肌質を変えるには、どんな方法がありますか?

肌質を変える アンチエイジング対策

肌質を変えるには、どのようにしたらいいのでしょうか?

若い頃は皮脂の分泌が盛んで毛穴やニキビに悩み、年齢を重ねると乾燥で悩んでいる方が多いです。

 

年齢とともに、いつの間にか肌質が変化しているのです。

 

乾燥肌の方や混合肌の方が肌質を改善する方法はあるのでしょうか?

この記事では、肌タイプの見分け方と、肌タイプに合う肌質を改善する方法をお話しします。

 

うるおいのあるしっとりした肌にしたいという方や乾燥肌や敏感肌を改善したいという方は参考にしてください。

 

スポンサーリンク

お肌のタイプはどのタイプ?

肌質を改善するあめに、まずは自分の肌質を確かめましょう。

簡単なテストの方法をお話しします。

  1. いつも通り洗顔をします。
  2. その後タオルで水分を抑え、そのまま10ほど放置する。

この時のお肌の状態であなたの肌の診断をします。

 

この結果、普通肌、脂性肌、混合肌、乾燥肌に分類されます。

  • 普通肌・・・肌のつっぱり感がなく、しっとり感がある。Tゾーンのテカリがない。
  • 脂性肌・・・肌のつっぱり感がなく、しっとり感がある。顔全体が脂っぽく感じる。
  • 混合肌・・・目元・口元だけカサツキを感じ、Tゾーンは脂っぽい。
  • 乾燥肌・・・肌につっぱり感があり、目元・口元などにかさつきを感じる。

肌の状態を詳しく見えていきましょう。

 

普通肌(ノーマルスキン)

普通肌(ノーマルスキン)

洗顔後10分の状態の肌は、つっぱり感がなく、しっとり感がある。Tゾーンのテカリなどがない状態です。

皮脂量が少なめで水分量が多く、角層の状態が健やかで潤いが十分な肌質です。潤いが充分で肌の艶やキメが整っていて、メイクの仕上がりも納得がいくものです。

肌は常に環境で変化していきます。今まで通りのお手入れをしっかり継続していくようにしましょう。

脂性肌(オイリースキン)

脂性肌(オイリースキン)

洗顔後10分の状態の肌はつっぱり感がなく、しっとり感がある。顔全体が脂っぽく感じる。

皮脂が過剰に分泌されベタつき、テカリが気になる状態です。しっとりとしていますが、全体的にベタつきを感じるので、メイク崩れが気になります。

また、毛穴が開いているので肌のきめが粗く、ニキビなどができやすい肌です。

 

ニキビのない肌にするには?

 

混合肌(コンビネーションスキン)

洗顔後10分の状態の肌は、目元・口元だけカサツキを感じ、Tゾーンは脂っぽい。

皮脂が多くでているエリア、乾燥が気になるエリアが部分的にある状態です。

このために、肌の状態に合わせて部分的にスキンケア製品を分けて使うことも必要です。

 

乾燥肌(ドライスキン)

乾燥肌(ドライスキン)

洗顔後10分の状態の肌はつっぱり感があり、目元・口元などにかさつきを感じる。

皮脂量が少なめで水分量も少ない肌質です。バリア機能の低下やターンオーバーの乱れもあり、角層の状態が悪く、潤い不足です。

 

乾燥肌にいい化粧品って、どんな基準で選べばいいの?

 

敏感肌や脂性乾燥肌は乾燥肌に分類されます。

 

脂性乾燥肌(インナードライスキン)

脂性乾燥肌は、皮膚表面は皮脂がたっぷり分泌されているのに、肌内部は乾燥している状態です。

この状態は、脂肌と間違えやすく、そのまま脂肌のお手入れをしていると、乾燥肌から敏感肌になってしまいます。特に年齢を重ねた肌の人には注意が必要です。

 

インナードライになっていませんか?

 

 

敏感肌

乾燥肌が進んだ状態で、肌表面のバリア機能が著しく低下しているために、刺激が肌の中に入り込み肌トラブルを招きます。

 

このようになると、化粧水をつけたり、髪の毛が当たっただけでも肌がピリピリします。

お手入れは乾燥肌と同じようなお手入れが必要です。ただし刺激に弱くなっていますので、肌にやさしいスキンケアを選ぶ必要があります。

 

敏感になりやすい乾燥肌におすすめのスキンケアとお手入れ方法

 

 

 

肌質に影響を与えるのは、年齢や遺伝、性別などがあります。その中でも誰でも年齢は重ねていきます。その年齢と深く関係しているのが女性ホルモンです。

肌質改善には女性ホルモンと体温の管理が必要

女性ホルモンの働き

女性の健康は、卵巣から分泌されるエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)という2種類の女性ホルモンの影響を大きく受けています。

30代後半から女性ホルモンの分泌が減ってしまいます。

 

女性ホルモンの1つであるエストロゲンはコラーゲンを生み出し、保湿にも関係しています。プロゲステロンは皮脂分泌と関係しています。

ですから誰でも、年齢を重ねると肌質は乾燥気味になっていきます。

また閉経を迎えるとエストロゲンは全く分泌されなくなってしまいますので、余計に乾燥肌に近くなっていき、コラーゲンの産出もされないので、肌は弾力をなくしてしまいます。

 

加齢と共に減少する女性ホルモンは閉経後は分泌されないようになるのですが、大豆製品に含まれている”イソフラボン”を摂ることでエストロゲンと同じような働きをします。

イソフラボンは別名「植物性エストロゲン」とも呼ばれています。

 

閉経前後の女性ホルモンの減少で肌を老けさせない5つポイント!

 

 

体温

閉経前後の10年間を更年期と言いますが、のぼせやめまいなどに悩まされる時期でもあります。

更年期の時期を過ぎると、のぼせやめまいなど、更年期の症状がいつの間にかなくなります。

体温が以前より低くなっていることに気がつくことがあると思います。

 

体温の低下は、基礎代謝を低下させるために、血行が悪くなったり、肌へ栄養を届けるのが十分に行き渡らない場合もあります。肌の質を改善するためには、体温を上げる必要があります

 

体温が上がると、免疫力が上がります。血行が良くなり体の中の老廃物を排出します。体の隅々まで栄養がいきわたるようになります。

 

日常生活の乾燥対策を見直してみませんか?

 

肌質を変える喰べ物や生活習慣のポイント

食事が体を作る基本です。食べ物が肌に与える影響はとても大きいのです。

バランスの取れた食事が、お肌の保湿能力と皮脂の量を左右します。

肌質改善の鍵は「保湿」です。

保湿=乾燥肌対策と考えて、取り組みましょう。

乾燥を改善するための食べ物

肌トラブルの原因は、乾燥からと言われています。乾燥対策を徹底することで、お肌がふっくらしてしわなどが目立たなくなります。

 

乾燥肌を改善するためにおすすめする食材

ヒアルロン酸を含む食べ物や肌を組成する素となるビタミンC・鉄分・タンパク質を取るようにしましょう。

肌質を変える食事

具体的に言うと、

ヒアルロン酸・・・鳥の皮・手羽・軟骨、豚足、豚耳、魚の目玉などフカヒレ

ビタミンC・・・・赤ピーマン黄ピーマン、アセロラ

鉄分・・・・・・・豚肉や牛肉の赤身の部分、いわしや煮干し、あさり、しじみ、牡蠣などの貝類

タンパク質・・・・鶏肉、豚肉、牛肉、鮭やアサリなどの魚介類などに含まれています。

 

詳しくは、

美容にいい食事で、肌を若返らせましょう!!

の記事を参考にしてください。

 

肌質を改善するための睡眠

肌をいい状態に保つには、寝ている間に分泌される若返りホルモン(成長ホルモン)がとても大事になってきます。

成長ホルモンは睡眠直後3時間に分泌されます。

睡眠

また、寝る前に糖質をとると成長ホルモンの分泌が行われません。

1日最低でも6時間の睡眠をとり、肌荒れや乾燥肌の原因となる睡眠不足にならないようにしましょう。

 

若返りホルモンを出して10歳若返りませんか?

 

 

肌質を改善するための運動

適度な運動が肌を良い状態に保つ秘訣です。

 

運動をすることで血行が良くなり老廃物が滞りなく排出されるようになります。ターンオーバーが改善されるようになっていくのです。

ウォーキングやスクワットなど体に負担がかからないことから始めていきましょう。

スクワット

 

過度な運動は活性酸素を発生させ肌の老化につながります。

 

食事・運動・睡眠については、下記のサイトを参考にしてください。

 

血管年齢を若返らせると、シミも薄くなり美肌が増え、見た目も若くなりました。

 

 

まとめ

ここまで、肌質を変える法についてお話ししてきました。

肌質を変えるためには、

  • 保湿重視のスキンケアを使うこと
  • 体温を上げるために食生活を見直すこと

などが必要です。

 

充分な睡眠とイソフラボンを摂取する食生活・ストレスのない生活を心がけましょう。

体温をあげて、ストレスのない生活を続けることで健康と美肌を手に入れましょう。

 

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました