アスタリフトホワイト 美白トライアルキット

美白成分としてビタミンC誘導体とアルブチンを配合。シミの骨にアプローチして、牛乳までも透明にしてしまいます。

  • 先行美容液 0.5g✕10包
  • 美白化粧水 20ml
  • 美白美容液 5ml
  • 美白クリーム5g

アスタリフトホワイトのいい点

富士フイルム独自の技術で美白有効成分をナノ化してスキンケアに配合。シミの原因であるメラニンの骨にきちんと届き、シミを分解していく。

カプテシンVがシミの骨を分解。

ビタミンCとハイドロキノンを配合

ビー・グレン

紫外線ダメージに負けない透明感のある明るい肌へ導く「ホワイトケア プログラム」

ビー・グレン ホワイトケア プログラム
ビー・グレン ホワイトケア プログラム

  • クレイウォッシュ (15g)
  • QuSomeホワイトローション (20mL)
  • Cセラム (5mL)
  • QuSomeホワイトクリーム1.9 (5g)
  • QuSomeモイスチャーリッチクリーム (7g)

365日返金保証

ハイドロキノンと安定型ビタミンC誘導体配合

アンプルール ラグジュアリーホワイト

アンプルール ラグジュアリーホワイト
アンプルール ラグジュアリーホワイト

  • 高濃度スポット美容液 3g
  • 高浸透ホワイトローション20ml
  • 薬用美白美容液 8ml
  • 美容液ゲル 10g

アンプルールのいい点

安定型ハイドロキノンで、他の美白成分の約100倍の美白効果。
肌のバリア機能を高める、α-リポ酸&クインテシンで、メラニンの生成を予防。
お顔全体の美白と、気になるシミをピンポイントでケアするスポットケア「点と面の美白」が実現。

まとめ

厚生労働省から認可されている美容成分を調べてみました。

記憶に新しいのがカネボウ化粧品の白斑問題です。原因は、「ロドデノール」ですが、

2008年1月「メラニンの生成を抑えて、しみ・そばかすを防ぐ効果を有する」新規医薬部外品有効成分として、厚生労働省の認可を取得していたのです。

ところが、みなさんご存知のように被害が発生しました。

「厚生労働省が認可しているから安全・安心だ。」という考えは持たないようにしましょう。

大切なポイントは、

  • 自分に合っているか?
  • 使ってみて、肌トラブルやしみたりすることはないか?

ということに重点を置いて選ぶようにしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

この記事をお届けした
肌年齢を若返らせる年齢肌対策ガイドの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
関連コンテンツ