肌の衰え対策 先ず何から始めたらいいですか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
スポンサーリンク

年齢を重ねてくると、肌の衰えを如実に感じることがあります。

例えば、お盆に実家に帰ると、甥っ子や姪っ子から「〇〇姉ちゃん、老けたねー。」と言われます。久しぶりに見る子供からは「いつの間にババアになったと?」と。

遠慮が無いから本当に言葉がきつく、事実ですからどうしようもありません。

しかし、 40代50代でも見た目年齢がマイナス15歳などという人もいます。

どうすればあのようになるのでしょうか?

もうとにかく何から手をつけたらいいのかわからないという人もいらっしゃると思いますので、対策を順番にお話していきます。

今日から行う老化対策

紫外線対策

肌の衰えの原因は、紫外線が大きく関係します。

紫外線はお肌に良くないと言う事は今までに何回も聞かれてると思いますが、実際は目に見えないので私たちは、対策を怠りがちです。

しかし紫外線は、 1年中私たちの肌に降り注いでいます。

紫外線対策は、日焼け止めクリームを塗ったり日傘をさしたりする事で対策ができますので、

気軽に始められます。

肌の衰えを阻止するためにも紫外線対策をきちんとすることも忘れないようにしましょう。

ビタミンCを摂取するようにしましょう。

ビタミンCは、美白のために効果的だという事は皆さんご存知の事実です。

美白以外にもシワやシミの改善、透明感のある肌してくれるなど美容のためにはなくてならない成分です。

しかしビタミンCは私たちの体の中で来ることができません。食事やサプリメントで補う以外にないのです。

それにビタミンCは、たくさんとっても体内で貯蔵できません。つまりたくさん摂りすぎたらその分は排出されるのです。ですからビタミンCは毎日摂取する必要があります。

ビタミンC配合の化粧水やクリームなどもありますので、直接ビタミンCを肌に与えてあげることもいいでしょう。

スポンサーリンク

コラーゲンを摂取する。

数年前からコラーゲンが体にいいと言うことで、ヨーグルトからお鍋のつゆまでコラーゲン配合ということが食品に記載されています。

それほどポピュラーになったコラーゲンですが、ただ闇雲にコラーゲンをとればいいのかといえばそれは間違いです。

コラーゲンはタンパク質の1種です。体の中で分解されてアミノ酸になるので全てがコラーゲンに変わるわけではありません。

私たちが食べたコラーゲンは、胃や腸で分解され最終的にはアミノ酸になります。アミノ酸はコラーゲンを作る以外にも、筋肉を作ったり、ストレスを感じたりすると消費されていきます。肌のコラーゲンの材料となるアミノ酸は肉や魚・お豆腐などのタンパク質が分解されてできるものです。

つまり、体の中にアミノ酸がたくさんないとコラーゲンを作れないと言うことです。ですから毎日食事やサプリメントで補うことをおすすめいたします。

コラーゲンがたくさん含まれている食事としては、鶏肉・フカヒレ・お魚・ゼラチンなどです。心がけてとるように努めたいですね。

イソフラボンは、強い味方。

イソフラボンと聞けばすぐ大豆を思い出します。

日本人は昔からお豆腐や味噌、納豆、おからなどの大豆食品を食してきました。

大豆は、畑の肉と言われるほどの良質のたんぱく質が豊富で、人体に必要なアミノ酸がバランスよく含まれています。その中でも、イソフラボンと言う成分がアンチエイジングに強い効果を発揮してくれることがわかりました。

更年期の女性の体のほてりを緩和することや細胞の新陳代謝を高めてくれます。

コラーゲンやヒアルロン酸の生成を助けてくれますので、肌の弾力を高めてくれます。

女性の体に必要なエストロゲンと似た作用がありますので、エストロゲンが不足することによる肌の衰えを止めてくれます。

イソフラボンは、食事から取ることができますので毎日の食事で上手に摂取しましょう。

 

保湿を忘れないようにしましょう。

乾燥は肌の老化の大敵です。

野菜でも果物でも、そのま乾燥は肌の老化の大敵でま置いておくとシワシワになってしまいます。これは水分が抜けてしまっているからです。人間も同じことが言えます。

私たちの肌は下の図のようになっています。

hifu-kouzou
hifu-kouzou

年齢とともに血行も悪くなり、代謝が衰え、細胞に栄養が行き届かなくなると、真皮内の繊維芽細胞によるコラーゲンやヒアルロン酸の産生量も減少してしまいます。

ですからヒアルロン酸を補給することが大事になります。

たった1gで6000mlの水分を保持できると言われているヒアルロン酸は、その特徴から保湿成分として多くの化粧品に配合されています。

肌の表面だけの保湿にとどまりますが、洗顔後にヒアルロン酸入りの化粧水を使用して水分を皮膚と化粧水の間に十分保持させてそのうえから油分を含む、美容液や美容クリームを塗って肌を乾燥から守るという方法は十分効果を期待できます。

肌が乾燥していると感じたらヒアルロン酸サプリ

ファインエイド 「ヒアルロン美潤」

通常22日分 11,307円が 100名限定 500円(税込み)

rapture_20160705114739
rapture_20160705114739

ヒアルロン美潤の特徴

  • 薬剤師が企画開発
  • セラミド・コラーゲン・ヒアルロン酸など1粒に凝縮。
  • 業界初の特許商品ECM・Eを配合
  • 日本国内の医薬品製造工場で生産
  • セラミド・フラクトオリゴ糖・有胞子性乳酸菌・ビタミンE・B1・B2・B6・B12配合

まとめ

  • 紫外線対策
  • ビタミンC
  • コラーゲン
  • イソフラボン
  • 保湿

肌の老化や衰えを気になさっているなら、とりあえず対策として5つをあげてみました。

どれも同時にできることです。

しっとりとした、美しい肌を目指して頑張りましょう。

お肌はいくつになってもやった分だけ答えてくれます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Facebook いいね!
この記事をお届けした
肌年齢を若返らせる年齢肌対策ガイドの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
関連コンテンツ



error: Content is protected !!